ホンダNSXの価格は2420万円 果たして高いのか? 安いのか?


 NSXが2022年いっぱいで生産を終了するというショッキングなニュースとともに、最終モデルとしてタイプSが発売されることが明らかになった。

 現行NSXの最終標準モデルはすでに購入できなくなっているが、ミドシップに搭載したモーター一体型3.5リッターのV6ツインターボエンジンでリアを駆動し、フロントを独立した2つのモーターで駆動するという凝った仕組みを採用して、価格は2420万円であった。

 エンジンは専用設計、アルミ素材を多用した専用シャシーなど豪華装備満載のスーパースポーツにつけられたこの価格は、果たして高いのか? 安いのか?

文/渡辺陽一郎、写真/ベストカー編集部、BMW、Honda、Mercedes-Benz、Nissan、Porsche

【画像ギャラリー】本当に見納めなのか!? ホンダ NSXと世界のライバル車たちを見る


■NSXは高いのか?? ライバル車たちと比較する

生産終了が発表されたNSXの最終モデルとなるタイプS(北米仕様)

 NSXが2022年12月に生産を終える。先ごろ初公開されたタイプSが実質的な最終モデルだ。

 そこで改めてNSXについて考えたい。既に販売を終えた標準タイプの価格は2420万円であった。この価格は果たして高いのか、それとも安いのか。

 同じ価格帯に属する高性能スポーツカーを挙げて考えてみたい。

 まずはポルシェ911ターボで、価格は2500万円だ。エンジンは水平対向6気筒3Lツインターボで、最高出力は580馬力(6500回転)、最大トルクは76.5kg-m(2250~4500回転)を発揮する。駆動方式は4WDだ。

 0-100km/h加速タイムは2.8秒(スポーツクロノパッケージ装着車)で、最高速度は320km/hと公表されている。

 メルセデスベンツAMGクーペGTRの価格は2453万円。エンジンはV型8気筒4Lツインターボで、最高出力は585馬力(6250回転)、最大トルクは71.4kg-m(2100~5500回転)になる。

 動力性能はポルシェ911ターボと同程度だが、AMGクーペGTRの駆動方式は後輪駆動の2WDだ。0-100km/h加速タイムは3.6秒だから、4WDのポルシェと単純に比べれば若干遅い。

 BMW M8クーペコンペティションは、価格が2474万円だ。エンジンはV型8気筒4.4Lツインターボで、最高出力は625馬力(6000回転)、最大トルクは76.5kg-m(1800~5860回転)になる。駆動方式は4WDだ。これも前述の2車種と同じような性能になる。

■NSXがライバル車に比べて特に優れているポイントとは

日産 GT-R NISMOはNSXと似た価格帯ではあるが、他のグレードと比較すると突出して価格が高い

 以上のように価格がNSXと同等となる2400~2500万円の高性能スポーツカーは、最高出力が600馬力前後で、最大トルクも70kg-m台に集中する。そしてこの価格帯の日本で購入可能な高性能スポーツカーは、前述の車種にほぼ絞られる。

 GT-R・NISMOは2000万円を超えてNSXに近いが、ほかのグレードとの価格差が突出して大きい。フェラーリやランボルギーニは価格がさらに高い。

 NSXの価格は、前述の2420万円で、エンジンはV型6気筒ツインターボだ。このパワーユニットは後輪を駆動するが、前後輪のモーターとリチウムイオン電池も組み合わせて、ハイブリッドの4WDを成立させた。

 後部のモーターは1個でエンジンと併せて後輪を駆動するが、前輪には2個のモーターを装着する。前輪左右の駆動力は、走行状態に応じて自動的に調節されるため、車両を操舵角に応じて正確かつ積極的に回り込ませる。操舵感覚にもダイレクト感が伴う。

 NSXのエンジンとモーターの動力性能を合計したシステム最高出力は581馬力、システム最大トルクは65.9kg-mだ。0-100km/h加速は約3秒だから、ポルシェ911ターボの2.8秒に迫る数値になる。つまりNSXの動力性能も、価格と同様、先に挙げた輸入ライバル車と同じ範囲に入る。

 高性能スポーツカーは運転感覚が大切だから、動力性能のデータや価格だけでは一概に比べられないが、そこを突き詰めると個性が際立って横並びの比較も困難になってしまう。

 それぞれの車種が独自の個性や魅力を備えていることを前提にすれば、2400~2500万円の高性能スポーツカーは、同程度の性能を備えて同じ価格帯に含まれる。

 その上でNSXの価値を判断すると、本格的なハイブリッドシステムを備えることが、ほかのライバル車との大きな違いだ。WLTCモード燃費は10.6km/Lだから、高性能スポーツカーでは優れた部類に入る。

次ページは : ■高い性能と価格のバランスを考えるとホンダの大盤振る舞い!?