マスタングが大活躍!! キアヌ怒りの大復讐劇『ジョン・ウィック』を観る!!

きっかけはクルマだった!! キアヌ怒りの大復讐劇『ジョン・ウィック』を観る!!

 日本でも人気の高い俳優キアヌ・リーブス。スタッフの荷物運びを手伝う「いい人」ぶりでSNSでバズったり、バイク好きが高じて自分でバイクメーカーを立ち上げたりで話題には事欠かない。

 そんなキアヌがマスタングを乗り回し、銃を撃ちまくる映画『ジョン・ウィック』シリーズをご紹介しよう!

文/渡辺麻紀、写真/ポニーキャニオン、Ford

【画像ギャラリー】いい人ほど怒らせると怖い!? 引退した殺し屋キアヌがブチ切れ現役復帰!! 映画『ジョン・ウィック』を観る!!(9枚)画像ギャラリー

■ハリウッドきっての『いい人』キアヌの人気シリーズ

本作公開当時、キアヌは50歳。ヒゲが年齢相応に見せているが、基本的には『スピード』の頃からそれほど変わっていないようにも見える

 今でも高い人気を誇り、ハリウッドの第一線で活躍しているキアヌ・リーブス。息の長い俳優になれたのは、ひとえに人気シリーズをもつことが出来たからだろう。

 キアヌの場合は、まず『マトリックス』シリーズ(1999~)があり、それに続いて『ジョン・ウィック』シリーズ(2014~)があった。画期的な人気アクションシリーズが2本というのはハリウッドでも最強の武器になると言っていい。

 『マトリックス』は、2021年12月17日からシリーズ最新作であり、第4弾の『マトリックス・レザレクションズ』が公開される。

 前作『マトリックス・レボリューションズ』(03)から18年を経た作品で、キアヌは同じキャラクター、ネオ/トーマス・アンダーソンを演じているわけだが、今回ご紹介するのはもうひとつのシリーズ『ジョン・ウィック』のほう。

 実はこのアクション映画、『マトリックス』があったからこそ生まれたのだ。というのも、『マトリックス』でキアヌは、彼のスタントダブル(代役)を務めたチャド・スタエルスキと意気投合。ふたりして立ち上げたのが『ジョン・ウィック』シリーズだったのだ。

 スタエルスキはそのシリーズ第1作目『ジョン・ウィック』(14)で初めてメガホンを握り、スペシャルなアクション映画を生み出したことになる。

 ちなみにこのチャド、『レザレクションズ』では意味シンなキャラクター役で登場し、役者としてキアヌと共演している。キアヌ曰く「監督のラナ・ウォシャウスキーがチャドのために作ってくれた特別なキャラクター」だそうだ。

■亡き愛妻が残したビーグル犬を殺され大激怒!

妻が遺した愛犬とたわむれ、つかのまのやすらぎのひと時。ジョンの平穏な日々はこの後奪われることになる

 そこで『ジョン・ウィック』である。このタイトルはキアヌ扮するスゴ腕殺し屋の名前。業界で知らない者はいない伝説的存在だが、一般の女性と恋に落ちて結婚し、引退していた。

 ところが、その妻を難病で失い、失意の彼のもとに彼女からの最後のプレゼント、デイジーと名付けられたビーグル犬が贈られる。しかし、この大切なイヌを、夜中に乱入してきたロシアマフィアに殺されてしまい怒り心頭。復讐のために現場復帰し、封印していた銃を再び握るのだ。

 なぜロシアマフィアに狙われてしまったかというと、GSでジョン・ウィックの愛車がマフィアのボスの息子に目を付けられてしまったから。

 「69年のマスタング BOSS429。美しいな。値段をつけろ。いくらで売る?」という横暴な要求をジョンが断ったことで力づくで奪おうと家に乗り込み、車を略奪し愛犬まで殺してしまったのだ。

 亡くなったあとに届いた妻からの手紙には「あなたは愛する人が必要よ。車じゃだめ」と書かれているくらいだから、ジョンはその車を奥さんの次くらいに愛していたのだろう。

 ピッカピカに磨き上げられたマスタングがガレージを出て、陽光を浴びて輝くシーンが数回用意されているだけではなく、飛行機の駐機場のような場所で、ジョンがマスタングをドラフトしながら大きな声を挙げるエピソードもある。喪失感を愛車を転がすことで紛らわせているという感じだ。

 そんなジョン・ウィックの愛情に見合う車が、1969年式フォードマスタングのBOSS49というのはマニアも納得のチョイス。

 この車は当時、力を増してきたクライスラーに対抗するためフォードがNASCARに送り込んだキモ入りの車で、生産台数はわずか859台。車好きなら、喉から手が出るほど欲しくなるのも当然。だからこそ、今回の事件になってしまったというわけだ。

 余談だが、キアヌは『ハートブルー』(91)というサーフィン&刑事映画で1970年型のマスタングに乗っている。この車と69年型はとても似ていて、映画のなかでもロシアマフィアが間違えるというエピソードもある。もしかしてキアヌ、マスタングのファンなのか?

次ページは : ■最後の最後で大立ち回りのカーチェイス

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ