新型カローラクロス(日本仕様)登場!! すでに納期は来年??? 共喰いはしていない??

いよいよ登場した新型カローラクロス!

 トヨタが新型カローラクロスをいよいよ9月14日に発表、発売した。これでトヨタはコンパクトSUVクラスに、ライズ、ヤリスクロス、C-HRと合わせて4車種のラインアップを擁することになる。

9月14日に正式発表、発売となったカローラクロス(日本国内仕様)

 すでに大ヒット確実と見られているカローラクロス、これがラインアップに加わったことで販売現場はどう感じているのか。混乱は……しないとは思うが、どんなグレードが売れていて、どんな競合が起こっていて、値引きはどれくらいなのか。実際に販売店へ行って話を聞いてきました!

文/遠藤 徹、写真/TOYOTA

【画像ギャラリー】今なら年内納車ギリギリ間に合う!? いよいよデビューの新型カローラクロスを写真でチェック!!


■先行予約分の納車は11月下旬から開始!

 トヨタ全系列店ではすでに8月下旬から先行予約の受付をスタートさせている。価格や商品内容はタブレッドの文字&数字のみの説明で、日本仕様の外観、内装写真は(例えばカタログなどのような形式で)持ち帰って見ることができない。それでもアウトラインは海外で販売されているモデルがネットなどで流されており、知ることが可能なのでこれをみて予約するユーザーは多い。

ボディサイズはC-HRとRAV4との中間で、CセグSUVとなる

 9月上旬現在の先行予約分の納期は11月下旬になっている。正式に発表、発売となれば納期はほぼ確実に来年にずれ込む見通しだ。現時点での推定予約台数は2万台以上に達していると思われる。

 7月19日にフルモデルチェンジした2代目の新型アクアよりも、明らかにユーザーからの反応はいい状況にある。

 トヨタのコンパクトクラスのSUVはライズ、ヤリスクロス、C-HR、そして今回の新型カローラクロスと4車種にもなった。「それぞれ競合して売りにくいのではないか」といった見方も皆無ではないが、ごく少数派といえる。トヨタとしては、

「新型カローラクロスはC-HRとRAV4の中間に位置し、C-HRはシティ走行向きのスタイリッシュなコンセプトで仕立てている。これに対して新型カローラクロスは室内が広く、レジャーに出かけるのにも使い勝手がいいオールラウンドなSUVとして開発している」と、販売店に基本コンセプトを提示しているようだ。

ボディサイズ、価格帯ともに近いのはプリウスベースとなるC-HRだが

■ライズ、ヤリスクロス、C-HRとは棲み分ける?

 車両本体の価格帯で見ると、ライズが167万9000~228万2200円、ヤリスクロスが179万8000~281万6000円、C-HRが238万2000~314万5000円に対してカローラクロスは199万9000~319万9000円であり、C-HRに近い価格帯であることが読み取れる。

 RAV4はPHVを除くと274万3000~402万9000円であるから、カローラクロスとは多少離れすぎている感じもする。

 ライズは11月1日にもマイナーチェンジを実施する見込み。今回は従来の1リッターターボに代えて新開発の1.2リッターNA及び1.2リッターハイブリッド車を設定する。これによって車両本体価格は20万~30万円アップする見通しであり、そのぶんヤリスクロスに価格帯で近づくことになる。

トヨタクロスオーバーSUVの末弟、ライズは11月1日にマイチェンを受ける予定だ

 価格以外にボディサイズ、パワーユニット、使い勝手、コンセプトが異なるので、これらによって売り分けているのが実情である。

 多数のコンパクトSUVを扱うトヨタ系列店各社の営業担当者は、扱うモデルが多くなることに対してはおおむねメリットのほうが大きく、歓迎の姿勢である。各々の車種の特徴があるので、ユーザーにそれを説明し、選んでもらえばトータルの販売台数を増やすことができるという読みがあるためと思われる。

次ページは : ■目論見はトータルでの販売増