ホンダフリード購入ガイド お薦めグレード、ライバル、値引き


■グレード別装備

ハイブリッドG ホンダセンシング。価格は256万1900円。メーカーオプションのSパッケージを選択するとプライムスムース×ファブリックのコンビシート、本革巻ステアリングホイール、15インチアルミホイール等を装着できる

 さて、グレードごとの装備をみていきましょう。

 まず廉価版となるガソリンBで省略されるおもな装備は、両側オートスライドドア、サンバイザーのバニティミラー、間けつ式ワイパーの車速連動、インターナビ+リンクアップフリー+ETC車載器のオプション、ナビ装着用スペシャルパッケージ+ナビ連動ETC車載器のオプションなどです。

 オートスライドドアが装備されないことを気にする方も多いと思います。

 というのも、スライドドアは半ドアをさけるためにはどうしても大きな力で閉める必要があります。スライドドアを手動で開閉する際の音というのはけっこう大きな音になってしまうのです。しかし安心して下さい。Gグレードでもイージークローザーは装備されるので、ゆっくり閉めてあげれば後はスッと引き込まれるようにスライドドアは閉まります。

 フリードに装着されるタイヤはグレードにかかわらず185/65R15の1サイズとなります。ホイールはクロスターがアルミホイールになり、ほかのグレードはスチールホイール&フルキャップとなります。

 ハイブリッドの場合はハイブリッド専用デザインのものが採用されます。実用的なクルマの場合は扁平率が65%や60%のものが交換時のコストが安くおすすめです。フリードの場合はサイズが選べず185/65R15となるので、悩む必要がないのはいいことです。ドレスアップ目的でインチアップを考える方もいると思いますが、インチアップをした場合は車線維持支援システム(LKAS)が正確に働かなくなる可能性があるので、安易に行わないほうがいいでしょう。

 さて、フリードには2つのパッケージオプションが用意されています。Cパッケージが設定されるのはFFのみです。というのもCパッケージ相当の装備は4WDモデルは標準で装備されているのです。以下の装備がCパッケージの内容です。

・運転席&助手席シートヒーター
・プラズマクラスター技術搭載
・フロントウインドウIRカット〈遮熱〉/UVカット機能付
・フロントドアガラスIRカット〈遮熱〉/UVカット機能付
・ロールサンシェード(スライドドア両側)
・コンフォートビューパッケージ(親水/ヒーテッドドアミラー+フロントドア撥水ガラス+熱線入りフロントウインドウ)

 Cパッケージの価格は4万8600円です。FFと4WDの価格差は23万6500円なので、機能としてのFFと4WDの価格差は18万7900円と言うことになります。4WDは不要なものの、車内の紫外線対策を行いたい人にとってCパッケージはいい装備といえます。

 もうひとつのパッケージはSパッケージで、GグレードのFFおよび4WDに設定されます。内容は以下のものになります。

・15インチアルミホイール
・革巻きステアリング
・コンビシート(ブラック)
・シートバックアッパーポケット
・LEDヘッドライト+LEDアクティブコーナリングライト

 パッケージ価格は7万200円です。革巻きステアリングを単品ではオプション装着不可能で、部品で取り寄せても4万円程度掛かるといったことですので、アルミホイールとメンテナンスが楽なコンビシートや耐久性のあるLEDヘッドライトが7万200円で手に入るならアリだといえます。

フリード グレードと価格

■値引き相場とライバル車

フリード最大のライバル車はトヨタシエンタ。フリードと同じくモデル末期で2022年ごろのフルモデルチェンジが予想される

 走りに関しては、ハイブリッドのほうが力強く、魅力的ではありますが価格は約40万円アップとなります。

 燃費はハイブリッドのほうがいいですが、燃料代で価格差を埋めるには相当な距離を走らなければ元は取れませんし、距離を走ってしまうと下取り額もダウンするというジレンマもあります。

 とくに走りの性能を気にしないのであればガソリンエンジン車、少しでも余裕のある走りが欲しいならばハイブリッドを選ぶのが正解です。

 2016年フルモデルチェンジ、2019年マイナーチェンジということで、来年(2022年)あたりにはフルモデルチェンジが予想されるフリードですが、人気モデルということもあり、値引きはなかなか厳しく30万円程度が限界となっています。

 フリードのライバルとなると、トヨタのシエンタで、こちらもほぼ同時期のフルモデルチェンジが予想されます。モデルチェンジ時期を上手に見極め、ディーラーで情報なども収集しつつ値引きやクルマ選びに生かすといいでしょう。

 次期フリードはフィットやヴェゼルの血統、次期シエンタはヤリスやアクアの血統となることは予想されますので、ヴェゼルやアクアに試乗しておくのも役に立つはずです。

【画像ギャラリー】ホンダフリード 累計販売台数100万台突破!! 安定した人気でトヨタシエンタを追撃!!