ランボルギーニのSUV、ウルスは乗ってほかのランボルギーニと何がどう違う?

ランボルギーニのSUV、ウルスエボは乗ってほかのランボルギーニと何がどう違う?

 ランボルギーニ初のSUV、ウルス。ここ最近は高級車ブランドのSUVモデルは珍しくないが、それでもスーパーカーブランドのSUVとなれば別だ。では、通常のランボルギーニのモデルとSUVとは走りで何がどう違っているのだろうか。カウンタックにアヴェンタドール、ディアブロにウラカンなどさまざまな歴代のランボルギーニ車をドライブしてきた武井寛史氏が実際に試乗して検証した。

文/武井寛史写真/山本佳吾

【画像ギャラリー】迫力満点!! 特別色マッドブラックのウルス「グラファイト・カプセル」を写真でチェック!!


■ランボルギーニが突如としてSUV界に参入!

 自分でも不思議なのだが、天命なのか今まで数多くのスーパーカーをドライブする機会に恵まれた。そのおかげで少年時代にスーパーカーブームを経験した方々には羨望の眼差しのミウラやカウンタックもドライブさせていただいた。

ベストカー本誌での連載「プリウス武井のスーパーカー劇場」でお馴染みの武井寛史氏。スーパーカー人脈と、レーシングドライバーとしての経験によるインプレッションで大人気

 必然というべきかランボルギーニの主要モデルのほとんどは、シートに座ってアクセルを床まで踏み込んできた。一般道、高速道路、峠、時にはサーキット。さまざまなシチュエーションでドライブした経験は、いまでも鮮明に覚えている。そういう意味では、時代の流れとともに移り変わっていくランボルギーニのラインナップを知るひとりなのかもしれない。

 今やランボルギーニは特別なスーパースポーツカーを製造するメーカーとして認知されている。時代に逆らうかのように大排気量エンジンを搭載し、カーボンニュートラルとは真逆の尖った2シータースーパースポーツカーを作っていたランボルギーニが、突如、SUVカテゴリーに参戦してきた。

 正直、ウルスにはまったく興味がなかった。個人的な見解だがSUVはしょせん、スーパーな走りを追求したモデルにあらずと考えていたから。「SSUV」という新たなカテゴリーは猛牛の血統を受け継いだスーパーカーなのか!? 今さらだが、ランボルギーニ初のSUVとしてデビューしたウルスについて語ってみたいと思う。

■カウンタックにインスパイアされたデザインの『ウルス』

 ウルスは2018年に登場した。同じVW傘下にアウディがあるのでウルスのベースとなるプラットフォームの流用はきく。ランボルギーニがこの分野のモデルを製造するのは容易だった。

 ランボルギーニ初のSUVは、スーパーカーの象徴的な存在であるカウンタックをインスパイアしている。この開発思想だけ取ってもウルスへの力の入れ方がわかる。デザインを担当したのはランボルギーニデザインセンターのドイツ人デザイナー、ミィティア・ボルケルト氏(43歳)。彼はランボルギーニの歴代モデルをデザインしてきた名門カロッツェリア・ベルトーネの出身。マルチェロ・ガンディーニ氏が築いてきたDNAを継承する若きデザイナーだ。

各所にカウンタックをモチーフにしたデザインを採用するウルス。ベースはポルシェカイエン、アウディQ7と同じVWグループの共通プラットフォームだが、ひと目でランボルギーニと識別できる迫力のデザイン

 ウルスはボディサイズをはじめカウンタックとはまるで違うが、よく観察してみるとフロントウィンドウからルーフにかけてのラインやリアフェンダー、タイヤアーチの形状はカウンタックLP400をイメージさせる。デザインだけで判断すると歴代ランボルギーニの血統を色濃く受け継いでいることに疑いの余地はない。問題はスーパーカーとしてのポテンシャルがあるのかだ。

次ページは : ■ウルス「グラファイト・カプセル」を首都高でインプレッション!