GT-Rのベース車「R32スカイラインGTSシリーズ」は復活した“スカG”だった!

「R」じゃない! けど…… GT-Rのベース車「R32スカイラインGTSシリーズ」は復活した“スカG”だった!

 日本車の当たり年の1989年にモデルチェンジして登場したR32型スカイライン。5月に標準モデルのGTSシリーズが発売されるも、8月にGT-Rが復活するとその話題性の大きさからGTS系はちょっと陰に隠れ気味に……。

 現在は、GT-Rのあまりの人気ぶりに、よりいっそう地味な存在になってしまっている。

 しかし、ターボのGTS-tタイプMなどの人気モデルもあったR32スカイラインの基準モデルとなるGTSシリーズは走りのスカイラインGTの復活ともいわれていたモデル。そんなスカイラインGTSシリーズはどれほどの走りの性能を持っていたのか?

 モータージャーナリストの片岡英明氏が当時を振り返る。

文/片岡英明
写真/NISSAN、Porsche

【画像ギャラリー】コンパクトで滑らかなボディにはGT-Rにはない気品がある「R32スカイラインGTS」を写真でチェック!!


■GT-R登場の3カ月前にR32はデビュー!

 第8世代は「超感覚スカイライン」のキャッチフレーズで1989年5月にデビューを飾った。

1989に誕生したR32型スカイライン 2ドア スポーツクーペ GTS-t タイプM。FRの素直な操縦性とGT-Rより軽い車重で操縦性は高い

 スタイリングは7代目が直線基調のウエッジシェイプだったのに対し、8代目のR32スカイラインはウエッジシェイプに柔らかい面を組み合わせている。無駄のないデザインで、フロントだけでなくリアのオーバーハングも大胆に削り取った。

 2ドアスポーツクーペだけでなく、4ドアスポーツクーペと名付けた4ドアセダンもキュートなデザインだ。歴代のスカイラインのなかで、もっとも躍動感あふれるデザインといえるだろう。

1989に誕生したR32型スカイライン 4ドア スポーツセダン GTS-t タイプM。2ドアより全高が15mm高く車重が30kg重いが、ほかのスペックはほぼ同じ

 5月に発売されたのは、スカイラインの伝統を受け継ぐ5ナンバー小型車枠のFR車だ。スカイライン初となるアテーサE-TS(4WD)採用のGTS-4と16年ぶりの復活が告知されたGT-Rの発売は8月21日だった。

 パフォーマンスだけを見ればGT-Rに目がいく。晴れの日も雨の日も驚くほど速かったし、サーキットでも敵なしの活躍を演じている。だが、オーバー2Lで、専用設計のGT-Rはイレギュラーだ。

■ポルシェ944ターボをターゲットに開発されたスカイラインGTS

 長年に渡ってスカイラインの開発に携わってきた櫻井眞一郎さんは、ずっと2Lの排気量と直列6気筒エンジンにこだわり続けてきた。R31とR32の開発主管を託された伊藤修令さんも、多くのファンを持つベース車のポテンシャルを高めることに力を入れている。

 それまでの流れをいったんゼロに戻し、原点回帰を図った。そして新たな評価基準を作ったのである。

 エンジンは1800GXiが積む1.8LのCA18i型直列4気筒SOHCをボトムに設定する。だが、主役であり、多くの人がスカイラインらしいと感じるのは、大ヒットした2000GTの血を引く2000GTSシリーズだ。

 心臓には改良を加えたRB20DE型直列6気筒DOHC4バルブとRB20DET型直列6気筒DOHCハイフローセラミック/ボールベアリングターボが選ばれた。トランスミッションは2種類だ。2速ギアと3速ギアをダブルコーンシンクロとした5速MTと電子制御4速のE-ATを用意している。

 GTSシリーズが性能目標の仮想ライバルとしたのは、メルセデスベンツ190Eの2.3-16とBMWのM3、そしてポルシェ944ターボだった。繰り返して言うが、GT-Rの仮想ライバルではない。

ポルシェ944ターボ1985年登場、2.5L直列4気筒エンジン220ps。1988年に大径タービンを採用したターボSが登場し250psを発揮した

 当時、ロードゴーイングカーとして世界の頂点に君臨し、サーキットでも大暴れしていたスポーツカーをGTSのライバルに据えたのである。いかに設計陣の志が高かったかわかるだろう。だから今でも熱狂的なファンに愛されている。

次ページは : ■スカイライン神話のはじまりは3代目 GC10型2000GTから

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

 熱狂と感動の東京オリンピック/パラリンピックは閉幕しましたが、自動車業界は今もこれからも熱いです!…

カタログ