レアな34ナンバーの日産スカイラインGTS25t Type Mの真実とは? 【Bestcar Classic オーナーズボイスVOL.13】


 一台のクルマには、縁あってオーナーになった人との歴史や思い出があり、物語になるほどのエピソードが生まれることもある。

 そんなクルマと人との関わりを、オーナーさんに直接取材して、リアルな生の声を紹介していきたいと思います。はたして、どんな生の声が聞けるのでしょうか?

 購入した動機から、愛車に対するこだわりのポイント、年間の維持費、故障箇所、愛車の主治医まで、これからそのクルマを購入しようと思っている人にも役に立つ情報満載でお届けします。

文・写真/松村透

【画像ギャラリー】新車から27年! 20代から30代、40代をともに過ごしたスカイラインGTS25t Type M


■R33型スカイラインGTS25t Type Mを新車で購入後27年間乗り続ける理由とは?

オーナーのTAKEさん。愛車である1994年式日産スカイラインGTS25t Type M(ECR33型)とは27年の付き合い

 たかがナンバー、されどナンバー。

 今や希少な存在となりつつある2ケタナンバー。昨今ではスカイラインGT-R系よりもGTS系のほうがさらにレアな印象を受けます。

 「あした、スポーティに生きる」のキャッチコピーとともにデビューしたR33型スカイライン。当時の純正オプションだったエアロパーツに身を包み、一見するとノーマルかと思いきや、実はファインチューニング仕様だという今回のスカイライン。

 オーナーが20代前半の時に手に入れ、早27年。30代、40代をともに過ごしたスカイラインGTS25t Type Mの真実とは?

■プロフィール&愛車紹介

・お名前(HN):TAKEさん
・ご年齢:49歳
・ご職業:会社員
・所有しているクルマ(年式、グレード名):1994年式日産スカイラインGTS25t Type M(ECR33型)
・購入時期:1994年6月
・所有年数;27年3ヵ月
・購入時の走行距離:新車(納車時10kmくらい)
・現在の走行距離:80000km
・購入時の金額:約300万円

オドメーターは8万kmを超えたあたり。ここ数年は年間1,000kmの走行距離に抑え、動体保存も意識して乗っているという

次ページは : ■愛車を手に入れようと思ったきっかけを教えてください