譲れないもがある…でもこれなら譲れる?? クルマ好きでも満足できるスライドドア車 5選


 これだけミニバンが世に普及しても、重度のクルマ好き、いわゆる「カーマニア」や「エンスー」と呼ばれる人種にとって、スライドドア車なんて乗れない! と考えている。一方で、独身時代はヒンジドアを貫いてきた漢たちでも、幼い子どもやママたちを前にして、泣く泣くスライドドアに乗り換えるパターンが見られるのは確かだ。

 そこで今回は、カーマニアを自称しながら過去に一度だけスライドドアを購入した経験のある清水草一氏に、「スライドドアながらクルマ好き的需要も満たすクルマ」を5台選出してもらった。はたしてスライドドア車にカーマニアを納得して購入させるだけの魅力的なポイントが見つかるのだろうか?

文/清水草一 写真/トヨタ、ダイハツ、本田技研工業、グループPSA

【画像ギャラリー】走りよし、使い勝手よし、個性よし!! 満足度の高いスライドドア車たち(写真12枚)


■現在は充実したラインナップから選べる!

軽自動車からフルサイズモデルまであらゆるクラスのモデルが揃っている日本はまさにスライドドア天国!

 クルマ好き、運転好きにとって、スライドドア車など邪道中の邪道! という感覚は、多少なりともあるのではないだろうか。そんなのクルマじゃなくてバスだ! 単なる移動のための道具だ! という(バスマニアの皆様、申し訳ありません)。

 そう考えるのは、昭和世代に限らない。20代、30代であっても、尖がったクルマ好きには、「男は黙ってヒンジドア」という思いがあるようだ。つまり、運転手が主役のクルマである。スライドドア車は、自分以外の家族が主役。主役の座を奪われる悲しみは、俳優だけのものではない。

 そんな時、30代のクルマ好きから、こんな相談を受けた。

 「ずっとMTのスポーツカーを乗り継いできましたが、子どもが生まれて、さすがに乗り換えを迫られ、今は4枚ドア車です。しかも、最近子供が一人増えました。3歳と1歳の我が子を前に、スライドドアの誘惑にかられています。カングーのディーゼルMTは本気で欲しかったですが、あっという間に売り切れ。スライドドアながらエンスー的需要も満たすクルマはないでしょうか?」

 実は筆者も、そういう子育て期に一度だけスライドドア車(エスティマ・ルシーダ)を買ったことがある。しかしその運転感覚は、まさに「バス」だった。納車3日後には海に沈めたくなるほど退屈で、1年半で買い替えた。当時(90年代前半)はまだスライドドア車自体がそれほど多くなく、選択肢が限られていたのである。

 しかし今は違う。スライドドア車は国内販売の主力だけに、あらゆるラインナップが揃っているし、なかには運転が楽しいクルマもある。そこで今回は、使い勝手やサイズなどは完全に無視し、「スライドドアだけど運転が楽しくて、クルマ好きに刺さるクルマ」という視点で、意外な(?)ベスト5を選んでみた。

■5位/まさか! のアルファード

2021年4月に一部改良され、ワンタッチスイッチ付デュアルパワースライドドア、アクセサリーコンセントを全車標準装備となったアルファード

 「ええっ!?」っと思われたクルマ好きも多いだろう。アルファードは、いわゆるエンスー好みとは対極に位置する大型ミニバン。エンスー最大の敵と言っても過言ではないのだから。

 現行型アルファードが登場した時は、そのデザインのインパクトに衝撃を受け、感服した私だったが、走りはまったく物足りなかった。オラオラ顔の割には、ハイブリッドでもガソリンでも絶対的なパワーが足りずにオラオラできないし、なによりボディ剛性が足りない。このクルマは、走りの楽しさなんかどうでもよく、ひたすら見た目の威圧感と室内のゴージャスさだけを追求している……と認識した。

 しかもゴージャスなのは装備だけで、ボディ剛性不足により、乗り心地もあまりよくない。こんなクルマに乗っている日本のVIPたちはカワイソーだな(2列目でも)、とすら思っていた。

 しかし今年、久しぶりにアルファード(ハイブリッド)に乗ってビックリ。印象が大幅に変わっていた。ボディはしっかりしているし、ハイブリッドのアクセルレスポンスも妙にいい。ちょっとコーナーを攻めてみても、驚くほど安定している。いつのまにこんなクルマになっていたんだ!? 結構走りが楽しいぞアルファード! だからって、エンスーは買わないと思いますが……。

次ページは : ■4位/かわいくてホンワカしたムーヴ キャンバス