ホンダ シャトルまさかの廃止?? ほか人気車&注目車の最新動向取って出し


 毎月200店以上の新車ディーラーを回り、「生」の新車情報を届けてくれる流通ジャーナリストの遠藤徹氏。

 フルモデルチェンジを直近に控えているクルマの場合、生産調整なども行われるため買いたくても買えないというケースも出てくる。ニューカーの登場スケジュールを把握しておくことは重要なのだ。

 遠藤氏のレポートを読めば新車情報は万全!! 今後登場を予定している最新新車情報をドドンとピックアップ!

※本稿は2021年10月のものです
文/遠藤徹 予想CG/ベストカー編集部 写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2021年11月10日号

【画像ギャラリー】国内自動車最新情報をギャラリーでクイックチェック!!(18枚)画像ギャラリー

■ホンダがシャトルを廃止?

ワゴン市場は縮小傾向のためモデルチェンジせずに廃止するのではないかと言われるホンダ シャトル

 ホンダ シャトルは来年5月で現行モデル発売後、7年が経過し世代交代の時期を迎えます。

 しかし首都圏の販売店筋では、「フルモデルチェンジせずに廃止するのではないか」という噂が流れています。

「ワゴン市場は縮小傾向だから、異なるコンセプトの新型車に引き継ぐべき」という見方が強まっています。

 現時点でマーケットニーズが圧倒的に高いのはSUVながら、ホンダは現在ヴェゼルとCR-Vの2車種のみです。ヴェゼルは大ヒットしていますが、CR-Vは販売面で苦戦しています。

 それゆえヴェゼルの下のクラス、トヨタライズやダイハツロッキー、日産キックス、マツダCX-3などへの対抗馬の登場が切望されています。

 パワーユニットは1.5Lガソリン&ハイブリッド、新開発の1L 3気筒ターボなどが予想されます。価格は190万〜230万円程度の設定となりそうです。月販5000台程度の戦略モデルの位置づけです。シャトルの後継としてワゴン的なコンセプトを盛り込むとの見方もあります。

■ホンダ、軽自動車の電動化戦略はどうなる?

日産&三菱は軽EVを来年春に市販すると公表。ホンダがどう対抗するのかに注目。写真は2019年に公開された日産IMk

 ホンダの軽自動車における電動化は1モーター方式によるストロングハイブリッド&EVで対応するのが濃厚です。どちらも技術的にクリアしていますが、コストアップに配慮する必要があります。

 最もコストがかからないのはマイルド方式ですが、すでにスズキ、日産、三菱が実用化していて追随という評価になりかねません。

 ストロング方式は現在どこの軽自動車メーカーも実用化していないので、ホンダの優位性をアピールできます。

 EVは日産と三菱が来春にも先行して発売することを明らかにしています。こちらについては航続距離や充電関連などで、今後対抗できる余地が残されているので、投入のメリットがあります。

 政府は2030年代に100%ガソリン車を廃止するとの方針を明らかにしており、最も対応策が難しいとされる軽自動車の動向が注目されています。

次ページは : ■トヨタ 次期型ノア/ヴォクシーは来年1月下旬に発表・発売