名車に乗って大暴れするドタバタコメディ!! 映画『キャノンボール』を観る!!

オールスターキャストが車に乗って繰り広げるドタバタコメディ!! 映画『キャノンボール』を観る!!

 スーパーカーブームの後期にランボルギーニやフェラーリが登場し、多くのハリウッドスターに加えて大人気のジャッキー・チェンが出演して大ヒットした映画『キャノンボール』。

 登場したカウンタックLP400Sが歴史的な車両として登録されるなど話題の作品をご紹介しよう!

文/渡辺麻紀
写真/ツイン、Aston Martin、Lamborghini
(C) 2010 Fortune Star Media Limited. All Rights Reserved.

【画像ギャラリー】アメリカンテイスト溢れる軽快な主題歌も必聴!! 映画『キャノンボール』とランボルギーニ カウンタック(10枚)画像ギャラリー

■豪華キャストのコメディーシリーズが得た自動車界の栄誉

ワシントンD.C.のナショナルモールに佇むランボルギーニ カウンタックLP400S。映画のオープニングから颯爽と登場し、まさに『つかみはOK』という存在感を見せつけた

 先日、車ファンにとっては何とも楽しいニュースが届いた。

 2009年に設立された米国の「ナショナル・ヒストリック・ヴィークル・レジスター(National Historic Vehicle Register)」に、『キャノンボール』に登場した車、ランボルギーニカウンタックLP400S(#112112)が登録されることになったのだ。これで正式に米国の自動車文化遺産として認められたことになる。

 『キャノンボール』が製作されたのは1981年。今年で40周年を迎えたことも手伝って、この栄誉が贈られたという。

 『キャノンボール』は、香港の映画製作会社、ゴールデンハーベストと、米国の大手スタジオ、20世紀FOXの合作によるカーアクション・コメディ映画。日本では1981年のお正月映画として公開され大ヒットした人気作だ。

ランボルギーニカウンタックを使うのも贅沢だが、ドタバタコメディにそうそうたるスターたちを起用するのもまた贅沢。キャストの中には文字通り星になったスターも (C) 2010 Fortune Star Media Limited. All Rights Reserved.

 オールスターキャストが大きなウリのひとつになっていて、バート・レイノルズを筆頭に、当時、ジェームズ・ボンドを演じていたロジャー・ムーア、『チャーリーズ・エンジェル』で大ブレイクしたファラー・フォーセット。

 懐かしいところでは人気シンガーのサミー・デイビスJr.とディーン・マーティン、香港からはジャッキー・チェンとマイケル・ホイが出演。

 ジャッキーはなぜか日本人という設定で、彼の本格的ハリウッドデビュー作になっている。

 彼らが、それぞれの車を駆って、東海岸から西海岸の5000kmを横断する非公認のカーレース、“キャノンボール”に参加し、大騒動を巻き起こすのだ。

■アメリカの映画はアクションもおふざけもケタ違い!

このカウンタック、なんと12本出しマフラーを装備。12本すべてがマフラーとしての機能を果たしているのかは疑問だが、この壮大さとバカバカしさは映画の内容を体現しているといえる

 映画の冒頭、レイ・スティーブンスが歌う有名なテーマソングとともに登場するのが今回、殿堂入りを果たした黒のカウンタック。

 この車に乗った美女が「SPEED LIMIT 55mph(およそ88km/h)」と書かれた交通標識に赤のスプレーで×印をつけて走り去ると、そのあとをパトカーがサイレンを鳴らしながら追跡するというエピソードで幕を開けるのだが、このふたつの車のカーチェイスが何といってもかっこいい。

 カウンタックが、アッという間にパトカーと差をつけ走り去ってしまうからだ。このカウンタックを筆頭に、キャノンボール・レースにはクセ者ドライバーとそのキャラに合わせた車が登場する。

 主人公のバート・レイノルズ扮するJJチームが選んだのは、スピードを出しても交通法規を守らなくても許されるだろう救急車。こちらはダッジトレーズマンの救急車仕様になっている。

 金持ちの道楽息子役のロジャー・ムーアが乗るのは、当然というかやっぱりというかアストンマーティンDB5。これはショーン・コネリーが『ゴールドフィンガー』(64)で運転していた車と同じ。

 助手席にセクシーな美女を座らせ、シャンパンを飲みつつ、ライバルが近づくとスモークを焚いたりして、まさにボンドカーのノリ。音楽もお馴染みの『007』のテーマ曲という念の入りようだ。

 ロジャー・ムーア時代のボンド映画ではアストンマーティンは一度も使われたことがないのに、このセルフパロディ映画では大盤振る舞いというのが面白い。

道楽息子役のロジャー・ムーアが乗るアストンマーティンDB5。この車が『007』シリーズに登場した際はショーン・コネリーが運転していたのだが、そんなことはお構いなし

 デイビスJr.と、いつも酔っぱらっている赤ら顔のマーティンのコンビは神父に化けて真っ赤なファラ―リ308GTSをドライブ。神父とフェラーリというミスマッチは、あちこちで騒動を引き起こす。

 そしてドライバーのジャッキーと、メカニックのマイケル・ホイの日本人設定チームが駆るのはスバル1600スウィングバック4WD(輸出名)ことレオーネだ。当時北米では珍しい乗用車の4WDで、ドア部分に「4WD」と大きくペイントされている。

 日本であることを意識してなのか、車内にはコンピュータやビデオデッキが搭載されていて、さしずめハイテクカーのつもり。そのビデオデッキで、疲れ果てたジャッキーがポルノ映画の『グリーンドア』を観るジョークもあるが、彼のファン的に見どころは後半に見せるアクション。

 バイク暴走族のヘルズエンジェルらしき一団と、ジャッキーにしてはささやかなアクションを見せている。その暴走族のリーダーを演じているのは、ニューシネマの傑作と言われる『イージーライダー』(69)で、さすらいのバイカーを演じていたピーター・フォンダというのも、ちょっとしたサプライズだ。

 また、何でも札びらで解決しようとするアラブの王族チームの車は、お金持ちらしくロールス・ロイスのシルバーシャドウ。セクシー作戦で警官を惑わす女性チームはオープニングのランボルギーニ・カウンタックを走らせる。

 そのほかにもシボレー・マリブ、ポンティアック・ファイヤーバード・トランザム等が登場している。

次ページは : ■ユルさも味わい! スクリーンの向こうに古き良きアメリカが