キーを挿して開錠ひねって始動はもう古い…とはいえ「スマートキー」の長所と短所


 近年多くのクルマで採用されている「スマートキー」。キーを持っているだけで、「ドアロックの解錠/施錠」と「エンジンの始動/停止」ができる便利なシステムですが、トラブルも発生しています。

 ここでは、スマートキーの仕組みを解説するとともに、そのメリットとデメリットについて、そして最新のスマートキー事情についても、解説していきます。

文:Mr.ソラン、エムスリープロダクション
アイキャッチ写真:写真AC_Hinamalu
写真:写真AC、トヨタ

【画像ギャラリー】便利な反面、トラブルも… スマートキーのメリットとデメリット


「キーレスキー」から「スマートキー」へ

 スマートキーが普及する前、クルマのキーシステムは、「キーレスキー」システムが主流でした。キーに組み込まれた(LOCK/UNLOCK)スイッチによって、遠隔操作で解錠/施錠を行うキーレスキーは、1985年に発売されたホンダの3代目「アコード」に国内で初めて採用されたのを皮切りに、比較的安価な電子キーとして普及します。

 そのキーレスキーを発展させたのが、「スマートキー」システムです。キーをポケットやバッグの中にいれたままで、クルマに近づく/離れる、またはドアノブ(スイッチ)に触れることで解錠/施錠ができ、エンジンンもキーを使わず、プッシュ式スタートボタンで始動/停止できます。日本で初めて採用したのは、2000年に登場したトヨタの3代目「セルシオ」でした。その後高級車だけでなく、小型車や軽自動車にも急速に広がり、現在に至っています。

 スマートキーシステムの名称やシステム構成、操作方法は、メーカーによって多少異なります。例えば、トヨタは「スマートエントリー&スタート」、日産は「インテリジェントキー」、ホンダは「Hondaスマートキー」とよんでいます。

左:ドアの解錠/施錠がスイッチで操作できるキーレスキー(PHOTO:写真AC_たくぽん)、右:ドアの解錠/施錠とエンジン始動がスイッチで操作できスマートキー(PHOTO:写真AC_kscz58ynk)
日本初のスマートキーを採用した2000年発売のトヨタ3代目「セルシオ」

IDコードの照合により、解錠/施錠する

 スマートキーシステムでは、クルマとスマートキーそれぞれに、お互いの電波を認識するための送信機と受信機が内蔵されています。また、クルマには制御の中核となる「照合ECU」があり、スマートキーと車両間のIDコードの照合やスマートキー位置を確認し、「ボディECU」や「エンジンECU」を制御します。

 ドアロックの解錠・施錠時は、
・スマートキーを携帯した人がドアまで1~1.5m内の距離に近づくと、車室外アンテナから発信される微弱な電波をスマートキーが受信
・スマートキーからクルマへIDコードを返信
・クルマ側でIDコードが一致したと判断した場合、ドアに近づく、またはドアノブ(スイッチ)に触れたときに解錠
・施錠時も同様、ユーザーがクルマから一定距離離れる、またはドアノブ(スイッチ)に触れた時に、ID照合して一致すれば施錠

ユーザーがドアに近づくとクルマとキー間でID照合、一致すれば自動でドアロック解錠、またはドアノブ(スイッチ)に触れてドア解錠(PHOTO:写真AC_ エンリケ)

 エンジンスタート時は、
・シフトポジションがパーキング(P)、またはニュートラル(N)位置で、ブレーキペダルが踏まれていることを確認
・スタートボタンが押されると、車両とスマートキー間でID照合
・IDが一致すれば、エンジン始動

ユーザーが持ち込んだスマートキーと車両のIDが一致すれば、スタートボタンでエンジン始動(PHOTO:写真AC_きいろいインコ)

次ページは : スマートキーのメリットとデメリット