日本車なのに日本の道に合ってない! クルマの全幅は何mm以上が運転しにくいのか?


 いつから日本の道に合っていない全幅のクルマが出てきたのだろうか? 50代以上のおじさん世代から「昔から庶民は5ナンバー枠。税金が高くなる3ナンバーはたいていの人は避けてきた」という声が聞こえてきそうだが、今ではコンパクトカーやミニバン以外は5ナンバー車(2000㏄以下、全長4700mm以下、全幅1700mm以下、全高2000mm以下)は少なくなった。日本の道路は拡幅されていないのに、クルマは大きくなるばかり……。

 ミドルクラスのクルマさえ、都内の機械式駐車場に入る全幅1800mmがボーダーラインとされてきたのに、それも今では当たり前のように突破されつつある。

 いったい全体、いつからこんなに日本の道に合わないクルマばかり登場するようになったのか? そして今、改めて、クルマの全幅にスポットを当て、運転しにくいと感じる全幅は何mm以上なのか、モータージャーナリストの渡辺陽一郎氏が解説する。

文/渡辺陽一郎
写真/トヨタ、日産、ホンダ、SUBARU

【画像ギャラリー】日本車も全幅ブクブク?道路事情と葛藤しながら頑張っている最新のクルマたち


■もはや市場規模の小さい日本市場に合わせることは悲しいかな、少なくなったのか?

今月発表・発売の「カローラクロス」。日本仕様のカローラシリーズで初の全幅1800mmを超え、1825㎜に達する。それでもグローバルでみれば「並」の広さとなる
カローラクロスのインパネ。デザインはカローラシリーズ共通のもの。全幅はシリーズの中でも最大ながら、見晴らしの良さで車両感覚を掴みやすくし、運転しやすさを訴求している

 2021年9月に、トヨタから新型SUVのカローラクロスが登場した。エンジンやプラットフォームは、文字通りカローラのセダン/ツーリング/スポーツ、C-HRなどと共通で、ホイールベースも2640mmだから等しい。

 しかし全幅は異なる。従来のカローラシリーズやC-HRは1800mm以下に抑えたが、カローラクロスは1825mmとワイドだ。

 C-HRが1795mmでカローラクロスは1825mmなら、わずか30mmの違いだ。誤差の範囲にも思えるが、全幅の30mmは、意外なほど車幅の感覚や取りまわし性に影響を与える。

日本仕様のカローラセダン。カローラスポーツはグローバルカローラと共通の全幅(1790mm) だが、セダンとツーリング(ワゴン)は市中の取り回しを考慮し、1745mmに狭められている
C-HRもカローラと共通のプラットフォームであり、全幅は1790mmとなる。デザインを優先しスペシャリティ性の高いフォルムだ。ただその分視界に制約はあり、車幅感覚は掴みづらい

 街中を走る時、全幅が1700mm以下の5ナンバー車は、とても運転しやすい。自分の肩幅が車両の全幅と同化したように感じられ、スポーティドライブとは異なる取りまわし性の「人馬一体」を味わえる。

 例えば道幅の狭い一方通行の道路で、左側に歩行者、右側に電信柱があるような状態でも、不安を感じることなく運転できる。

 しかし全幅が1700mmを超えて3ナンバー車になると、車両と同化した感覚が少し薄れる。全幅が拡大するほど、取りまわし性の「人馬一体」が薄れていく。そして全幅が1800mmを超えると、車両との一体感が一層希薄になって運転にも不安が生じる。

11代目カローラアクシオ。日本での小型車枠を超えないように、プラットフォームをヴィッツベースに降格させてまで、全幅を1695mmにこだわったモデルだ。現行カローラと併売中だ

歴代カローラのボディサイズ
■初代、1966年/全長3845×全幅1485×全高1380mm
■2代目、1970年/全長3995×全幅1505×全高1375mm
■3代目、1974年/全長3995×全幅1570×全高1375mm
■4代目、1979年/全長4050×全幅1610×全高1385mm
■5代目、1983年/全長4135×全高1635×全高1385mm
■6代目、1987年/全長4195×全幅1655×全高1365mm
■7代目、1991年/全長4270×全幅1685×全高1380mm
■8代目、1995年/全長4285×全幅1690×全高1385mm
■9代目、2000年/全長4365×全幅1695 ×全高1470mm
■10代目、2006年/全長4410×全幅1695×1460mm(日本仕様カローラアクシオ)。米国仕様のカローラセダンは全長4540×全幅1760×全高1465mm
■11代目、2013年/全長4360×全幅1695×1460mm(日本仕様カローラアクシオ)。欧州仕様は全長4640×全幅1780×全高1460mm
■12代目、2018年/全長4375×全幅1790×1460mm(カローラスポーツ)、中国仕様のカローラセダンは全長4640×全幅1780×全高1435mm

■全幅が違うと、運転するとどのように車幅感覚が違ってくるのか?

昨年登場したヤリスも小型車枠である全幅1695mmを堅持。4m以下の全長との組み合わせで取り回しは抜群に良い
欧州のBセグコンパクトに比べるとナローなサイズながら、日本車らしい緻密なレイアウトにより、室内幅はそん色ない。ハイブリッド車もラインナップされており、欧州でも人気に火が付いた

 このような全幅の拡大に基づく車幅感覚の違いは、いかなる理由によって生じるのか。全幅が1695mmの5ナンバー車、1750mm前後の3ナンバー車、さらにワイドな1850mm前後の車種で比べてみたい。

 運転席に座って前方を見ると、以前はボンネットがしっかりと見える車種が多かったが、最近は見える範囲が全般的に狭まった。例えばカローラのセダンやワゴンのツーリングでは、ボンネットは手前の一部しか見えない。ミニバンになると、ボンネットが視野に入る車種はほとんどない。つまりボンネットの見え方だけが、車幅感覚に影響を与えるわけではない。

 それでは何が車幅感覚に関係するかといえば、左右のフロントピラー(フロントウインドウの窓枠部分)の見え方がある。

 全幅が1695mmに収まる5ナンバー車は、前方を見ている時でも、視野にピラーが入っている。右ハンドル車の場合、ドライバーから遠い左側のピラーも無意識に見えている。運転中にピラーは意識しないが、車幅を把握する上で、目安になっているわけだ。

 それが全幅を1750mm前後に設定した3ナンバー車になると、左側のピラーが視野の左方向へ遠ざかる。5ナンバー車では、左右のピラー間隔が自分の肩幅に近い感覚なのに、3ナンバー車になるとピッタリした印象が少し下がる。

 全幅が1800mmを超えると、左側のピラーが一層見えにくくなってしまう。全幅のワイド化は、物理的な通行のしやすさに加えて、ドライバーの運転感覚にも大きな影響を与える。

 現実的な車幅を示す言葉として、ミラー・トゥ・ミラーがある。ボディではなく、ドアミラーの外側で測った全幅で、狭い道での通りやすさはミラー・トゥ・ミラーで左右される。

インプレッサも3代目以降完全に1700mmを超えたモデルとなった。現行モデルは1775mm。ただし幅広になったからといって、運転のしやすさへのネガな話はあまり耳にしない。何故だろうか?
スバルには運転時の視界確保のための社内規定がある。そのため、デザイン優先で犠牲にもなりがちな視界を十分に確保し、安全性や安心感を高めている

 そこで例えば現行インプレッサは、先代型と比べて全幅は35mm広い1775mmになったが、ミラー・トゥ・ミラーは広げていない。ドアミラーの形状や取り付け位置を工夫して、全幅をワイド化しながら、ドアミラー部分の拡大は先代型と同じに抑えた。

 ミラー・トゥ・ミラーを抑えたクルマを運転すると、狭い道や駐車場での使い勝手は、全幅の割に優れている。しかし通常の車幅感覚は、ミラー・トゥ・ミラーではなく、全幅の数値に基づくように感じる。真っ直ぐに走っている時の「人馬一体」は、車両の全幅とピラーの位置関係で決まる。

 そうなるとピラーの見え方や取りまわし性、運転のしやすさを基準に全幅を判断すると、ベストはやはり1700mm以下の5ナンバー車だ。

 しかし最近は側面衝突時の安全確保などの必要から、5ナンバーサイズに収めるのが難しい。5ナンバーサイズだと、ボディ底面の骨格が干渉して前輪の最大舵角が減り、3ナンバー車よりも最小回転半径が拡大する場合もある。

カローラスポーツ。こちらはグローバルカローラと同様に全幅1790mmとなる。グローバルではこの全幅が標準となる
カローラツーリング。全幅は1745mmに抑えると共にホイールベースもカロスポと同一の2640mmとすることで市中での取り回しの良さもアピール(グローバル仕様のホイールベースは2700mm)
カローラツーリングの室内。こちらは全車共通のため、全幅の広いカローラクロスと比べても、見た目の違いはほとんどない

 こういった事情から3ナンバー車に拡大するとしても、1750mm程度に抑えるのが好ましい。例えばカローラの場合、スポーツ(5ドアハッチバック)の全幅は1790mmだが、日本向けに開発されたセダンとワゴンのツーリングは1745mmだ。

 この点について、カローラの開発者は以下のように話している。

 「従来の日本仕様のカローラは、基本的に5ナンバーサイズを守ってきた。しかし現行型は、走行安定性や乗り心地などを向上させるため、海外仕様とプラットフォームを共通化して、3ナンバー車に拡大させている。それでも全幅はなるべく抑えたい。

 そこで販売の主力になるセダンとツーリングは1745mmとした。3代目のプリウスは、2代目に比べて全幅を拡大しながら、1745mmに設定して好調に売れた実績がある。そこでカローラも、1745mmまでなら、日本の市場でも許容されると考えた」。1745mmの全幅は、運転感覚や取りまわし性を悪化させない限界的な数値でもあるのだろう。

次ページは : ■今や小型車でも全幅1800mmが普通。普通車に至っては更にワイド化が進行中