アゲるかサゲるか!? 最先端軽トラチューニングを知る

人気沸騰、軽トラカスタムは リアルプラモデルの世界

 軽トラが安くて楽しめる素材として近年人気を集めている。そして、そのカスタムには車高を上げる系と下げる系の大きく分かれるという。それぞれどんな狙いで上げ下げするのか、軽トラカスタムショップであるGTカープロデュースに聞く。


文/加茂 新
写真/加茂 新

【画像ギャラリー】アゲ? サゲ ?軽トラカスタムあなたはどっち派?(35枚)画像ギャラリー

■アゲ系かサゲ系かに二分されるカスタムベクトル

軽トラカスタムは、「アゲ」も「サゲ」も存在し、どちらでも楽しめる

 スポーツカーは普通車高は下げる。クロカン系はカスタムすると車高は上げる。これが基本。しかし、軽トラの場合、車高を上げるか下げるか、どちらのカスタムも存在する。

 どっちでも楽しめるのが軽トラの世界なのだ。

■サゲ系はリーフスプリングが敵となる

 サゲ系はいわゆるシャコタン系。車高調を入れて、リアは専用板バネ(リーフスプリング)を入れて車高を落とす。かっこよさはもちろんのこと、その盛り上がりを受けてGTカープロデュースではミニサーキットでイベントを開催。年間5戦のシリーズ戦で、4戦はタイムトライアル(1周のベストタイムを競う。F1の予選のようなもの)と、1戦のスプリントレースを東海圏のサーキットで開催しているのだ。

走りのサゲ系。エンジンはNAのまま100psを絞り出すという

 当初から存在していたのはこのサゲ系のみ。流れとしてはビート、カプチーノ、アルトワークスなどがチューニングベースとして人気で、シルビアなどと同じように車高を下げて足を引き締め、吸排気チューンやタービン交換などでパワーアップしてどんどん速くなっていった。そのベースが軽トラだったということなのだ。

 GTカープロデュースでもデモカーを製作。NAチューンで約100psものパワーを発揮したエンジンを搭載する。わずか100psだが、ノーマルはキャリィもハイゼットも46psほど。2倍以上のパワーは相当に刺激的であり、それを普通車に比べれば遥かに抑えたコストで楽しめる。

 注意点としてはこのリアのリーフスプリングが社外品にするとそのままでは車検に通らない。強度検討書を元に事前に申請しておかないといけない。コイルスプリングのダウンサス化はなんの問題もないが、リーフスプリングは手間なのだ。

次ページは : ■意外にハードルが低いのはアゲ系