N-BOX ヤリス…売れすぎなクルマのいまひとつな欠点とは


 売れすぎなクルマ=ベストセラー車だが、そのベストセラー車といえども、重箱の隅を突くようで申し訳ないが、いまひとつな部分はあるのだろうか? いやあるはずだ!

 ということで、ホンダN-BOX、スズキスペーシア、日産ノート、トヨタヤリス、カローラクロスの5台をピックアップし、いまひとつな欠点を、重箱の隅を突くようにモータージャーナリストの渡辺陽一郎氏に挙げてもらった。

文/渡辺陽一郎
写真/トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、スバル、三菱、ダイハツ、スズキ

【画像ギャラリー】ここがもったいない! 今大人気の軽自動車とコンパクトカーに改善してほしいポイントは?


■ホンダN-BOXのいまひとつな欠点→マイルドHVがない、シートの座り心地が悪く、電動パーキングブレーキがない


●2021年1~9月の1ヵ月の平均月販台数:約1万7000台

2020年11月25日に行なわれたマイナーチェンジで標準モデルはフロントグリルやロアグリルのデザインを変更し、メッキ加飾も増やしている。グリル内にある横方向のメッキバーをホンダロゴの位置に下げ、さらにバンパーの開口部にも細いバーを追加
N-BOXカスタムは逆台形メッキグリルから横長6角形のグリルケースに横線グリルを走らせたデザインへと変更することによってひと目でノーマルとカスタムの個性の幅を広げるマスクに仕立てている。さらにバンパー下部のフォグランプ回りもコの字型のメッキ追加やN-BOXカスタムのみナンバープレートの位置が右側から中央に変更

 絶好調に売れているクルマでも、欠点はある。そこを指摘してみたい。まずはホンダN-BOXだ。今は国内販売の1位はトヨタヤリスとされるが、日本自動車販売協会連合会が公表する数字には、コンパクトカーのヤリスに加えて、SUVのヤリスクロス、スポーツモデルのGRヤリスも含まれる。ヤリスシリーズの合計台数だ。

 そしてヤリスとヤリスクロスは外観が大幅に異なり、一般的にも違うクルマと認識されている。そこで登録台数を分割すると、2021年1~9月の1ヵ月平均は、ヤリスが9100台でヤリスクロスは9200台だ。N-BOXは1万7000台だから、ヤリスとヤリスクロスを大幅に上まわり、実質的に日本のベストセラーになる。

 販売が好調な理由は、前輪駆動をベースにした軽自動車では居住空間が最も広く、内装もコンパクトカーと同等か、それ以上に上質なことだ。さらに燃料タンクを前席の下に搭載したから荷室も広く、自転車も簡単に積める。実用性は高いが、欠点も散見される。

N-BOXの室内空間。スペーシアに比べるとフタのついたボックスや引き出しが少なく、後席の座り心地はタントに比べると見劣りするという

 居住空間については小柄なドライバーが運転席に座ると、圧迫感が生じる場合がある。メーターは高い位置に装着されて見やすいが、その分だけ前方の視界が悪化するからだ。

 収納設備はひと通りそろうが、スペーシアなどに比べるとフタの付いたボックスや引き出しは少ない。トレイが目立つ。

 後席の頭上と足元の空間は広いが、座り心地は、現行型で柔軟性を強めたタントに見劣りする。大腿部のサポート性を含めて向上させる余地がある。

 車両重量は標準ボディのLでも900kgと重い。全高が1700mmを超える軽自動車では、動力性能は平均水準だが、コンパクトカーに比べるとパワー不足だ。

 解決方法としてはターボを選ぶ。最大トルクはNAエンジンの1.6倍に増強され、発生回転数は2600回転と低いから、1Lエンジンを積んでいる感覚で運転できる。WLTCモード燃費の悪化率は5%と小さく、ターボは効率が優れている。

 しかもLとLターボの価格を比べると、後者が約20万円高いが、装備も充実する。Lターボには、Lでオプションのサイド&カーテンエアバッグと右側スライドドアの電動機能を標準装着した。

 パドルシフトなども加わるので、これらの価格換算額を差し引いたターボの正味価格は7万円だ。N-BOXに限らず、背の高い軽自動車ではパワー不足が大きな欠点だが、ターボを選ぶと割安な出費で解消できる。

 このほかN-BOXは、カーブを曲がったり、車線を変える時などにボディがほかの車種よりも大きめに傾く。後輪の接地性が優れているから安定性は確保されるが、タントやスペーシアに比べると、峠道などでは少し曲がりにくい。

 メカニズムや装備については、マイルドハイブリッドが設定されていない。また車間距離を自動制御できるクルーズコントロールを採用したが、パーキングブレーキが電動式ではないため、車速が時速25km未満まで下がると制御が解除される。全車速追従型になっていない。

 細かいところでは2020年11月のマイナーチェンジで要望が多かった電動パーキングブレーキが装着されなかった。

2020年11月のマイナーチェンジで電動パーキングブレーキが装着されると言われていたが装着されなかった

■スズキスペーシアのいまひとつな欠点→サイドウインドウの下端が高い、標準仕様はNAのみ、低燃費重視タイヤのため乗り心地が固い


●2021年1~9月の1ヵ月の平均販売台数:約1万1800台

2017年12月に登場したスペーシア(写真右)とスペーシアカスタム(写真左)。全車にマイルドハイブリッドを搭載し、WLTCモード燃費は22.2km/Lとクラストップ

 N-BOXに続いて好調に売れている軽自動車がスペーシアだ。全高が1700mmを超えるボディにスライドドアを装着した売れ筋のカテゴリーで、しかも標準ボディ、エアロパーツを装着したカスタム、SUV風のギアと選択肢を豊富に用意した。その結果、売れ行きも伸びている。

 天井の高いボディで車内は広く、フタの付いた収納設備、引き出し式のカップホルダーなども豊富だ。小物類が雑然としないように配慮した。

 その代わり欠点もある。水平基調のボディだから基本的に視界は良いが、N-BOXや先代スペーシアに比べると、ドライバーの視線に対してサイドウインドウの下端が高い。小柄なドライバーは、クルマに潜り込んだ感覚になり、背の低い障害物も見にくい。

可愛らしいスタイルのスーパーハイトワゴン、スペーシア。写真はハイブリッドX
N-BOXや先代スペーシアに比べるとサイドウインドウの下端が高いため、小柄なドライバーが座った場合、背の低い障害物を見にくいという

 後席の背もたれを前側に倒すと、座面も下がって簡単に畳めるが、広げた荷室の床には少し傾斜ができる。

 ターボを装着しないNAエンジンは、最大トルクが6.1kgmに留まる。車両重量はハイブリッドXが870kgと比較的軽いが、実用域を中心に、幅広い回転域で動力性能が不足する。登坂路でアクセルペダルを踏み増すと、粗いエンジンノイズが響きやすい。

スペーシアはできればターボを選びたいが、ターボはいかついカスタム系のみ。写真はXSターボ

 その意味ではN-BOXと同じくターボを選びたいが、スペーシアの場合、ターボの設定はカスタムとギアのみだ。標準ボディはNAエンジンに限られる。

 操舵感は鈍さを抑えて適度に良く曲がるが、乗り心地は硬めだ。転がり抵抗を抑えた低燃費重視のタイヤを装着して、指定空気圧は前後輪ともに240kPaと高いから、細かなデコボコを伝えやすい。

 軽自動車は燃費数値を重視して開発する傾向が強いため、乗り心地をライバル車同士で比較して選びたい。

スペーシアギアハイブリッドXZターボ。クロスオーバー風のスタイルで人気

次ページは : ■トヨタヤリスのいまひとつな欠点→後席が狭い、斜め後方と真後ろの視界は悪い、登坂路では3気筒特有の粗いノイズが耳障り、乗り心地が固い