日本のテレマティクスに危機?ボルボに搭載されたGoogleの新システムが凄すぎる!


 どうやら本気(マジ)のようである。ボルボは9月1日にマイナーチェンジを行ったプレミアムSUVである「XC60」を始め、「S90」「V90」「V90クロスカントリー」にGoogleと共同開発した全く新しい「インフォテインメントシステム」を世界初として搭載した。

 CASE時代におけるカーナビも含めたインフォテインメントシステムは通信を活用することで利便性や安全性を大幅に向上させる。(※C=Connected〈コネクティッド〉、A=Autonomous〈自動化〉、S=Shared〈シェアリング〉、E=Electric〈電動化〉)

 そこに満を持して投入されたのが今回のGoogleとボルボの協業だ。これらを含め、インフォテインメントの世界は大変革の時期を迎えたと言ってもいい。将来も含めたその可能性についても探ってみることにする。

文/高山正寛 写真/萩原文博、ボルボ

【画像ギャラリー】ボルボでググれ! Googleと共同開発したインフォテインメントシステムをXC60が世界初搭載!!(12枚)画像ギャラリー

■なぜ、Googleはボルボと(最初に)組んだのか?

Googleと共同開発したインフォテインメントシステムを世界初搭載したボルボ XC60

 今回のシステムを解説する前に、表題のような疑問が湧いてくる。

 全てを知ることは難しいが、まずIT領域において経済やテクノロジーを牽引しているのが「GAFA」であることは多くの人が知っているだろう。

 G=Google、A=Apple、F=Facebook(※現在はMetaに社名変更)、A=Amazonの略だが、最近はマイクロソフトを加えて「GAFAM」と呼ぶ場合もある。

 これらの企業の特徴はそれぞれ異なるが、共通して言えるのは何よりも決断も含めたビジネスのスピード感、いや実際に開発におけるスピードも極めて早い。

 IoTの世界においては、自動車メーカー側も従来のやり方では追いつかないことはよく理解しているが、関係者によれば、ボルボの場合は他の自動車メーカーに比べて発想の柔軟さも含め、新しく良い物はどんどん取り込んでいこうという考えがあるそうだ(実際決断も早い)。

 これまでインフォテインメントの世界で言えば、ボルボは「SENSUS(センサス)」と呼ばれるシステムをすでに展開してきた。

 これ自体の完成度は全体的に高いものの、他社が通信を積極的に活用したテレマティクスサービスを実装していたのに対し、SENSUSはどちらかと言えば従来のカーナビ+AV、これに車両制御等を組み合わせたもの。言い換えれば「スタンドアロン型」で、それが他社に比べて出遅れた格好になっていた。

 もちろんすでにクラウドを活用したインフラを構築しているメーカーよりはこれから(2017年より前)参入しようというメーカーの方が当然Googleもやりやすいし、またボルボ側もIT界の巨人であるGoogleと組めるメリットは計り知れない。

 その点ではタイミングも含め、ボルボには先見の明もあったのかもしれないが、いずれにせよ、後述する革新的なシステムを“世界初”として搭載したボルボの名誉は一生残ることになる。

 余談だが、Googleに限らず、IT企業は特定のメーカーを組むことを声高らかに謳うことはあまり良いと考えていないようだ。理由は簡単、Googleにせよ、今後世界のインフォテインメント領域を制覇するためにはひとつのメーカーの「色」が付くのは避けたいからだ。

 ただ事実は事実である。グローバルではXC40のBEV、ポールスターIIに続いてXC60と90シリーズの順で発売していたが、日本では前2車は未導入。

 すでに発表された新世代BEVであるC40と日本で最も売れているボルボ車であるXC60などに最初に導入することでブランディングも含め、ビジネス上のインパクトも十分与えることに成功するわけだ。

■スマホは不要、システム自体でGoogleの多彩なサービスが使える

ボルボ XC60。センターの縦型液晶モニターで新システムにアクセスする

 さて、この新システムは実際どのような仕組みで何ができるのだろうか。

 これまで、車載用インフォテインメントシステムでは各社独自の規格を除けば、Googleの「Android Auto」とAppleの「CarPlay」が代表的なものであることは多くの人が理解しているはずだ。

 これらは基本スマホと対応する車載機器を有線または無線により接続することで、スマホ内にインストールされているカーナビアプリやエンターテインメント系、さらにSNS系アプリなどを車内で活用できるもの。とはいえ、これ自体は認知度自体は高まっては来たものの、まだまだ“発展途上”の段階である。

 一方、今回の新システムは2017年5月にボルボとGoogleが共同開発した「Android Automotive OS」がベースとなっている。

 ざっくりと言ってしまえば、従来スマホ側に組み込まれたOSを車載器側に持たせることでスマホ無しでGoogleのサービスをワンストップで利用できるわけだ。

 このために、今回ボルボでは待望のテレマティクスサービスである「Volvo Cars app(ボルボ・カーズ・アプリ)」をスタートさせた。通信は4Gで専用モジュール(日本国内におけるキャリアはソフトバンク)を搭載することで、後述するGoogleの各種サービスのほか

【1】緊急通報サービス
【2】故障通報サービス
【3】盗難車両検索機能
【4】ドライビング・ジャーナル(ドライブログ自動作成機能)
【5】ビークルダッシュボードモニター(車両情報確認機能)
【6】リモートドアロックおよびアンロック機能
【7】エンジンリモートスタート

 が使えるようになる。

 ちなみに【1】と【2】に関しては新車登録時から15年間、それ以外は4年間無料で使えるが、その後は有償となる。ボルボはサブスクリプションを活用した料金プランを計画しているようだが、詳細な内容はまだ未定である。

 ただ、プレミアムブランドといえ、いきなり高額のサービス料金が請求されるのはユーザー側も納得できないはず。現状イメージできるのは他のプレミアム輸入車ブランドが展開しているサービスの金額に準じてくるといったところだろう。

次ページは : ■話題のOTAに対応する

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ