中学生の時にひと目惚れし約21年愛し続ける1990年式ユーノスコスモ 20BタイプE-CCSの真実とは?【Bestcar Classic オーナーズボイスVOL.14】


■ユーノスコスモを手に入れようと思ったきっかけを教えてください

 中学生の頃、街で黒いユーノスコスモのリアビューを見かけてひと目惚れしました。「この世にこんな美しいクルマがあるのか!」という衝撃は今でも忘れられません。

 実はそれまで大した夢はありませんでしたが「将来はユーノスコスモに乗ってやる!」と強く思いましたね。それまでいいなと思っていたセラやスカイラインGTS-tタイプM(R32型)と同じくらいの値段だと想像していたんです。しかし、車両本体価格を知って愕然としました。

 それでも諦めきれず、両親や親戚に「将来、仕事に行く前に新聞配達をしてでもユーノスコスモを買う!」と断言しました。とはいえ「そんなことができるわけがない」と反対されてしまったんです。

 結局、「何をいわれても買う」という頑固な性格を知っていたはずですから、大人になって実際に手に入れた時は「大事にしなさい」といってくれました。

当時中学生だった松本少年のココロを一瞬でわしづかみにしたユーノスコスモのリア。他のどのクルマとも似ていないことに気づく

■愛車との濃いエピソードについて聞かせてください

●ディズニーランドの帰り道にSAでユーノスコスモに遭遇!

 中学生の時、子供会のイベントでディズニーランドに行った時のことです。サービスエリアでトイレ休憩に寄ったら、私の個体と同じコバートグレーOPMのボディーカラーをまとった20BタイプE-CCSが停まっていたんです。

 なかなか巡り逢えるクルマではなかったので驚きましたね。慌ててバスに戻り、カメラを持って走り去る姿を撮影することができました。この時のネガをA3サイズにプリントアウトして実家に飾っていました。

松本少年が中学生の時に遭遇したユーノスコスモ。A3サイズにプリントアウトして飾ってあるという(画像提供:松本和紀さん)

●1人でユーノスのディーラーにカタログをもらいにいった

 これも中学生の時のエピソードなのですが、一目惚れしたあとの最初の休日に、どしゃ降りの雨のなかバスを乗り継いでディーラーに行き、ユーノスコスモのカタログをいただいたんです。

 まだ中学生だった私に対して、ユーノスディーラーの方たちが大歓迎してくださり、コーヒーをいただきながらセールスさんのユーノスコスモへの熱い想いを伺いました。

 この時、ショールームにユーノスコスモはありませんでしたが、ディーラーの方たちの対応に感激し、その場で「将来、ユーノスコスモを買います!」と誓約書を書きたかったくらいに興奮し、さらにどっぷりとこのクルマの魅力にハマっていくきっかけになりましたね。

真横から見た眺めもため息がでるほどの美しさだ。輸入車と間違われることもあるという

●高校生の時にユーノスコスモ生産終了の報道を知り、エンブレムを注文

 ユーノスコスモが生産終了となることを知ったのは高校生の時でした。もう新車で購入することはできない……。それならばと、タウンページでユーノスディーラーの電話番号を調べ、電話越しに「Cosmoのエンブレムを2点」、「3 ROTOR REのエンブレムを2点」それぞれ注文しました。

 ディーラーの方からは車体番号を聞かれましたが「ユーノスコスモのファンなんです!」とお願いをして無理やり取り寄せていただきました。

購入時からの関係書類はすべてファイリングされている。交換したローターハウジングやエンブレムも大切なコレクション。袋には1995年12月29日と印刷されている。エンジンルームを覗き込む松本さんの眼差しが実に優しい

次ページは : ■愛車に対するこだわりについて聞かせてください

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ