「フェラーリは燃えやすい」は本当か? 車両火災データから見えた衝撃の事実


 フェラーリやランボルギーニ、ポルシェといったスーパーカーが燃えるとニュースになり、ネット上では「フェラーリやランボは燃える」という誤解を持つ人すら多く存在している。

 では、真実はどうなっているのか? 自身もこの春からフェラーリオーナーとなった柳川洋氏が、自動車保険会社の事故火災情報や消防庁のデータなどから、その実態を分析。

文/柳川洋 写真/柳川洋、フォッケウルフ

【画像ギャラリー】車両火災のデータから判明したある事実とは?


■“対岸の火事”では済まされない車両火災

フェラーリの40周年記念車として誕生した「F40」

 2021年5月、「箱根でフェラーリ F40が全焼した」というニュースをご覧になった方も多いと思う。60代の夫婦が箱根ターンパイクの上りをF40でドライブ中、車体の左後方から煙が出ていることに気付いて脱出。

 その後、通報によりポンプ車数台が駆けつけたものの、撮影スポットとしても有名な「御所ノ入り駐車場」の先でF40は全焼してしまった。2人に怪我はなかったが、この火災により、箱根ターンパイクは3時間にわたって通行止めとなった。

 フェラーリF40といえば、1987年にエンツォ・フェラーリ自らの手により発表され、わずか1311台のみが世に送り出された、世界の宝である。現在の時価は2億円を超えるといわれる同車のうちの1台が、この世から燃えてなくなってしまった。原因は明らかにされていないが、なんらかの理由でガソリンが漏れ、それが排気系にかかって炎上した可能性がある。

 このニュースは、筆者にとっても対岸の火事ではなかった。現在の愛車であるフェラーリ 458イタリアは、新車発表から1年経たない2010年に、炎上の可能性があるとして、当時出荷済みだった1248台がすべてリコールとなった。

筆者のクルマに貼られているリコール済みを表す2つのシール

 後輪のホイールアーチに使われていた可燃性(!)の接着剤が、エンジンの熱によって発煙・炎上。その結果、断熱材が溶けてホイールアーチ部が発火すると発表されたのだ。その後、問題の部分はリベット接合に変更されたのだが、この1248台のうちの1台が、2021年4月から筆者の手元にやってきた。

 他人事ではない車両火災。最近のクルマは燃えなくなったといわれているが、まずはフェラーリに限らず、車両火災全般がどういった原因でどれぐらいの頻度で起きているのか調べてみた。

■車両火災が1日に約10件起きている事実!

消防庁『令和2年(1月~12月)における火災の概要(概数)について』より筆者作成

 まずは念のため、消防庁による“車両火災”の定義を確認しておくと、エンジンやモーターが付いた車両やトレーラー、またこれらに積載されていたものが燃えると“車両火災”にカウントされることになっている。

 ゴミ収集車のゴミから出火というケースや、新幹線が放火されたというのも“車両火災”だ。一方、車庫にあるクルマが燃えた、というケースでは“建物火災”とカウントされ、“車両火災”にはならない。

 ここで、消防庁による最新の『消防白書』(令和2年版)の「令和2年(1~12月)における火災の状況(確定値)」で、車両火災の統計を見てみたい。

 令和2(2020)年に、車両火災は3453件発生し、死亡者は90名。つまり日本中で1日に10件弱の車両火災が発生している計算となる。車両火災の死者というのは放火自殺が多く、令和元年は死亡者数102人に対し放火自殺者等は60人と約6割を占めた。

 また、令和元年の車両損害額は18億1610万円。単純に車両損害額を火災発生件数で割ると、一件あたりの損害額は50.7万円となる。

 令和2年の車両火災の「出火原因」を見てみると、ワースト3は、排気管(552件、16.0%)、交通機関内配線(306件、8.9%)、電気機器(266件、7.7%)となっており、やはり燃料・排気系と電気系トラブルが出火原因の多くを占めている。これは、ガソリンなどの着火物や可燃物や、高温になったエグゾーストパイプなどが、燃えやすいものに接触したり、電気回線がショートして出火するようなパターンが多いということだ。

次ページは : ■フェラーリは「エンジンルームからの出火」が大半