フィットは苦戦!? ヤリスはビジネス向き!? ファミリー層におすすめはどっちだ

フィットは苦戦!? ヤリスはビジネス向き!? ファミリー層におすすめはどっちだ

 現行型で4代目モデルとなるホンダフィットと、三世代続いたヴィッツを経て車名を「心機一転」とばかりに変えたトヨタヤリスは、それぞれ2020年2月登場という同級生のコンパクトカーである。

 しかし、それぞれの今年8月までの月平均の販売台数はフィット/約4500台、ヤリス/約8500台と、2倍近い差が付いている。

 販売台数だけを見るとヤリスの圧勝なのは一目瞭然だが、ここでは「ファミリー&普通の人が買うなら」という観点を中心に、改めて2台を比較してみた。

文/永田恵一、写真/HONDA、TOYOTA

【画像ギャラリー】同い年のアイツとはいつだって比べられる!! コンパクトカー同級生ホンダ フィット&トヨタ ヤリス

■2台の概要

●フィット

2020年登場の現行型ホンダ フィット。広さを武器にファミリーカーとしても使えるコンパクトカーだ

 フィットは現行モデルも「通常リアシート下に置かれる燃料タンクを車体中央に移動するというセンタータンクレイアウトを基盤にした広さを武器にした、ファミリーカーとしても十分使えるコンパクトカー」というコンセプトは不変である。

 現行モデルはベースとなるBASIC、中核となるHOME、アクティブな雰囲気を持つNESS、ラグジュアリーなLUXE、クロスオーバーのクロスターという5つのキャラクターに加え、ホンダアクセスが手掛けたスポーティなモデューロXも設定。

 パワートレーンはCVTと組み合わされる1.3リッターガソリンと、巡行中の燃費低減に貢献するエンジン直接駆動モード付1.5リッター2モーターシリーズハイブリッドの2つだ。

●ヤリス

同じく2020年登場の現行型トヨタ ヤリス。慣れ親しんだ「ヴィッツ」の名から改名するとともにコンセプトも一新された

 ヤリスは「リアシートなど広さはそれほど重視していないド真ん中のコンパクトカー」というポジションはヴィッツ同様だが、車名を変えただけあってコンセプトは「上級車に近い機能を持つ、誰も欲しがるクラスレスなコンパクトカー」という前向きなものに一新された。

 それだけに機能面は後述する充実した機能が揃う安全装備など、クルマにこだわりがある人でも満足できるものとなっている。

 パワートレーンはCVTと組み合わされる1リッター3気筒ガソリン、CVTに加え6速MTの設定もある新開発の1.5リッター3気筒ガソリン、1.5リッター3気筒ガソリンエンジンとの組み合わせや細かな改良の積み重ねにより動力性能と燃費を高次元でバランスさせた2モーターハイブリッドの3つを設定する。

■走り、燃費

1.5リッターガソリン車は若干ノイジーではあるが、加速感やハンドリングなどスポーティーな走りが楽しめるヤリス

 ここからはフィットを基準に2台を比較していく。フィットは動力性能、ハンドリング、乗り心地など、「飛び抜けたところもないけど、大きな不満もなく、いい意味で普通」という印象で、全体的に堅実なまとまりだ。

 ヤリスは1.5リッターガソリンはちょっとノイジーなところはあるが、クルマ好きなら「エンジンの存在感」と受け入れられる点や、ハイブリッドのモーターの力強さによるクルマをグイグイ引っ張る加速感、シャープなハンドリングなど、全体的にスポーティだ。

 実用燃費はハイブリッド同士でフィット22km/L、ヤリス28km/Lといったところで、絶対値が高いだけに決定的な差ではある。しかし、後述するフィットの広さ(≒運べる量、できること)を考えれば、納得できる範囲とも言える。

次ページは : ■自動ブレーキ、運転支援機能