アストンマーティンが大活躍する映画『007 スペクター』を観る!!

アストンマーティンが大活躍する映画『007 スペクター』を観る!!

 1963年に発売された名車アストンマーティンDB5は、世界中に多くのファンを持つが、そのきっかけの一端となったのは映画の『007』シリーズだろう。

 『ゴールドフィンガー』に登場した「ボンドカー」のDB5は、流麗なスタイリングに加え、銃や防弾板、煙幕装置などの装備を持ちスパイカーにふさわしい仕上がりだった。ミニカーなどの玩具も発売され、当時の子供たちにも大人気だったのだ!

 そんなDB5は、ダニエル・クレイグが主演する最新の007シリーズにも登場する。今回はアストンマーティンが大活躍する映画『スペクター』をご紹介しよう。

文/渡辺麻紀、写真/ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント、アストンマーティン

【画像ギャラリー】ボンドカーのスパイギミックにビックリ!!『007 スペクター』を楽しもう!!


■最も有名なボンドカー アストンマーティン DB5

アストンマーティンDB5。演出上のさまざまな仕掛けの印象が強く、ボンドカーといえばアストンマーティンを想像する人も多い
アストンマーティンDB5。演出上のさまざまな仕掛けの印象が強く、ボンドカーといえばアストンマーティンを想像する人も多い

 キャラクターのアイデンティティを表すアイテムとしての車のなかで、もっとも有名なのは『007』シリーズのアストンマーティンDB5だろう。

 このシリーズの第3作目、ショーン・コネリーがジェームズ・ボンドを演じた『007/ゴールドフィンガー』(64)のときからボンドの愛車、ボンドカーとして登場している。マシンガンや煙幕、可変ナンバープレート、無線電話等、さまざまな機能を搭載した、まさに絵に描いたようなスパイカーだった。

 あまりにこの組み合わせの印象が強いせいか、すべてのシリーズ作品でアストンマーティンが使用されているようなイメージだが、実はそうでもない。

 日本を舞台にした『二度死ぬ』(67)ではトヨタ2000GT、ボンド役がロジャー・ムーアにバトンタッチされてた3作目『私を愛したスパイ』(77)では、潜水艇に変形するロータス・エスプリ、『オクトパシー』(83)ではベンツ250SE等、実にさまざまな車を起用しているのだ。

 アストンマーティンがボンドカーとして再び注目を浴びるようになったのは、ダニエル・クレイグが6代目ボンドを襲名した『007カジノ・ロワイヤル』(06)以降。クレイグがこの車をお気に入りなのか、すべての作品でボンドカーとして使用されている。

 そこで今回は、クレイグ・ボンドの見納めになる新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』の公開に合わせて、前作『007スペクター』(15)をおさらいしておきたいと思う。

次ページは : ■宿敵登場!! 自らの過去と対峙していくボンド

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ