トヨタがハイブリッドを電動化の主力に位置付ける訳

10年後も電動車800万台中600万台がHV! トヨタがハイブリッドを電動化の主力に位置付ける訳

 クルマと環境問題は、切っても切り離せない状況にある。クルマを使う生活をしている我々は、環境問題に対して鋭く目を向け、問題解決へ向けて動くことが大切だ。日本でも2050年までにカーボンニュートラルを実現すべく、社会全体が動き出している。

 2021年9月7日、トヨタは電池・カーボンニュートラルに関する説明会をおこない、2030年時点で考えるトヨタの電動車販売見通しを発表。電動車の販売見通しを800万台とし、うち純電気自動車(BEV)+燃料電池車(FCEV)は200万台と考えている。つまり残りの600万台はハイブリッド車(HEV)となるのだ。

 なぜトヨタは2030年段階でEVではなく、ハイブリッドを電動化の主軸に据えるのだろうか。トヨタの考える、カーボンニュートラル施策を解説していく。

文/佐々木亘、写真/TOYOTA

【画像ギャラリー】燃費日本一の36.0km/Lを誇るトヨタ最強ハイブリッドは?