人知れずひっそりと販売終了……でも、渋かったスズキエスクードの残した功績!!

人知れずひっそりと販売終了……でも、渋かったスズキエスクードの残した功績!!

 今年9月30日、4代目のスズキエスクードが人知れず(?)ひっそりと販売終了になった。今年6月をもってハンガリーのマジャールスズキでの生産が終わり、9月の完成検査実施分で出荷終了に。

 そして在庫分をほぼ売り切ったということで、9月30日にスズキの公式サイトからその名を消したのだ。そこでエスクードの残した功績について考えてみたい。

文/伊達軍曹
写真/ベストカー編集部

【画像ギャラリー】22年に復活・・・する? エスクードをじっくりチェック!!(11枚)画像ギャラリー

■マクロな観点から見た4代目エスクード

 今回、ベストカーWebから命じられたのは「4代目エスクードが残した功績を書け」というものだが、4代目エスクードを買ったオーナーから見た場合の功績は、「いいクルマが誕生してくれた」という以外にはないだろう。

 日本ではあまり売れず、存在としてもかなり地味だった4代目スズキエスクードだが、素晴らしく出来のいいコンパクトSUVであったことは間違いない。であるからこそ、それを購入したオーナーにとっては4代目エスクードの存在自体が「功績」となる。

 だが。本稿で求められているのは、そういったミクロな話ではなかろう。もっとマクロな観点から「4代目スズキエスクードが残した功績」を考えてみるべきなのだ。

 ならばその線で考えてみると……すぐに思い当たった。

■ニッポンSUVの多様性はエスクードに守られた!

 4代目スズキエスクードの功績。それは、「ニッポンのSUVのラインナップが『大手コンビニの棚』みたいになることを防いだ」ということにほかならない。

 ややわかりにくいと思うので、説明しよう。

 ご存じのとおり、1988年に登場した初代と1997年登場の2代目エスクードは、ラダーフレームを採用した本格クロカンとしての資質も持つ「クロスカントリーセダン」で、2005年登場の3代目も、ラダーフレームとモノコックボディを溶接して一体化させた「ラダーフレームビルトインモノコック構造」と副変速機を持つ本格四駆的SUVだった。

 しかし、2015年10月に発売された4代目エスクードは一転してSX4 Sクロスのプラットフォームをベースとするモノコック構造となり、基本駆動方式は歴代エスクード初のFFとなった。

次ページは : ■どんなSUVだったのか