マツダの真髄はRX-7にあり!! 2代目「サバンナ」が残したロータリーの魂は死なず

マツダの真髄はRX-7にあり!! 2代目「サバンナ」が残したロータリーの魂は死なず

 CXシリーズの大ヒットで、すっかりSUVメーカーのイメージが強くなったマツダだが、クルマ好きとしては、マツダといえば「RX-7」だ。

 RX-7といえば、最終モデルであるFD型がとかく話題になりがちだが、RX-7のスポーツ性能を高め、ピュアスポーツカーとしての価値を新たにした、という意味で、RX-7の生涯でもっとも重要なモデルは、2代目サバンナRX-7(FC)と、筆者は考えている。

 また、2代目サバンナRX-7は、その後のマツダのクルマづくりに影響を及ぼしたモデルでもあると、筆者は考えている。2代目サバンナRX-7がマツダに残したもの、それは「マツダならでは」の考え方だ。

文:立花義人、エムスリープロダクション
写真:MAZDA

【画像ギャラリー】一度は乗っておきたいロータリーピュアスポーツ マツダ「RX-7」と「RX-8」(34枚)画像ギャラリー

スポーツカー受難の時代に登場した初代RX-7

 RX-7には、3代の歴史があり、初代(SA22C、通称「SA」)が1978年〜1985年、2代目(FC3S、通称「FC」)が1985年〜1992年、3代目(FD3S、通称FD)が1991年〜2003年まで販売されていた。

 このうち、車名に「サバンナ」と付くのは初代と2代目。「サバンナ」とは、そもそもはRX-7とは別のモデルの車名であり、RX-7より前の1971年〜1978年まで販売されていたマツダのロータリースポーツクーペ・セダンのことだ。

 初期型は10A型、翌年にはパワーアップした12A型ロータリーエンジンを搭載し、当時レースで無敗神話を誇っていたスカイラインGT-Rを打ち負かすなど、国内レースを中心に圧倒的な強さを発揮したモデルで、安価な価格で買えることもあって若者から絶大な支持を得ていた。

 初代サバンナRX-7はその後継車で、開発テーマは「運転する楽しみの追求」。フロントミッドシップならではの、低くてシャープなフロントセクション、大胆なウェッジシェイプボディ、開放的なガラスハッチバックなど、見るだけでもワクワクするような洗練されたスタイリングで登場。

 この初代サバンナRX-7が登場した70年代後半といえば、2度のオイルショックや厳しい排ガス規制など、スポーツカーにとっては受難の時代。日曜・祝日のガソリンスタンドが休業するなど、ガソリンを自由に使うことすらはばかられた時代だった。

 各自動車メーカーのライバルスポーツカーが、排ガス規制に合わせて馬力を落とすなか、初代サバンナRX-7の12Aロータリーは、NAでありながら130ps(グロス値)を発生。軽快に吹け上がるエンジン特性に加えて、1tほどの車重と、50.7:49.3という前後重量配分による優れたハンドリング性能で、爽快な運転感覚を実現させ、ファンを熱狂させた。

1978年発売の初代サバンナRX-7(SA22C)。コンパクトで軽い車体にビュンビュン回るロータリーエンジンという組み合わせは、まさに軽快という言葉がぴったりだ

スペックには表れない価値を大事にした、2代目RX-7

 初代RX-7がスポーツカーとして世界的に高く評価されたことをうけ、2代目は、さらに純粋なスポーツカーとして進化することを目標に、開発が進めることに。初代誕生からわずか1年半後には「スポーツカー研究会」なるものが立ち上げられ、自動車の歴史を振り返りつつ、未来へ通じる新しい価値観を創造する作業が始まった。

 このなかで、マツダは、「昔のスポーツカーは、実際のスピードが遅くても、操るときに興奮できるところがあった。だから、スポーツカーの魅力を実感できたのではないか」という考えにたどりつく。単にカタログスペック上の数値を追求していくのではなく、人間の感覚に寄り添ったクルマつくりをすれば、スポーツカーは楽しくなる、という考え方だ。

 1985年に登場した2代目サバンナRX-7では、この考え方を反映。0-100km/h加速○○秒、最高時速○○○km/hといった数字ももちろん大切だが、デザイン、音、手応え、軽快感といった、人間の感覚に寄り添ったクルマに仕上げた。

 エクステリアは、初代のスポーティなデザインを継承しつつ、ブリスターフェンダーを持つ張りのあるスタイリングで重厚感が増し、エンジンは12A型から13B型へ進化。空冷インタークーラー付ツインスクロールターボを搭載し、馬力はネット表示で185psとなった。前後重量配分は50.5:49.5で、フロントミッドシップの思想がしっかりと継承され、ピュアなハンドリングに磨きがかかっている。

1985年発売のサバンナRX-7(FC3S)。スペックには表れない新しいスポーツカーの価値観を追求して開発されたが、実際高性能なモデルでもあった

次ページは : 現在でも生かされている