エコと安全と経済性を両立!? 大型車では必須のリトレッド技術とは

アクティブシニアを再雇用? 最近注目されているリトレッドタイヤのお話

 リトレッドタイヤとは一次寿命を終えたタイヤのトレッドゴム(タイヤの接地面のゴム)を張り替えて再利用するタイヤのこと。更生タイヤまたは再生タイヤとも呼ばれています。

 このリトレッドタイヤ、新品タイヤを製造する場合に比べ6~7割程度資源の使用を抑えられ、販売価格も新品タイヤの約6〜7割とのこと。環境にも経費的にもよい製品として最近注目されてきています。

 とはいえ、現在国内で製造されるリトレッドタイヤは商用車や航空機向けのみで、日本の普及率は約2割程度。まだ認知されているとは言い難いのが現状ですが、エコでエコノミーとなれば、知識を深めておいても損はないでしょう。

 そこでリトレッドタイヤの基礎知識から土台となるタイヤの使用管理まで、ブリヂストン系列の現役タイヤマンであるハマダユキオさんに解説してもらいました。

文・写真/ハマダユキオ&フルロード編集部
※2020年6月発売トラックマガジン「フルロード」第37号より

【画像ギャラリー】まだまだ元気な使用済みタイヤを再生して利用するリトレッドタイヤはタイヤ界の『再雇用シニア』や〜!!


最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ