三菱ふそうスーパーグレートに搭載された先進安全装備を試す!

運転者の異常時対応や巻き込み事故防止に期待大! 三菱ふそうスーパーグレートに搭載された先進安全装備を試す!

 三菱ふそうの大型トラック「スーパーグレート」の進化が止まらない。三菱ふそうは、2019年秋にわが国初の運転自動化レベル2の高度運転支援機能「アクティブ・ドライブ・アシスト」(ADA)を搭載した「スーパーグレート」を発表した。

 さらに今年6月には、ドライバーの異常時対応システム「エマージェンシー・ストップ・アシスト」(ESA)をADA機能に追加し「ADA2」へと進化。

 加えて左折時の巻き込み防止の警告・警報を行なう「アクティブ・サイドガード・アシスト」(ASGA)をバージョンアップ。この「ASGA1.0」では衝突被害軽減ブレーキを作動させる新たな機能を追加している。

 この2つの先進安全装備の実際をテストコースで試す機会を得た。

文・写真/フルロード編集部

【画像ギャラリー】大きな車に大きな安心と安全を!! 三菱ふそうスーパーグレートに搭載された先進安全装備がスゴイ!!


■緊急時に同一車線内で車両を停止させる「ESA」、衝突被害軽減ブレーキを付加した「ASGA1.0」とは?

エマージェンシー・ストップ・アシスト作動時のスーパーグレート

 エマージェンシー・ストップ・アシスト(ESA)は、ADA作動中の車線維持支援システム「レーン・キープ・アシスト・システム」(LKAS)のハンズオン認証機能を通じてドライバーの異常を判断するもの。

 ステアリングの保持が検知されない場合には、従来のハンズオン警告・警報の後、走行中の車線内で車両を減速し緊急停止を行なう。

 なおドライバーモニターによる、わき見・いねむり運転などに対する警報機能「アクティブ・アテンション・アシスト」との連携はしていない。

アクティブ・サイドガード・アシスト1.0は、従来の機能に衝突被害軽減ブレーキを追加したもの

 また、従来のアクティブ・サイドガード・アシストは、車両左側面に搭載したレーダーが対象物を検知すると、運転席内の左ピラーのランプが黄色に点灯、さらに左折行動(ウインカー操作やハンドル操作)を取ると警報音で警報を行なうというもの。

 「1.0」ではこの機能に加え、並走する歩行者・自転車の巻き込み防止を想定して、システムが衝突の危険を判断した場合、車速20km/h以下であれば衝突被害軽減ブレーキが作動し制動回避行動を取るシステムだ。

燃料漏れ防止基準に対応した燃料タンク

 このほか新型モデルには、法規強化に適合した後部突入防止装置(乗用車などが後部に衝突した際に車体下に入り込むのを防ぐリアバンパー)、衝突緩和構造を備えたルームミラー、法規施行に先行してデイタイムランニングライト、燃料漏れ防止基準に対応した燃料タンク(キャップ)、助手席側のシートベルトの未装着時の警報を行なうシートベルトリマインダーも導入されている。

法規強化に適合したリアバンパー。写真は底床車(FS)のもの

■ドライバーの異常時対応システム「エマージェンシー・ストップ・アシスト」を試す

ADA作動中の様子。ESAを作動させるため、ステアリングから手を離し走行している

 では、今回採用されたスーパーグレートの先進安全装備は、実際にはどのように作動するのだろうか? 早速、栃木県にある三菱ふそう喜連川研究所のテストコースでスーパーグレートに乗り込んで試してみた。

 まず、「エマージェンシー・ストップ・アシスト」(ESA)だが、これはレーン・キープ・アシストが作動中であることが条件のため、まずADA2を設定する必要がある。ADA2の起動は、すでに採用されている車間距離維持機能付きクルーズコントロール「アダプティブ・クルーズ・コントロール」(ACC)をセットすればOKだ。

 ACCをセットすると、ほどなくしてメーター内のディスプレイ下部に水色のハンドル(を握った手の)マークが表示され、レーン・キープ・アシストが機能したことがわかる。

 レベル2の自動運転の定めに則り、レーン・キープ・アシスト中はドライバーがいつでもステアリング操作が行なえることが求められている。このためトルクセンサーを用いたハンズオン認証機能が搭載されており、検知がなされない場合は警告・警報が発せられる。

 従来のADA搭載車は、手を離して15秒でディスプレイ警告、30秒後には警報音、55秒後にさらに強い警報音が鳴り、60秒後にシステムがキャンセルされるものだった。

 いっぽうADA2搭載車では、ハンドルから手を離すと30秒後までの警告・警報は同じだが、55秒後の警報からハザードランプの点滅が始まり、60秒後にエアホーンがけたたましく鳴り、主ブレーキの強めの制動がかかって停止するというもの。

 走行車線での停止は危険を伴うため、ブレーキ制動時にはヘッドライトやストップランプの点灯(点滅はしない)も行なわれており、ホーンの吹鳴とともにESAを解除するまでこの警報は続く。

ESA作動時のメータークラスター

 ESAの解除はインパネスイッチのレーンキープカットスイッチを押せばOK。ただ、ニュートラル状態になっているため、再び走り出すにはセレクター操作で一度ニュートラルに入れてからドライブに入れ直す必要がある。

 なお今回のESAは、ドライバーモニターによる脇見・居眠り運転などに対する警報機能「アクティブ・アテンション・アシスト」との連携はしていないので、異常時に必ず作動するといったものではない。

 それでも突然の体調不良や居眠り運転に対する有効性はもちろん、ADA作動中の注意力低下や「ながら」運転に対する抑止効果という意味でも期待できる安全装備となりそうだ。

次ページは : ■左折時の巻き込み事故を防止する「アクティブ・サイドガード・アシスト1.0」を体感