「スカイライン消滅」は否定されたけど… 国産セダンは滅ぶしかないのか?

「スカイライン消滅」は否定されたけど… 国産セダンは滅ぶしかないのか?

 国産セダンが窮地に立たされている。昨年には「次期クラウンはSUVになる」という報道があり、今年に入って今度は「次期スカイラインは開発中止」という衝撃的な報道があった(すかさず日産首脳が「スカイラインを諦めません」という発言も)。こんなニュースが飛び交うのは、一にも二にも、セダンが売れていないからだ。

 国産セダンはどうなってしまうのか。もう以前のようにクルマ好きから支持されることはないのか。そもそもセダンの利点ってもうないのか。そんな幅広い視点から、国産セダンの危機を分析してみたい。

文/渡辺陽一郎 写真/ベストカー編集部

【画像ギャラリー】今後の運命はどうなる? 60年以上名が受け継がれるスポーツセダン 日産スカイラインを見る


■次期スカイライン開発中止報道の真実

日産の星野朝子執行役副社長。ノートオーラ発表会の壇上で、「スカイラインの開発を中止する意思決定をした事実はない」とコメント

 2021年6月12日、経済紙が「次期スカイラインの開発中止が明らかになった」と報じた。別の記事では「日産がスカイラインを含めたセダンの次期型開発を中止し、SUVや電気自動車に開発資源を集中する」という報道もあった、

 この件について日産自動車の星野朝子執行役副社長は、6月15日のノートオーラ発表会で「スカイラインの開発を中止する意思決定をした事実はない。日産はスカイラインを諦めない」とコメントした。

 星野朝子執行役副社長は、経済紙の記事を否定したと受け取れるが、そのいっぽうで「スカイラインの次期型を開発している」と述べたわけでもない。メーカーは将来の商品化について明言を避けるものだが、スカイラインが現行型で最後になる可能性も残る。

 現行スカイラインの発売は2013年だから、すでに7年以上が経過した。先代型は約8年間にわたり生産されたから、スカイラインが今後フルモデルチェンジを行う可能性もあるが、次期型の話は何も聞こえてこない。

 また、日産のセダンは、ほかの車種も設計が古い。フーガの発売は2009年、フーガハイブリッドのロング版となるシーマは2012年だ。ミドルサイズセダンのシルフィは2012年に登場して、海外では2019年に新型が投入されている。販売店は「シルフィの生産は昨年(2020年)で終了した。今は在庫車を売るが、台数は減っており、次期型の話は聞いていない」という。

■日産にはスカイライン存続のシナリオを明確に示してほしい

現行型スカイライン。2019年7月に実施されたマイナーチェンジで日産エンブレムが復活。フロントはVモーショングリル、リアは丸目4灯ランプに変更された

 フルモデルチェンジの周期は、ハイエースのような商用車やランドクルーザーなどの悪路向けSUVを除くと、長くても10年だ。10年以上を経過するとユーザーが離れてしまい、需要の継続も困難になる。

 従って、たとえば最終型のヴィッツは2010年に発売され、2020年に現行ヤリスへフルモデルチェンジされた。これが限界ギリギリのタイミングだ。最終型のエスティマは、2006年に発売され、2016年にフルモデルチェンジではなくマイナーチェンジを受けた。その結果、2020年には販売を終えている。

 このように、発売されて10年を経過するか否かは、その車種の存続を予想する上で大切な分岐点になる。

 ちなみに現行マツダ6は、2012年に3代目アテンザとして発売された。今年で9年を経過するが、マツダはすでに、次期マツダ6がエンジンを縦置きにした後輪駆動車になって登場することを実質的に公表している。

 日産はこのような今後の経営計画のうえでも、スカイライン(インフィニティQ50を含む)について何も述べていない。2020年度決算発表記者会見で、今後登場する新型車を披露した時も同様だ。「スカイラインを諦めない」のは素晴らしいことで、クルマ好きの願いでもあるが、裏付けも欲しい。存続させるなら何らかの方向性を示すべきだろう。

次ページは : ■セダンの販売比率はわずか8%!

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

 熱狂と感動の東京オリンピック/パラリンピックは閉幕しましたが、自動車業界は今もこれからも熱いです!…

カタログ