オリンピック期間にきっちり実施!! 「首都高1000円上乗せ」で都内の一般道は大渋滞か?

こちらも1年延期できっちり実施!! 「首都高1000円上乗せ」をおぼえていますか?

 新型コロナの蔓延で開催が危ぶまれた東京オリンピック・パラリンピックだが、いよいよ開催されることになりそうだ。そこで思い出されるのが、「東京オリパラ期間中の首都高1000円上乗せ」である。

 新型コロナの影響ですっかり忘れ去られていたが、コロナ前は、オリパラ開催最大の障害は交通問題と言われていた。特に大会関係者のクルマでの移動が難題。その対策として、期間中の首都高1000円上乗せが決定された。

 オリパラは1年延期されたが、値上げも1年延期できっちり実施される。その内容を再確認してみよう。

文/清水草一、写真/ベストカーWeb編集部

【画像ギャラリー】前回東京大会に合わせるように開通した首都高が……東京オリパラ期間中の首都高1000円上乗せを再確認


■すべての車が上乗せの対象になるわけではない

上乗せの期間は7月19日から8月9日までと、8月24日から9月5日までの合計35日間。上乗せ期間は大会開催期間よりも長いので要注意だ

 まず上乗せの期間だが、7月19日から8月9日までと、8月24日から9月5日までの、合計35日間だ。上乗せ開始は大会期間中より長く、開始も開幕の4日前からだから注意が必要だ。

 ただ、すべてのクルマが上乗せの対象になるわけではない。

 まず、中型車、大型車、特大車(トラックやバス)はすべて対象外。これらの車両は、現金利用の場合も上乗せの対象外になる。

 ETCを利用すれば、普通車、軽、二輪のうち、緑ナンバーの商用車も対象外になる。加えて、いわゆる4ナンバーの軽貨物車(+1ナンバーと6ナンバーと8ナンバー)も対象外だ。分類はナンバープレートのみで行われる。

 上記を除く一般的な自家用車は、すべて1000円上乗せの対象だ。

 上乗せされる時間帯は、午前6時から午後10時まで。逆に午前0時から4時までは、全車5割引きになるが、首都高にはNEXCOの高速道路のような長距離高額利用はないので、そこまで時間をずらして割引を狙う車両は多くはないだろう。

 これが実施されると、首都高の混雑状況はどうなるだろうか?

 首都高の利用は、その7割から8割が業務目的。つまり、お仕事で使われている。ただし、そのすべてが商用車というわけではなく、自家用車も大いに使われているので、1000円上乗せの対象になる交通量は、全体の半分弱だ。

 そのうち、どれくらいの割合が1000円上乗せでも首都高を利用するかだが、ざっくり「半分」ではないだろうか。つまり、首都高の交通量は2割から3割減ることになる。

 東京都は、首都高の交通量最大3割削減を目指して、1000円上乗せを決めた。まさに東京都の狙い通りになる可能性が高い。

■渋滞のない首都高が連日続く!?

上乗せ区間手前の出口は混雑が予想される。余裕を持って少し手前で降りるのもいい。それとも1000円上乗せで空いている首都高を堪能するか!?

 首都高の交通量が2~3割減ると、渋滞はほぼ皆無になる。日曜祝日の交通量が、まさに平日の2割減で、渋滞情報版はほぼ真っ白になる。順当なら、そういう状況が連日続くと予想される。

 その分、外環道や圏央道の負担は高くなる。特に首都高のすぐ外側の迂回路である外環道は、連日かなりの渋滞になる可能性が高い。また、1000円上乗せ区間の手前の出口は、降りたくても降りられないような渋滞が予想されるから、注意が必要だ。具体的にはこれらの出口だ。

湾岸線東行き 空港中央出口
1号羽田線上り 大師出口
東名上り 東京インター出口
中央道上り 高井戸出口
5号池袋線上り 戸田出口
川口線上り 新郷出口
6号三郷線 八潮南出口
京葉道路 篠崎出口
湾岸線西行き 浦安出口

 期間中は、これらギリギリの出口まで粘らず、手前で降りる策も必要になってくるだろう。

 東京都は、オリパラに合わせて、都内の交通量そのものを減らすべく、関係機関に働きかけているが、それがどの程度の効果を上げるかは未知数だ。

 全体の交通量が1割削減されたとしても、首都高から追い出された2~3割の一般車は一般道を走ることになる。首都高は、東京23区内の交通量の約3割を引き受けているので、交通量の総量1割減が実現しても、一般道の交通量を減らすところまでは無理、という計算になる。

次ページは : ■一般道でも大規模交通規制が……上乗せ覚悟で首都高使用が安心か