アストンマーティンが大活躍する映画『007 スペクター』を観る!!

最新作鑑賞前に前作のおさらい! 『007 スペクター』を観る!!

 1963年に発売された名車アストンマーティンDB5は、世界中に多くのファンを持つが、そのきっかけの一端となったのは映画の『007』シリーズだろう。

 『ゴールドフィンガー』に登場した「ボンドカー」のDB5は、流麗なスタイリングに加え、銃や防弾板、煙幕装置などの装備を持ちスパイカーにふさわしい仕上がりだった。ミニカーなどの玩具も発売され、当時の子供たちにも大人気だったのだ!

 そんなDB5は、ダニエル・クレイグが主演する最新の007シリーズにも登場する。今回はアストンマーティンが大活躍する映画『スペクター』をご紹介しよう。

文/渡辺麻紀、写真/ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント、アストンマーティン

【画像ギャラリー】ボンドカーのスパイギミックにビックリ!!『007 スペクター』を楽しもう!!


■最も有名なボンドカー アストンマーティン DB5

アストンマーティンDB5。演出上のさまざまな仕掛けの印象が強く、ボンドカーといえばアストンマーティンを想像する人も多い

 キャラクターのアイデンティティを表すアイテムとしての車のなかで、もっとも有名なのは『007』シリーズのアストンマーティンDB5だろう。

 このシリーズの第3作目、ショーン・コネリーがジェームズ・ボンドを演じた『007/ゴールドフィンガー』(64)のときからボンドの愛車、ボンドカーとして登場している。マシンガンや煙幕、可変ナンバープレート、無線電話等、さまざまな機能を搭載した、まさに絵に描いたようなスパイカーだった。

 あまりにこの組み合わせの印象が強いせいか、すべてのシリーズ作品でアストンマーティンが使用されているようなイメージだが、実はそうでもない。

 日本を舞台にした『二度死ぬ』(67)ではトヨタ2000GT、ボンド役がロジャー・ムーアにバトンタッチされてた3作目『私を愛したスパイ』(77)では、潜水艇に変形するロータス・エスプリ、『オクトパシー』(83)ではベンツ250SE等、実にさまざまな車を起用しているのだ。

 アストンマーティンがボンドカーとして再び注目を浴びるようになったのは、ダニエル・クレイグが6代目ボンドを襲名した『007カジノ・ロワイヤル』(06)以降。クレイグがこの車をお気に入りなのか、すべての作品でボンドカーとして使用されている。

 そこで今回は、クレイグ・ボンドの見納めになる新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』の公開に合わせて、前作『007スペクター』(15)をおさらいしておきたいと思う。

■宿敵登場!! 自らの過去と対峙していくボンド

『スペクター』で4作目のボンドとなるダニエル・クレイグ。歴代ボンド同様、スーツ姿が実にさまになっている

 『スペクター』の前作、シリーズ最高傑作とも言われる『007スカイフォール』(12)で自らの過去と向き合ったジェームズ・ボンドが、引き続き過去に追いかけられるというストーリー。

 彼を地の果てまでも追いかけようとするのが、タイトルにもなっている秘密組織スペクターの首領ブロフェルド(クリストフ・ヴァルツ)。実はふたりの間には複雑で深い因縁があったという設定で、ボンドは新任のM(レイフ・ファインズ)の命令を無視し、ひとりでこの巨大組織に立ち向かって行く。

 そんな孤立無援のボンドをバックアップしてくれるのはお馴染みのQ(ベン・ウィショー)とマネーペニー(ナオミ・ハリス)たち。

 009のために作ったというプロトタイプのアストンマーティンDB10を(結果的に)ボンドに譲り、マネーペニーは上司のMに内緒でさまざまな情報を流してくれる。この辺のチームワークはシリーズものならではの面白さだ。

 そのDB10は(字幕では)何と5億5000万円! もちろんスパイカーとしてカスタマイズされているからこそのお値段なのだろうが、思った以上にお高い印象ではある。

『スペクター』でボンドカー(の1台)となるのはアストンマーティンDB10。もちろんスパイギミック満載だ

 3.2秒で時速100キロに加速可能で完全防弾、さらにさまざまな機能を搭載したこのゴージャスな車が真価を発揮するのは深夜のローマ市街地。

 好きな音楽から、火炎放射器やマシンガン、さらには「ARI」のスイッチを押すと車の座席のまま外に飛び出しパラシュートで落下出来るという、いたれりつくせりの機能をボンドは、敵に追われて車を走らせつつ実践して行く。

 この設定のおかげで、スリルと笑いがミックスされたカーチェイスシーンになっているのだが、最後は川にドボン。5億5000万円が……いや、本当にもったない。

 ちなみに、このアストンマーティンはシリーズで初めての映画のために作られたオリジナル。10台生産され、撮影に8台、プロモーション用に2台使われ、そのうちの1台はオークションに出品。

 何でも243万4500ユーロで落札されたという。今のレートで日本円に換算すると驚愕の3億1500万円! 一体誰が手に入れたのでしょうか。

次ページは : ■数々の名車・高級車を使って繰り広げられるカーチェイス