接戦のレッドブルvsメルセデス!! 前半戦ラストに明暗を分けたハンガリーGP

接戦のレッドブルvsメルセデス!! 前半戦ラストに明暗を分けたハンガリーGP

 皆さん、こんにちは。自動車ライターの伊藤梓です。サマーブレイク直前の決戦である、ハンガリーGPがハンガロリンクで開催されました。今季のスケジュールは、全23戦(キャンセルを含めると8月19日現在で全21戦)なので、今回の11戦目で約半分が経過することになります。

 そして、ハンガリーGPが終われば、F1は約1ヶ月の夏休み期間に突入。このサマーブレイク周辺では、来年の契約が決まったり、その反対に契約が継続できないドライバーも出てくるため、実は大切な期間となります。

文、イラスト/伊藤 梓、写真/HONDA

【画像ギャラリー】予選での疑惑と決勝での玉突き……レッドブル&メルセデスにハンガロリンクの女神が悪戯を仕掛けた!?


■予選から気合が入るフェルスタッペンに立ち塞がるハミルトン

まるでボウリングかビリヤードのようにレッドブルの2台にヒットしたスタート直後のクラッシュ。こんなことがあるのか、と筆者もボーゼン……

 ハンガリーGPのフリー走行1回目(FP1)では、普段通り淡々と各チームがプログラムをこなしていく中、アルファタウリの角田裕毅選手がスピンしてしまいます。

 幸いにも接触しなかったため、ホッと一息。と思いきや、数周後にまたもやスピン! 今度は止まりきれず、リア側からタイヤバリアに接触してしまいました。今回は、1回スピンして無事に済んだので、「これで路面のグリップも分かったので、もうスピンはしないだろう」と思っていた矢先に……。

 これまであれだけ「序盤に無理するな」と言われてきたので、今回のクラッシュはさすがに擁護できないなと思いました。この影響で、FP2は3周しか走れず、FP3では周回数を重ねたものの、煮詰めきれていないように感じました。

 そして、予選1回目のQ1。前回、ハミルトンと接触してリタイアしてしまったフェルスタッペンがトップを奪い取ります。「今回は絶対勝つ!」という気合いが透けて見えるよう。しかし、角田選手は、やはり練習不足のせいか16位で終了。残念ですが、気持ちを切り替えて決勝での活躍を期待するしかありません。

 Q2では、決勝に備え、上位陣はミディアムタイヤが多めです。ミディアムタイヤでのアタックは、ハミルトンがトップタイムで、ソフトタイヤのフェラーリのルクレールを2位に挟み、フェルスタッペンが3位につけます。

 これを見て、レッドブル陣営は、作戦を変更。2回目のアタックは、フェルスタッペンもペレスもソフトタイヤを履き、タイムを出しに行きます。ここでメルセデスと作戦を分ける決断をしたようです。

■予選タイムリミットが!! メルセデスが仕掛けたギリギリの頭脳戦

予選から気合がのっていたフェルスタッペンだが、メルセデスの作戦(?)によりタイムアタックが不発に終わり、決勝は3番手からのスタートとなった

 そして、最終グリッドが決まるQ3。なんとここで大きな事件が発生!

 1本目のアタックでは、フリー走行で好調だったメルセデス勢がワンツー、レッドブルはそれに続きます。フェルスタッペンは、メルセデスに0.5秒近く差をつけられているので、2アタック目ではなんとか近づきたいところ。

 ところが、全車ピットアウトすると、もうQ3終了時間が近づいています。しかも悪いことに、レッドブルは全車の中で最後尾。そして、その目の前にはメルセデス。各車が間を開けてアタックに入る中、レッドブルはアタックに入れるかどうかの瀬戸際です。

 目の前のハミルトンにぴったり付けていたフェルスタッペンは、なんとかアタックに入れましたが、なんとその後ろのペレスはチェッカーフラッグを振られ、アタックならず!

 フェルスタッペンもハミルトンに引っかかってしまったこともあり、予選1位はハミルトン、2位はボッタス、3位フェルスタッペン、4位ペレスという結果になりました。これを受けて、客席からは大ブーイング。どうやら、意図的にメルセデスがレッドブルのアタックを妨害したと思った方も多くいたようです。

 確かにハミルトンの2アタック目は、明らかに1アタック目よりタイムが遅く(約+1.7秒)、そう取られても仕方ないかもしれません。しかし、レッドブルのリリースする位置もタイミングが良くなかったのも事実。

 個人的には、どちらが悪いとは言えないのではないかと思いました。真偽のほどは分かりませんが、これでメルセデスとレッドブルのファンの対立がより高まることに……。

次ページは : ■レッドブルにさらなる不運!! スタートの混乱での多重クラッシュ