これぞトヨタの真骨頂!? 後出しジャンケンでライバルを叩きのめしたトヨタ車たち

これぞトヨタの真骨頂!? 後出しジャンケンでライバルを叩きのめしたトヨタ車たち

 トヨタは賛否もあるにせよ、古くは初代サニーに対する初代カローラ、初代ローレルに対する初代マークIIなど「先発のライバル車をよく研究した」、悪く言えば後出しジャンケンで先発のライバル車を叩きのめしたモデルも少なくなく、ここではそんなトヨタ車たちをピックアップしてみた。

文/永田恵一写真/トヨタ、日産、ホンダ、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】トヨタに研究され尽くした名誉あるライバル車を写真でチェック!!(20枚)画像ギャラリー

■90系マークII三兄弟はツアラーV設定でR33スカイラインをも撃破!!

1992年に登場した90系マークII ツアラーV。「ツアラーV」の呼称は2.5Lツインターボの1JZ-GTEエンジンを搭載したクルマにつけられた

●90系マークII三兄弟ツアラーV

 1989年登場のR32型スカイラインはGT-Rの復活をはじめ、2L直6ターボを搭載するGTS-tタイプMがトップグレードだったFRの基準車も高いスポーツ性を持つ、実にスカイラインらしいモデルだった。

 トヨタは1992年登場の90系マークII三兄弟の開発においてR32型スカイラインも強く意識しており、その象徴となったのが2.5L直6ツインターボを搭載したツアラーVである。90系マークII三兄弟のツアラーVは90系からボディ剛性を高め、サスペンション形式も四輪ダブルウィッシュボーンとなったプラットフォームのポテンシャルを生かし、マークII三兄弟とは思えないくらいスポーティなモデルに進化。さらに5速MT車を設定したことも、人気に拍車をかけた。

 90系マークII三兄弟のツアラーVに対し、翌1993年にR33型にフルモデルチェンジされたスカイラインはボディサイズの拡大以上にツアラーVに相当する2.5L直6ターボがリニアチャージコンセプトを採用し、「扱いやすいけど、パンチに欠ける」という性格だったことなどを原因にツアラーVに惨敗。この結果はトヨタが本気でスカイラインに挑んだだけでなく、スカイラインが自滅に近い状態だったのも大きかった。

■初代ノア&ヴォクシーはステップワゴンを徹底的に研究して誕生!!

ステップワゴンを徹底的に研究して2001年に登場した初代ノア。FRだったタウンエースノアの後継車としてFFに刷新、両側スライドドア採用などでステップワゴンを打ち負かした

●初代ノア&ヴォクシー

 1996年に乗用車ベースのBOX型ミニバンとして登場した初代ステップワゴンは乗用車に近い運転感覚や価格の安さを理由に、トヨタで初代ステップワゴンのライバルだった商用バンベースでFR構造だったタウンエースノア&ライトエースノアを苦しめた。

 その後継車として2001年に2代目ステップワゴンから若干遅れて登場した初代ノア&ヴォクシーは、初代ステップワゴンを徹底的に研究したモデルだった。また、2代目ステップワゴンは初代モデル同様にスライドドアが左側だけだったのだが、初代ノア&ヴォクシーは両側スライドドアだった点も大きなアドバンテージとなり、初代ノア&ヴォクシーはステップワゴンとの立場が逆転するほどの成功を収めた。

次ページは : ■好調だったエルグランドを叩きのめした初代アルファード

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ