ホンダNSXの価格は2420万円 果たして高いのか? 安いのか?

ホンダNSXの価格は2420万円 果たして高いのか? 安いのか?

 NSXが2022年いっぱいで生産を終了するというショッキングなニュースとともに、最終モデルとしてタイプSが発売されることが明らかになった。

 現行NSXの最終標準モデルはすでに購入できなくなっているが、ミドシップに搭載したモーター一体型3.5リッターのV6ツインターボエンジンでリアを駆動し、フロントを独立した2つのモーターで駆動するという凝った仕組みを採用して、価格は2420万円であった。

 エンジンは専用設計、アルミ素材を多用した専用シャシーなど豪華装備満載のスーパースポーツにつけられたこの価格は、果たして高いのか? 安いのか?

文/渡辺陽一郎、写真/ベストカー編集部、BMW、Honda、Mercedes-Benz、Nissan、Porsche

【画像ギャラリー】本当に見納めなのか!? ホンダ NSXと世界のライバル車たちを見る


■NSXは高いのか?? ライバル車たちと比較する

生産終了が発表されたNSXの最終モデルとなるタイプS(北米仕様)
生産終了が発表されたNSXの最終モデルとなるタイプS(北米仕様)

 NSXが2022年12月に生産を終える。先ごろ初公開されたタイプSが実質的な最終モデルだ。

 そこで改めてNSXについて考えたい。既に販売を終えた標準タイプの価格は2420万円であった。この価格は果たして高いのか、それとも安いのか。

 同じ価格帯に属する高性能スポーツカーを挙げて考えてみたい。

 まずはポルシェ911ターボで、価格は2500万円だ。エンジンは水平対向6気筒3Lツインターボで、最高出力は580馬力(6500回転)、最大トルクは76.5kg-m(2250~4500回転)を発揮する。駆動方式は4WDだ。

 0-100km/h加速タイムは2.8秒(スポーツクロノパッケージ装着車)で、最高速度は320km/hと公表されている。

 メルセデスベンツAMGクーペGTRの価格は2453万円。エンジンはV型8気筒4Lツインターボで、最高出力は585馬力(6250回転)、最大トルクは71.4kg-m(2100~5500回転)になる。

 動力性能はポルシェ911ターボと同程度だが、AMGクーペGTRの駆動方式は後輪駆動の2WDだ。0-100km/h加速タイムは3.6秒だから、4WDのポルシェと単純に比べれば若干遅い。

 BMW M8クーペコンペティションは、価格が2474万円だ。エンジンはV型8気筒4.4Lツインターボで、最高出力は625馬力(6000回転)、最大トルクは76.5kg-m(1800~5860回転)になる。駆動方式は4WDだ。これも前述の2車種と同じような性能になる。

次ページは : ■NSXがライバル車に比べて特に優れているポイントとは

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ