なぜ人気沸騰? 日本で不発でも米国で大ブレイクして高騰する「JDM」7選


 最近、あまり日本の路上で見かける機会が減ってきたクルマの多くの向かう先はというと、ひっそりとスクラップ工場に集められたり、人里離れた草むらや広場に放置されて・・・という光景を思い浮かべるかもしれない。

 その事実に変わりはない一方で、海外に活路を見出し、第二の人生を送っているケースも少なくない。

 日本における平均使用年数とは? そして、海外に活路を見出した日本車を7台ピックアップして紹介する。

文/松村透
写真/トヨタ、日産、ホンダ、三菱、マツダ、スバル、スズキ、Adobe Stock(akiyoko、Zsolt Biczó、puckillustrations)


【画像ギャラリー】気づけば30年選手!? いまだに色褪せない魅力を放つ日本車

■JDMとは?

ジョルジェット・ジウジアーロが率いる「イタルデザイン社」が手がけたプロトタイプがデザインのベースとなっていることも当時話題となった初代アリスト

 クルマ関連の記事で「JDM」というキーワードを目にしたことがあるかもしれない。

 JDMとは「Japanese domestic market」の頭文字を取った略語だ。直訳すると「日本国内市場」ということになる。それが転じて、海外では日本仕様に近い(あるいは準じた)カスタムを総称して「JDM」という呼称が浸透しているようだ。

セルシオのフロントグリルに装着されたトヨタのエンブレムをレクサスに交換するユーザーも存在した(画像は左ハンドル仕様のレクサスLS)

 一昔前なら、日本人のユーザーがトヨタのエンブレムをレクサスに、日産をインフィニティ、そしてホンダをアキュラに「わざわざ」交換したことと逆のパターンが起こっているわけだ。

 つまり、オリジナル(日本仕様)に近いほど現地では珍重され、賞賛の声が集まる。

 かつて、日本国内で左ハンドル仕様のレクサスLS(初代セルシオ)や、ミアータMX-5(ユーノスロードスター)を路上で見かけて「おおおおっ!珍しい」と声を挙げた感覚の逆バージョンそのものといえる。

一見するとユーノスロードスター、しかし左ハンドル仕様のミアータMX-5

 それなりのキャリアを持つクルマ好きにはピンとこないかもしれないが、日本の路上を走っていたクルマそのものが外国の人たちの憧れになっている現実がある。まさに隔世の感といえるだろう。

■日本におけるクルマの平均生涯は13.87年

令和3年3月末の乗用車(軽自動車を除く)の平均使用年数は13.87年だという(出典:一般財団法人 自動車検査登録情報協会)

 令和3年3月末の乗用車(軽自動車を除く)の平均使用年数※は13.87年となり、前年に比べ0.36年長期化し、6年連続の増加で過去最高となった(出典:一般財団法人 自動車検査登録情報協会)。

 このデータは、国内で新規(新車)登録されてから抹消登録するまでの平均年数を算出している。ただし、減少台数には一時抹消も含まれるため、自動車が完全にスクラップされるまでの期間とは若干異なる。

 一概にはいえないが、新規登録されてから平均で約14年間、日本の路上を走っているという指標になるだろう。

 これを長いと感じるか、短いと思うかは人それぞれだと思う。これはあくまでも仮説だが、オーナーが毎年納税しているであろう自動車税が、初年度登録から13年を超えると15%増税されることが関係している可能性も否定できない。

 参考までに「自動車税種別割月割税率表(自家用)」を表にまとめてみた。
・令和元年10月1日以後初回新規登録
・令和元年9月30日以前初回新規登録
・新規登録から13年以上経過(15%課税)

新規登録から13年以上経過しただけで毎年5千円〜1万円前後の出費が増えることになる。決して安い出費ではない

 排気量によって異なるが、新規登録から13年以上経過しただけで毎年5千円〜1万円前後の出費が増えることになるのだ。

次ページは : ■アメリカで輝きを取り戻した日本車7選