いつまで安く働かせるんだ!! 令和になっても整備士の待遇が変わらない深い闇

いつまで安く働かせるんだ!! 令和になっても整備士の待遇が変わらない深い闇

 相次いだ不正車検問題を機に、ディーラーで働く整備士の不遇な環境がクローズアップされた。もちろん不正車検については言語道断だ。しかし業界の中では、整備士の待遇の悪さが以前から問題視されていたのに、昭和・平成・令和と時代が変わっても、改善されずにこの問題は残り続けている。

 なぜ国家資格を持つ、ディーラー整備士の待遇は改善しないのだろうか。実際の販売現場で、多くの整備士の処遇を見てきた筆者が、整備士の待遇問題を解説しながら、その解決方法を考えていく。

文/佐々木 亘、写真/NISSAN、Adobe Stock(トビラ写真=Milan@Adobe Stock)

【画像ギャラリー】近藤真彦監督も応援する整備士育成プログラムってなんだ!?(9枚)画像ギャラリー

■データと実態がそぐわない、整備士の現状

整備士の年収は同年代日本人の全職種の平均年収よりも50万円ほど低い(buritora@Adobe Stock)

 厚生労働省が発表する賃金構造基本統計調査(2020年のデータ)によると、自動車整備士業へ月に支給される現金給与は全年齢平均で301,300円(従業員100~999人の事業規模)となっている。

 年間賞与は933,100円となり、この数値から整備士の税込年収を計算すると約450万円前後となるのだ。ちなみに、40代の日本人平均年収は全業種平均で510万円程度である。

 整備士の税込年収は、平均年齢44.2歳、平均勤続年数15.9年、所定内労働時間167時間/月、超過実労働時間6時間/月という条件で算出されている。この中で「超過実労働時間」に大きな問題があると筆者は考える。

 週休2日制と仮定すれば、月の実労働日数は22日だ。月の残業6時間を22日で割ると、一日の平均残業時間は16分強だが、実際に1日の残業が20分以下で終わるディーラー整備士は、ごく一部だろう。

 残業時間は毎日平均1時間程度発生していることが多く、中には36協定の上限ギリギリまで働き続ける整備士も少なくない。

 所定内労働時間167時間、超過実労働時間が40時間にも及ぶ整備士の給与が、月30万円だとしたら、皆さんはどう思うだろうか。20代後半では平均236,000円、30代前半では平均282,800円の支給であり、控除後の手取り金額はさらに少なくなる。

 もちろん、全ての事業所が問題を抱えているわけではないが、悪質なサービス残業が目立つところもある。国家資格を保有する、整備士の現実的な待遇を理解いただけただろうか。

■成果物がわかりにくく、正当な評価を受けられないのが最大の問題

ディーラー内の営業などと比較すると、整備士には分かりやすい成果物がない。車を完璧に整備しても「それが当たり前だ」と思われがちだ(standret@Adobe Stock)

 国家資格を持ちながらも、薄給に悩む職種は他にもある。保育士、介護福祉士、看護師の待遇問題は、ニュースでも大きく取り上げられ、多くの皆さんも既知の事実であろう。人命に係わる大変な仕事を任されているのにも関わらず、その給与は低い。筆者の身内にも看護師がいるので、状況は痛いほどわかる。

 逆に高給取りの国家資格の代表例と言えば、医師、弁護士、公認会計士などだ。自動車ディーラーでみれば、整備士よりも営業マンの方が給与は高い。ここには、仕事の成果のわかりやすさが関係していると筆者は思う。

 例えば、医師と看護師で考えよう。医師は病気を治し、患者から感謝される。患者が完治するという仕事の成果がわかりやすく、その評価も受けやすい。対する看護師は、同様に医療行為を行いながらも、患者を治した、治療をしたという評価はされにくい。

 ディーラー営業マンは、顧客と密に接し、その評価を受けやすい。さらに実績をカウントできる仕事が多く、販売実績に応じて、インセンティブが発生し、給与もどんどん増えていく仕組みだ。

 しかし、整備士にはわかりやすい成果物がない。クルマを直しても「それが当たり前だ」と言われ、10点満点なら5点の評価だ。評価をする上司にとっても、整備士の評価は明確な基準が分かりづらいため、適正な評価につながりにくいだろう。

 整備士の評価は横並びになり、派手な昇進や昇格、インセンティブが発生することもなく、低空飛行を続けてしまうのだ。まず、雇う側の評価制度を見直すことが、整備士の処遇改善に大きくつながると思う。

次ページは : ■基本給アップも必要、介護・保育の現場と起きていることは同じだ。