トヨタ新EV「bZ4X」 年間1800km分を賄うソーラー発電の本気度がすごい!!

年間1800km分を屋根で発電!! トヨタ新EV「bZ4X」 ソーラー発電の本気度が意外にすごかった件

 10月29日、ついにトヨタが新型EV「bZ4X」の詳細を発表。トヨタ肝入りの電気自動車だけに、大きな注目が集まっている。その詳細でいっそう目をひいたのが、オプション設定されるソーラーパネルの性能だ。

 まだ、電気自動車そのものすら普及していない現状で、ソーラー発電というと夢物語のようにも聞こえるが、リリースには予想を超える性能が記されていた。果たしてそこから伝わってくる本気度とは?

文/高根英幸、写真/TOYOTA

【画像ギャラリー】本文未収録写真あり!! ソーラーパネル搭載のトヨタ新EV bZ4Xを見る(8枚)画像ギャラリー

■プリウスPHVの推定1.8倍! 高い発電能力を持つbZ4Xのソーラーパネル

ついにその詳細が発表されたトヨタ bZ4X。新EVシリーズ『bZ』の第一弾となる

 トヨタがいよいよ本気を出した。そう思わせるほど、bZ4Xは充実した内容だと感じさせるEVだ。EV専用のプラットフォームe-TNGAや、航空機のような異形ステアリングを採用するステアバイワイヤシステム(中国向けから採用らしい)など、気になる仕様が目白押しである。

 明かされたスペックのなかでも、まず気になったのは装着車を設定するというルーフソーラーパネルの性能だ。社内の試算とはいえ、1年間で1800kmも走行できるだけの電力を発生することができるというのだから。

 最近は年間の走行距離がどんどん短くなっている傾向にある。日本のオーナーの平均値が1年で7000kmと言われているから、都市部で遠出をしないドライバーであれば年間5000kmも走らないケースも多いだろう。

 そのうち1800kmもルーフソーラーパネルの発電だけで賄えるとしたら、凄いことだ。バッテリーEV(BEV)の究極的なスタイルは、ボディにまとったソーラーパネルの発電だけで電力を賄って走行できることだから、確実にその方向へと進化しているように感じる。

 トヨタ広報部からは「bZ4Xは発売前のクルマなので、公表されているデータ以外は提供することができません」と言われてしまったので、ここから先はあくまでも試算された数字から推測するしかなさそうだ。

 現行のプリウスPHVにもルーフソーラーパネルはオプション設定されている。その能力は1日平均で2.9km走行分の電力を発電できると謳われている。つまり年間にして1058kmだから、bZ4Xはその1.8倍もの発電量を誇ることになる。

 プリウスPHVのルーフソーラーパネルはオプションで、その28万円という価格は、クルマの寿命まで発電しても電力価格と比べても元は取れないことはわかっている。

 パナソニック製でセル自体は住宅用のソーラーパネルと同じものを使用しているらしい。変換効率は19.1%と、ソーラーパネル全体で見れば20%前後のものもある他社製と比べて、特段高性能という訳ではない。

 しかし信頼性と耐久性という点ではパナソニック製は抜群の評価がある。トヨタが採用を決めたのも、こうした品質面だったようだ。

■プリウスPHVのソーラーパネルと比べ、およそ2倍の面積

トヨタ bZ4X。オプション設定としてルーフほぼ一面に装備されるソーラーパネルが用意されている。プリウスPHVにオプションとして用意されるソーラーパネルの1.8倍もの発電量を持つ

 プリウスPHVのルーフパネルはデザイン上、小さいもので、そこに敷き詰められるソーラーパネルも割と小さいものになり、画像から推測するとサイズは0.8m四方といったところ。つまり面積はおよそ0.64平方メートルだ。

 それに対してbZ4Xのルーフパネルは平坦なだけでなく、かなり大きい。画像から推測すると縦1.2~1.3m、横1.1m前後と見られ、面積は1.32平方メートルだ。ということは、単純にサイズで2倍近い面積を稼いでいる。これなら1.8倍の発電量も納得がいく。

 ちなみにソーラーパネルの発電量は日本の場合、1kWのシステムで1年間に1000kWhというのが目安になっている。電費を6km/kWhとして、ソーラーパネルによる発電で1800km走れるということは、300kWhの発電量を見込んでいるということになる。

 パナソニックのHITの場合、モジュール1枚の出力が245Wなのでおよそ250kWhの発電量と考えることができる。そしてモジュール1枚の面積は1.2平方メートルだから、それより1割は大きいソーラーパネルが与えられたbZ4Xの場合、300kWh前後の発電量を見込むのは合点がいく。

 発電能力として考えれば、最新のソーラーパネルを導入したほうが1~2%はさらに高い数字が見込める。しかし実際に日光を浴びて発電することを考えると、耐熱性が想像以上に問題になるのだ。

 ソーラーパネルの発電能力を示す項目で、出力温度係数という性能評価がある。これは温度上昇によって、どれだけ発電効率が低下してしまうか、というもので、数字が少ないほど安定して効率の高い発電を行なえるものだ。

 そしてパナソニックのHITは-0.258%/℃という、量産としては世界最高水準の出力温度係数を誇るのである。

 据置き型の場合、ソーラーパネルが熱くなってしまうと、発電能力が低下してしまうため、水をかけて冷やすという対策を採ることもある。

 実際にソーラーパネルへの散水によって表面温度を10℃下げると発電効率が1%向上した、というデータもあるのだ(ということはカタログ値より実際の性能低下は少ない、ということにもなる)。

 しかしクルマのルーフに搭載した場合、温度上昇の際に水をかけるという仕組みを取り入れるのは現実的ではない。

 雨が降ってもいないのにフロントウインドウに水が流れてくるのも困るし、水のタンクやポンプによる重量増、駐車中のソーラーパネルの温度管理などシステムは複雑になり、コストや信頼性にも影響が出る。

次ページは : ■近所の買い物程度なら充電ステーションが不要になる!?