クラシカルだけど奥深い!! アメリカのボンネットダンプが超絶かっこいい

クラシカルだけど奥深い!! アメリカのボンネットダンプが超絶かっこいい

 土や砂を運ぶ特装車といえば、ダンプトラックだ。そのマッチョで頼もしい特装車の代名詞としての立ち位置は世界共通。ボディビルの本場、アメリカでは日本より筋肉モリモリなダンプトラックが活躍している。

 アメリカのダンプトラックはボンネットキャブが基本。中〜小型クラスではピックアップトラックや日本の小型トラックもベースとなる。大型クラスは車軸がたくさん付いているのが特徴で、一部の州では7〜8本の車軸を搭載し、単車ありながらトレーラ並みの積載量を誇るスーパーダンプも認められている。

 いっぽうトレーラは、サイドダンプ、ボトムダンプ、エンドダンプなど豊富なバリエーションが特徴。大味なイメージとは裏腹に、意外と奥が深いアメリカンダンプ事情を紹介しよう。

文/緒方五郎&トラックマガジン「フルロード」編集部
※2016年9月10日発売「フルロード」第22号/2020年3月10日発売「フルロード」第36号より

【画像ギャラリー】ハリウッド映画でもお馴染みのボンネットキャブ!! マッチョで豪快かつ奥が深いアメリカンダンプの勇姿