血統を守った日産魂!? 新型Zはなぜ日産単独で開発できたのか

血統を守った日産魂!? 新型Zはなぜ日産単独で開発できたのか

 2021年8月17日、北米で遂に発表となった、新型Z。気になる日本向けの新型「フェアレディZ」は、今冬発表予定とのこと。ファンとしては、正式発表が待ち遠しいところだ。

 それにしても、スポーツカーにとって厳しい時代であるいま、トヨタですら、GR86はスバルと共同開発、GRスープラはBMWと共同開発と、自社のみでの開発をしなかったのに、なぜ日産は、新型Zを開発することができたのだろうか。

文/吉川賢一、写真/NISSAN、TOYOTA

【画像ギャラリー】絶やすことなく響かせ続けたZの鼓動!! 継承された技術と思いを乗せて新型Z、出ます!!


■新型「Z」は、新しく見えるよう更新したモデル

北米で正式発表された新型Z。先代の弱点を克服し、性能を引き上げる改修が施されている

 完全リニューアルしたように見える新型Zだが、よく見れば、Z34の弱点を克服し、性能を引き上げる改修が施されていることに気がつく。

 外装のデザインをブラッシュアップし、流行のデジタルメーターやインフォテイメントに更新したインテリア。新しいVR30DDTTエンジンや新型の9速AT、そして新しい電動ステアリングシステムといった主要コンポーネンツも更新。

 また、フロントタイヤのワイド化(225/40R18を245/40R18へ、245/40R19を255/40R19へと変更)、ダンパーは前後共にモノチューブダンパーを採用、フロントのダブルウィッシュボーンサスもジオメトリを修正し、キャスターアングルを寝かせて高速直進性を上げている。

 しかし、全幅や全高、ホイールベース、そしてスポーツカーの肝であるスタビリティに関係するリアトレッドやリアタイヤサイズなどは変えていない。いいところはそのまま維持した、という印象だ。

 スポーツカーでは必ずと言ってよいほど触れられる重量配分とホイールベースの関係については、すでにZ34型で完成形となっているのだろう。

 日産は公言しないかもしれないが、Z34をベースにした、いわばビッグマイナーチェンジ的な位置づけに近く、新型ZはZ34という完成されたモデルがあったからこそできた、スポーツカーだ。

 そして、モデルイヤーの改良などで少しずつ手入れしてきた実績があったことで、日産は、スポーツカーのつくり方や強み・弱みを熟知していた。だからこそ、Z34の弱みを改修するかたちで、新型Zをつくりあげることができたのであろう。

ブラッシュアップされた新型Zだが、車幅や全高、ホイールベース、スタビリティに関わるリアトレッド、リアタイヤサイズなどは変えていない。良いところはそのまま維持したという印象だ

■一度途絶えさせた代償は大きかった

トヨタ GRスープラ。A80スープラの生産終了でトヨタの大排気量量販スポーツカーのノウハウは一度途絶えてしまっており、BMWとの共同開発を選択せざるを得なかった

 対するトヨタの場合。トヨタの大排気量の量販スポーツカーは、2002年8月にA80スープラが生産終了したことで、一度途絶えてしまっている(LF-Aは特殊な事例として除く)。トヨタは、スープラを復活させるために必要な、ヒト・モノ・カネへの投資と時間が、相当かかると見込んだのだろう。

 選んだ相手がBMWだったのは驚いたが、大排気量2シータースポーツカーを作り続けてきたBMWと協業することで、新型スープラを開発し、その過程で大排気量スポーツカーのつくり方を吸収しよう、と考えたと思われる。

 スープラではないが、以前、GRヤリスの試乗会に参加した際、開発担当者が「2000年以前のスポーツ4WD(セリカGT-Four時代)をつくった経験のある技術者が残っておらず、GRヤリスの開発は、昔の報告書をすべて引っ張りだして、研究するところから始めた」という話をしていた。

 開発に着手できるまでに、相当な時間が必要だったそうだ。

 2019年5月に誕生したA90スープラの価格は2.0L直4が499万円~、3.0L直6は731万円と、とんでもない価格で登場した(※A80スープラは300万円前半で買えた)。もし、トヨタの自社企画&自社製造であったならば、100万円近くは安くなったんじゃないだろうか。

 現行のフェアレディZは、3.7L V6エンジン車で税込397万円~。一般的なクルマとしては高いが、2シーターのV6 NAエンジンのスポーツカー、という贅沢な内容を考えたら、安いといっていいだろう。これは日産に、「Zをつくり続けてきた」ことによるたくさんの「資産」があったからこそのことだ。

次ページは : ■Zリニューアルに前向きなメンツが揃った