GT-R ランエボ STI…超確実&超安定の投資?? 最終限定車は必ず高騰するのか?

GT-R ランエボ STI…超確実&超安定の投資?? 最終限定車は必ず高騰するのか?

 2021年3月12日、軽オープンカーのホンダS660はファイナルモデルとなる「モデューロX バージョンZ」の設定と同時に、2022年3月いっぱいでの生産終了を発表した。

 3月末で新車の生産枠が一杯になるとアナウンスされると、S660の中古車が市場から一斉に姿を消し、中古車相場が暴騰したのはご存じの方も多いだろう。

 しかし11月1日、ホンダはS660を650台追加生産することを発表した。

 追加販売されるのは「α」と「β」だけなので、「モデューロX バージョンZ」を新車で手に入れることはもうできない。

 S660の中古車は流通台数が約100台程度まで減少し、平均価格は一時約300万円近くまで上昇。

 現在は、流通台数は約650台まで盛り返し、平均価格も約230万円まで下がっている。

 しかも11月1日の発表で値落ちが加速しており、モデューロXや無限RAを除いて、S660バブルも終焉を迎えつつある。

 S660のようにスポーツカーのファイナルモデルのような類の特別仕様車は新車での入手な困難なため、中古車になってから高騰する傾向が大きい。

 その理由として挙げられるのは、スペシャルなエンジンを搭載していることをはじめ、サスペンションなども専用セッティングになっていること。カーボン製パーツなどのスペシャルパーツを装着している点が挙げられる。

 ここでは、国産中古スポーツカーのファイナルモデルの中古車相場を調べて、必ず高騰するのか否かを調べてみた。

※本稿は2021年12月執筆のものです。中古車相場は執筆当時のものになります
文/萩原 文博、写真/ベストカー編集部 ほか

【画像ギャラリー】価格高騰中の日本車スポーツモデルファイナルエディションをギャラリーでチェック(27枚)画像ギャラリー

■トヨタ 86GT “BLACK LIMITED”

 まずピックアップしたのは、2021年10月にニューモデルが登場したばかりの86だ。

 先代のトヨタ86は、2020年3月にファイナルモデルと言える特別仕様車の GT“BLACK LIMITED”をMT、AT車それぞれ43台ずつ合計86台を販売した。

 このGT“BLACK LIMITED”は「GT」をベースにAE86型スプリンタートレノ最後の特別仕様車となったGT APEX “ブラックリミテッド”を彷彿させるクリスタルブラックシリカをボディカラーに採用。

 さらにブラック塗装を施したリアスポイラーやフロアアンダーカバーを装着。

 アルミホイールはブロンズ塗装された17インチの専用アルミホイールを特別装備し、レーシーな雰囲気を高めている。

 そしてブレンボ製ブレーキシステムやSACHS製ショックアブソーバーを装着するなど走行性能を向上させている。

 インテリアは、ブラックに統一され、助手席前のインストルメントパネルには専用ロゴをあしらったブロンズカラーの刺繍を施し特別感を演出。

 シート表皮には本革×アルカンターラを採用。前席にはシートヒーターを装備するなどホスピタリティを高めている。

 トヨタ86GT“BLACK LIMITED”は6速MT車が351万8600円、6速AT車が358万6000円で発売された。

 現在、中古車は約3台流通していて6速MT車が2台、6速AT車が1台となっている。中古車価格は6速AT車が389万8000円。6速MT車は468万8000円〜483万円とスポーツカーらしく6速MT車の値上がり幅は大きくなっている。

トヨタ 86 GT“BLACK LIMITED”
トヨタ 86 GT“BLACK LIMITED”

次ページは : ■ホンダ シビックタイプR Limited Edition

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ