もっと有意義な使い方を! 危険性の少ない路上で待ち構える移動式オービスのナゼ

もっと有意義な使い方を! 危険性の少ない路上で待ち構える移動式オービスのナゼ

 どう考えても理不尽な取り締まりを受け、イライラモヤモヤしたことはないだろうか。たいして危険とも思えないような広い道で『移動式オービス』をセットして待ち構えていることも多い。

 この移動式オービス、子供が歩くような道での速度違反を取り締まるために導入すると言われていたが、今はちょっと事情が変わっているようだ。

 移動式オービスの最新情報を国沢光宏氏がレポートする。

文/国沢光宏、写真/AdobeStock(トビラ写真=Aliaksandr Marko@AdobeStock)

【画像ギャラリー】子供が歩く道路の安全を守るはずだったのに!? 移動式オービスの最新事情(5枚)画像ギャラリー

■最初の目的と違う! 移動式オービスの『理不尽な使われ方』

移動式オービスは、正式には『可搬式速度自動取り締まり機』という。1セットで1000万円を超えるシロモノだ(Brastock Images@AdobeStock)

 おそらく多くのドライバーは街中で見かける警官や事件を捜査する刑事に対し友好的な気持ちを持てるが、こと交通違反を取り締まる警官見ると嫌悪感に包まれるんじゃなかろうか。かくいう私も同じ。なぜか?

 こらもう簡単。「捕まったら運が悪い」としか考えられないほど理不尽な取り締まりばかりしているからだと思う。

 考えて頂きたい。誰だって小さい子供のいるような道での速度違反や、交通の邪魔になるような場所への駐車違反など無法運転をしている輩をしっかり取り締まって欲しいと思っている。

 けれど現実的には高速道路でもいいような高規格の道なのに50km/h制限となっている区間で待ち構える。駐車違反も取り締まり側の都合で決まってしまう。

 本題から脱線した。いわゆる「移動オービス」(可搬式速度自動取り締まり機)の運用についての最新情報です。1セット1000万円少々する移動オービス、当初は小さい子供が歩くような道での速度違反を取り締まるために導入すると言われていた。

 実際、歩道と車道の区別のないような道をかなりの速度で走る輩が存在する。明らかに危険だ。

 危険な車両はどんどん取り締まってもらいたいのだけれど、こういった道路だと白バイやパトカーの追尾式取り締まりはむしろ危険。かといってレーダーや光電管を使うオーソドックスな方式の「ネズミ捕り」も、スペースの関係で難しい。

 そこで考案されたのが移動式オービスである。文字通り1BOXカーで運べ、簡単に設置可能。

 ネズミ捕りと違いその場でクルマを止めて反則切符を切る手間がないため、無制限に取り締まれるという効能を持つ。これで子供の安全は大幅に改善されたか?

 どうやら全く役に立っていないようなのだ。むしろ「子供を守る」という本来の目的を捨て、それほど危険性のない「高速道路の制限速度が低くなっている区間」で使われている。

■費用対効果重視の本末転倒

スピードを出したら危険な道路で取り締まられたのなら納得できる。現実的ではない制限速度なのに、それを守っていないという理由で取り締まられるからモヤモヤするのだ(Imaging L@AdobeStock)

 もう少し具体的に書くと、制限速度60km/hとか70km/hの区間。

 なぜか? オービスの場合、それなりの危険性がある速度じゃないとプライバシーの問題あるため取り締まれないからだ。一般道だと25km/h未満は前科にすらならない反則金で、お金払えばおしまいという軽微な違反。プライバシーを天秤に掛ければ、プライバシーの勝ち。

 そこで走っているドライバーや助手席の人の顔までハッキリ写ってしまうオービスの取り締まり対象を「罰金になるような速度以上」としている。

 首都高は大半が60km/h以下。そこを90km/hで走っていたら捕まえられと思えばいい。80km/h制限の高速道路も110km/hで捕まえられる。移動式オービス、そういった運用をされ始めた。

 なぜ子供の安全確保のため使ってくれないのだろうか?

 いろいろ調べてみたら(警察に直接聞いてもこの手の質問には答えてくれない)、どうやら運用してみたものの、ほとんど取り締まれなかったらしい。子供が歩いているような道路、大半は30km/h制限。そこを60km/h以上出しているクルマは”ほぼ”いないということです。

 確かに私の家の近所の通学路や通園路、30km/h制限であり、そこを60km/hで走っているような無法者は限りなく少ない。

 ただスピードガンで計ってみたら50km/hくらいまでの車両は非常に多い。車道と歩道の区別ない道路を50km/hで走っていたら十分危険。されどオービスだと20km/hオーバーを取り締まれないのだった。

 そんなことから高い予算を投じて導入した移動オービスの運用実績が上がらず、比較的簡単に取り締まれる高速道路の「低速区間」で使われるようになったらしい。

 子供の安全などどこかに行ってしまい、コストパフォーマンス重視になっている。こうなると「子供安全どうする?」と思うのだが、現時点で有効な対策無し。

 参考までに書いておくと、欧米は30km/h区間の速度制限をきっちり守る。理由は簡単。制限速度の決め方が妥当だからだ。

 日本のように守る気にならないほど低い速度制限だと、基本的に皆さん守れない。欧米の制限速度、コーナー手前で50km/hと表示されていたら、本当に50km/hがやっと。頑張って60km/hというイメージ。

 したがって制限速度は守るべきものと認識している。一方我が国で妥当だと感じる制限速度などなし。強いて言えば幼児が歩く車道と歩道の区別の無い30km/h制限くらいだ。

 警察は腰を据え、制限速度の正当化を行うべきじゃ。デタラメの制限速度だと基本的に速度表示を見て遵法運転しなければならない自動運転だって難しい。

【画像ギャラリー】子供が歩く道路の安全を守るはずだったのに!? 移動式オービスの最新事情(5枚)画像ギャラリー