いまやホンダの大黒柱 激戦区で健闘 フリード購入ガイド お薦めグレード、ライバル、値引き

いまやホンダの大黒柱 激戦区で健闘 フリード購入ガイド お薦めグレード、ライバル、値引き

 2021年1~6月の累計販売台数は35,551台。車名別販売台数ランキング(登録車)9位で、ベスト10に唯一入っているホンダ車がフリードとなる(フィットは同期間29,686台で12位。もっとがんばってください…)。

 コンパクトな3列シートミニバンで、使い勝手や買い得感の高さが魅力。

 いまやホンダの大黒柱となっているフリード、「ちょっと気になる」、「ほしいかも」と思った方がディーラーへ出向く前に読むとすごくためになる記事を作成いたしましたので、ぜひ参考にしてください!

文/諸星陽一
写真/HONDA、TOYOTA

【画像ギャラリー】ホンダフリード 累計販売台数100万台突破!! 安定した人気でトヨタシエンタを追撃!!


■ホンダフリードのマイナーチェンジ情報

2016年9月に登場したホンダフリードは取り回し性に優れた小型ミニバン。ボディサイズは全長4265mm×全幅1695mm×全高1710mm、最小回転半径は5.2mと小回りがきく。搭載エンジンは1.5Lガソリンと1.5Lハイブリッド

 初代フリードは2008年にそれまでのモビリオに代わって登場した5ナンバー3列シートミニバンです。当時はフリードのグレードに2列シートモデルの「FLEX」が存在していました。2011年のマイナーチェンジで「FLEX」を廃止し、2列シートモデルは「フリードスパイク」に統合されました。2016年にはフルモデルチェンジを受け、現行モデルとなります。

 現行モデルでは3列シート車がフリード、2列シート車がフリードスパイクから名前を変えてフリード+(プラス)となりました。+の名を持つモデルのほうがシート列と乗車定員が少ないので、車種を勘違いしがちです。今回は3列シートモデルのフリードのみを扱います。

 最新の変更は2019年10月に行われたマイナーチェンジです。

2019年10月のマイナーチェンジに伴い、全車に安全運転支援システムのホンダセンシングを装備。SUV風の外観をもつクロスターが追加された

 このマイナーチェンジでは、クロスオーバーテイストにあふれたスタイリングをもつ「クロスター」というグレードが追加され、ノーマルグレードとクロスターグレードの2本立て構成となりました。ノーマルグレードのエクステリアではフード、グリル、バンパーやロアグリルの形状を変更。オプションとなるアルミホイールのブラック部分がダークグレーに変更されました。

 インテリアでは、従来から採用しているウッドパネルをウォールナット調とすることで質感がアップされています。クロスターグレードでは、専用グリルや前後バンパー、LEDフォグライト、ルーフレール、アルミホイール、専用色のドアアウターハンドルやドアミラーを採用し、クロスオーバースタイルに仕上げられています。クロスターはインテリアでも専用のプライウッド調パネルを採用するとともに、汚れの目立ちにくいデジタル柄の専用コンビシートとすることで、アウトドアライクな仕上げとしています。

クロスターは専用のプライウッド調インテリアパネルと、汚れの目立ちにくいデジタル柄コンビシートを採用。アウトドアシーンに調和する遊び心を演出する

■安全装備

 ホンダは先進安全機構にホンダセンシング(Honda SENSING)のネーミングを使っています。

 2019年のマイナーチェンジでホンダセンシングの主要装備が全グレードに標準装備となりましたので、基本的にはどのグレードを購入しても問題はありません。

 また、ホンダセンシングを全グレードに標準装備としたことで、グレード名にもホンダセンシングのネーミングが付け加えられています。フリードに搭載されるホンダセンシングは以下のものとなります。

・衝突軽減ブレーキ(CMBS)
・誤発進抑制機能
・歩行者事故低減ステアリング
・先行車発進お知らせ機能
・標識認識機能・路外逸脱抑制機能
・アダプティブクルーズコントロール(ACC)
・車線維持支援システム(LKAS)
・後方誤発進抑制機能

開口部の地上高は480mmと低く、荷物の積み降ろしが楽になるよう設計されている

 フリードに用意されるパワーユニットは、ガソリンエンジンとガソリンエンジン+モーターのハイブリッド、この2種となります。

 ガソリンエンジンは1.5リットル4気筒で129馬力/153Nmのスペック。ハイブリッド用エンジンも1.5リットル4気筒ですが、エンジンのスペックは110馬力/134Nmで、組み合わされるモーターは29.5馬力/160Nmとなります。ミッションはガソリンエンジンがCVT、ハイブリッドはデュアルクラッチ式の7速となります。駆動方式は基本がFFで、4WDはリアルタイムAWDと呼ばれる機械式のスタンバイ4WDとなります。

 グレード展開は上からクロスター、Gの順でガソリンエンジン車にはBというグレードも存在します。

 命名されているグレード名は、後半にホンダセンシング、ハイブリッドの場合はハイブリッドが前に付き「ハイブリッド・クロスター・ホンダセンシング」というようになります。

ハイブリッドG ホンダセンシングのインパネ
乗車定員は2-2-2名の6人乗り。3列目シートを跳ね上げれば、2列目キャプテンシートの隙間に26インチの自転車を立てて積むこともできる

 シート配列は3列で、基本は前から2-2-2名の6名定員です。6名定員モデルの2列目シートは両側アームレスト付(ガソリンBは内側のみ)のキャプテンシート、7名定員モデルはセカンドシートが6対4分割のタンブルシートとなります。7名定員モデルが用意されるのはハイブリッドFFのG、ガソリンのFF&4WDのGなので、ハイブリッド、4WD、7名定員の要件を満たすグレードは存在しません。 

 7名定員モデルのほうが6名定員モデルよりも価格が2万2000円高くなります。

次ページは : ■グレード別装備