赤いインプレッサWRXが激走!! カーアクション・ミュージカル『ベイビー・ドライバー』を観る!!

音楽がカーチェイスを盛り上げる!! カーアクション・ミュージカル『ベイビー・ドライバー』を観る!!

 ハリウッド映画の見せ場のひとつにカーアクションがある。そこに登場するのは北米の代表的なクルマであることもあれば、欧州製の高級車やスーパースポーツモデルであることもある。

 そして、『ワイルド・スピード』シリーズのように多くの日本車が活躍する映画もあり、クルマ好きには大変魅力的だ!

 今回は真っ赤なスバルインプレッサWRXが活躍する『ベイビー・ドライバー』をご紹介しよう。

文/渡辺麻紀 写真/ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

【画像ギャラリー】ドライバーが、ワイパーが、エンジンが、音楽と銃声に合わせて踊る踊る!! 映画『ベイビー・ドライバー』を観る!!


■いまだかつてないカーアクション・ミュージカル登場!!

カーアクションでありながらミュージカル風でもある『ベイビー・ドライバー』。音楽に急かされるようにパトカー軍団から逃亡する

 最初に取り上げた『ブリット』(記事リンク)以来、ハリウッドはたくさんのカーアクション映画を作ってきたが、そのなかでも異彩を放っているのが今回ご紹介する『ベイビー・ドライバー』(17)。

 『ショーン・オブ・ザ・デッド』(04)や『ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン』(07)等のオタク系ホラー&刑事ものでマニア人気の高いイギリス人監督エドガー・ライトが手掛けたカーアクション・ミュージカルだ。そう、カーアクションでありつつミュージカルしているという変わり種なのである。

 主人公は、スゴ腕ドライバーであると同時に音楽依存症の通称“ベイビー”という青年。子どもの頃の事故によって耳鳴りが止まない障害を抱えているため、iPodで自分のプレイリストを常に聴いている。

 そんな彼の仕事は強盗犯の逃がし屋で、最強のドライビングテクニックで警察の追跡を交わし続ける。パトカーはもちろん、銃をぶっ放す男も、頭上のヘリだって!

■音楽に合わせてクルマが踊る!!

画面狭しと踊るように疾走するスバル インプレッサWRX。ラリーでのワンシーンを見ているようだ

 冒頭の銀行強盗シーンに流れるミュージックは、ベイビーが聴いているジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョンの「ベルボトムス」。

 この曲が流れているおよそ6分間、カーチェイスが続いているのだが、ベイビーがノリノリでビートを刻み、車のワイパーが音楽のテンポに合わせて作動し、銃声も曲のリズムと見事に重なり、車の軋みやエンジン音も音楽とシンクロしている。

 大げさに言っちゃえば車と音楽が一緒にダンスしている感覚。だから「変わり種のミュージカル」と呼びたくなるのだ。

 それはこのシーンだけではない。アクションやチェイスのたび、主人公が歩くときでさえも、さまざまなヒット曲と絶妙にコラボレーションしている。

 使用されている曲もクィーンの『ブライトン・ロック』や、ダムドの『ニート・ニート・ニート』、古いところではチャンプスの『テキーラ』やサイモンとガーファンクルの『ベイビー・ドライバー』まで全30曲。

 これらの曲は監督のライトが、物語に合わせて曲を見つけ組み合わせて行ったもの。彼の言葉を借りるなら「音楽に導かれながら映画を創るというのは、クリエイティブな意味で非常に興味深かった」となる。

次ページは : ■要所に使われる日本車にも注目!!