新型レヴォーグアウトバック!? 「あったら売れそう」発売熱望車 4選

新型レヴォーグアウトバック!? 「あったら売れそう」発売熱望車 4選

 自動車メーカーは、日夜研究開発を重ね、市場調査やユーザーのフィードバックも反映しながらクルマ作りをおこなっている。それゆえ需要があるところには基本的に何らかの車種が投入されているケースがほとんどだ。

 しかし、「そのクルマを作る技術やリソースがあるなら、こんなクルマがあればもっと売れそうなのに」と思えるような例は少なくないのではないだろうか。本稿では、そんな「あったら売れる車」のなかでも実現度が高そうな例を4つピックアップし、渡辺陽一郎氏に解説してもらった。

文/渡辺陽一郎、写真/SUBARU、MAZDA、SUZUKI、NISSAN

【画像ギャラリー】レヴォーグアウトバックにeKパジェロ……「あったらいいな」「あったら売れそう」なクルマ(11枚)画像ギャラリー

■スバル レヴォーグアウトバック

3代目レガシィアウトバック。この頃のサイズ感を再現するとしたら『レヴォーグアウトバック』が最適だ

 「こういうクルマがあればいいのになぁー」「あれば売れるだろうなぁー」と思えるクルマの筆頭はレヴォーグアウトバックだ。

 もともとレガシィアウトバックは、レガシィツーリングワゴンをベースに、外装をSUV風にアレンジして最低地上高(路面とボディの最も低い部分との間隔)を200mmまで拡大したクルマだった。

 ワゴンをベースにSUVを開発することで、優れた悪路走破力と舗装路における走行安定性をバランス良く両立させていた。

 メーカーにとっては、既存の車種をベースに使うと、新たに専用ボディのSUVを開発するのに比べてコストが低減される。そこで類似車種として、インプレッサスポーツをベースにしたXVも開発した。今ではSUVの開発手法として確立されている。

 そして今でもレガシィアウトバックは存在するが、現行型はボディが大きくなった。全長は4870mm、全幅も1875mmだから、日本の道路環境で使うには持て余す。

 そこで必要なのがミドルサイズのレヴォーグアウトバックだ。レヴォーグはレガシィツーリングワゴンの後継車種として、日本向けに開発された。そのために全長は4755mm、全幅も1795mmに抑えられて街中でも扱いやすい。

 レヴォーグアウトバックのボディサイズは、外装パーツの装着により、全長は4785mm、全幅は1825mmといった数値になるだろう。

 最低地上高は、レヴォーグは145mmだが、レヴォーグアウトバックでは195mmに拡大され、悪路のデコボコも乗り越えやすい。4WDとの相乗効果が発揮され、悪路走破力を大幅に向上させる。

 そして最低地上高が195mmなら、全高も50mm高まって1550mmになるが、この数値であれば立体駐車場の利用性を妨げない。都市部でも使いやすい。

 ちなみに現行レヴォーグのボディスタイルは、ややシャープな印象で存在感が強い。このデザインは、フェンダーのホイールアーチやボディサイドの下側にブラックの樹脂パーツを装着してSUV化すると、さらにカッコ良く見える。

 エンジンは水平対向4気筒1.8Lターボのバランスが良い。価格はGT-Hの20万円アップという水準だ。つまりレヴォーグアウトバックGTは約369万円、アイサイトXなどを標準装着するGT-EXは約390万円の水準になる。

■マツダスピード3&マツダ3クロスオーバー

東京オートサロンに出展されたMAZDA MOTORSPORTS CONCEPT。マツダスピード3はこんなイメージ? 付加価値を付けるスポーツモデルは車種全体のブランドを高めてくれるはず

 マツダ3の売れ行きは低迷している。2021年1~10月の1か月平均は約1100台で、直近の2021年10月は668台まで下がった。

 マツダ3のような3ナンバーサイズのミドルサイズハッチバックは、海外では堅調に売れるが日本国内では全般的に低調だ。実用的で価格の割安なコンパクトカーに需要を奪われている。

 そのためにマツダ3の売れ行きも、コンパクトカーのマツダ2に比べて約60%に留まる。マツダ3では、価格の割高なスカイアクティブXなども、イメージダウンに繋がった。

 しかしミドルサイズハッチバックでも、工夫次第では堅調に販売できる。インプレッサスポーツをベースに開発されたXVは、2021年1~10月に月平均で約1400台を登録。インプレッサ(スポーツ+G4)の約1000台を大幅に上まわる。

 日本自動車販売協会連合会のデータでは、XVはインプレッサに含められ、インプレッサシリーズ全体の60%を占める。

 この消費動向も踏まえると、マツダ3に必要なのは、ユーザーの趣味性に訴える個性派モデルだ。

 まずはマツダ3ファストバックに、マツダスピード3を設定したい。かつて用意されていたマツダスピードアクセラの復活で、エンジンはマツダ6などが搭載する直列4気筒2.5Lガソリンターボと、2.2Lクリーンディーゼルターボを用意する。

 2.5Lガソリンターボの動力性能は、マツダ6では最高出力が230馬力、最大トルクは42.8kg-mだが、マツダスピード3は300馬力・45kgm程度にチューニングする。今のマツダの4WDは綿密な制御をおこなうので、これも併せて搭載すると優れた走行性能が得られる。

 2.2Lクリーンディーゼルターボは、マツダ6では190馬力・45.9kgmだが、マツダスピード3では230馬力・50kgm程度まで高める。このエンジンはディーゼルながら最高出力を4500回転で発揮するため、スポーツモデルとの親和性も高い。駆動方式は4WDを採用する。

 価格はマツダ3にスカイアクティブXを搭載するX・Lパッケージ・4WDと同等の360万円前後に設定したい。マツダ6・25T・Sパッケージのように400万円を超えると割高感が強まる。

 またSUVにアレンジされたマツダ3クロスオーバーも欲しい。マツダ3の最低地上高は140mmだから、これを180mm程度まで持ち上げて、外装パーツも充実させる。エンジンは既存の2Lガソリンと1.8Lクリーンディーゼルターボで、価格はベースグレードの20万円アップ程度に抑える。

次ページは : ■三菱 eKパジェロ

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ