ポルシェやGT-Rが凌ぎを削ったニュル最速タイムの称号に異議あり!?

ポルシェやGT-Rが凌ぎを削ったニュルブルクリンク最速タイムの称号に異議あり!?

 2021年6月14日、ポルシェ911GT2 RSがニュルブルクリンク北コース(全長20.6km)において、これまでのAMG GTが持っていたラップタイム6分43秒616を更新し、6分43秒300という市販車最速の新記録を樹立した。

 新記録を打ち立てたポルシェ911GT2 RSは、ニュルブルクリンクのスペシャリストであるマンタイレーシングとヴァイザッハのポルシェエンジニアチームが共同開発したマンタイパフォーマンスキットを装着した700psのスペシャルマシン。

 ニュルで市販車最速のラップタイムこそ、「世界最速の証」とばかりに、日産は加藤博義氏をテストドライバーに据え、1988年に最初のテストを行い、R32GT-Rをはじめ、歴代GT-Rをニュルで鍛え、タイムアタックを行ってきた。2000年代にはポルシェ911と日産GT-Rが繰り広げた、ニュルの最速ラップタイム争いが思い出させる。

 2008年4月にR35GT-Rが7分29秒3という市販車最速ラップタイムを記録したが、それを見てポルシェが「セミスリックタイヤを履いたのではないか、このタイムに疑惑がある」と日産に抗議したこともあった(後日、日産 水野和敏氏が反論)。最近ではメルセデスAMGも加わり、ポルシェとランボルギーニで市販車最速を争っている。

 またFF最速の名をかけて、シビックタイプRとルノーメガーヌRSトロフィーRのバトルも熾烈さを極めている。

 そこで、今、改めて問う! ニュルブルクリンク北コースのラップタイムに意味はあるのか? ニュルブルクリンク北コースで走ると何がわかって、どこがよくなるのか? レーシングドライバーでモータージャーナリストの松田秀士さんが斬る!

文/松田秀士
写真/ポルシェ、日産、メルセデス・ベンツ、ベストカーweb編集部

【画像ギャラリー】ニュル最速の栄光を求めてしのぎを削るクルマたちを写真でチェック!!


最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ