実は思わぬ掘り出し物も!? ディーラーの展示車は買いか


■新車とは違う? 同じ? 展示車&試乗車 購入時の注意点

上級グレードの車を納車待ち時間もなく購入できるのは嬉しい。反面、多くの人が乗り降りしているので車内外に傷や不具合がないか細かくチェックする手間が必要だ(xiaosan@AdobeStock)

 展示車や試乗車を購入する際に、注意する点を紹介していく。

 まずは、クルマの状態をしっかりと確認してほしい。販売店に管理されたクルマとはいえ、多くの人が乗り降りし、触っているものである。お店も知らないうちに、傷物になっている可能性は否定できない。車両の外装はもちろん、室内のシートや内装パネル等の状態をチェックし、納得したうえで購入するべきだ。

 また、必ずしも最新型のクルマでないこともある。一部改良の場合、展示車や試乗車を変えずに運用することも多い。

 つまり、購入者自身は最新のクルマを買ったと思っていても、改良前のモデルという可能性がある。クルマの型式等では判断が付かないので、販売店スタッフへ必ず確認してほしい。車台番号から、製造年月日を確認してもらえば、いつ製造されたクルマか判明するだろう。

*   *   *

 展示車・試乗車は、少々特殊な買い方であるため、知っている人だけが購入検討できる、特別なクルマだ。車検切れ間近など、すぐに納車してほしい事情がある場合には、メリットの大きい買い方であるため、活用方法は広がるだろう。

【画像ギャラリー】展示車でもいいから売って!! ……でも展示車では入手困難な国産人気車たち