ノートクロスオーバーVSヤリスクロスVSフィットクロスター 最激戦区カテゴリーコンパクトSUV頂上決戦!!

人気カテゴリーの魅力解剖!! コンパクトSUV頂上決戦!!

 人気のカテゴリー、コンパクトクロスオーバーSUVに、新たにノートクロスオーバーが加わった。

 フィットクロスター、ヤリスクロスといった人気モデルに対し、ノートクロスオーバーはどんな個性を発揮するのか!? 徹底対決だ!!

※本稿は2021年11月のものです
文/渡辺陽一郎、写真/ベストカー編集部、撮影/奥隅圭之
初出:『ベストカー』2021年12月26日号

【画像ギャラリー】気になるユーティリティも徹底比較!! ノートクロスオーバーとコンパクトSUV人気モデルをチェック!!(39枚)画像ギャラリー

■SUVの人気の秘密

コンパクトクラスSUV揃い踏み。前からノートクロスオーバー、フィットクロスター、ヤリスクロス 。各車ともに最低地上高を高め、前後フェンダーにはブラックの樹脂フェンダーモールが装着される

 最近のSUV人気には、おもに3つの理由がある。

 まずは外観のカッコよさ。SUVは悪路を走破できるクルマとして生まれたから、今の売れ筋になる市街地向けの車種も大径タイヤなどを装着する。外観の存在感が強い。

 人気を得た2つ目の理由は優れた使い勝手だ。SUVの基本スタイルはハッチバックやワゴンだから、居住空間や荷室も広くて使いやすい。

 3つ目はSUVに多様性が伴うこと。既存の車種をベースに、外装パーツを装着したり最低地上高を拡大することでSUVに変更できる。販売の好調な車種がベースなら、SUVの人気も高まる。

 その代表が2021年10月に発売されたノートオーテッククロスオーバーだ。

 人気車のノートをベースに開発され、最低地上高は後輪をモーターで駆動する4WDの場合は150mmに高めた。ベース車を25mm上まわる。サスペンションも専用に設定され、タイヤサイズは195/60R16としたから、最低地上高を高めながら安定性は下がらない。

 外観ではSUVの定番となるホイールアーチガーニッシュ、サイドシルプロテクター、ルーフモールなどを装着した。それでも全幅は1700mmだから、5ナンバーサイズに収まり、全高は1545mmとあって立体駐車場も使いやすい。

■悪路走破性もSUVの魅力!!

最低地上高が一般的なコンパクトカーに対し20〜30mm高く、舗装されていない道や雪道を走るにも安心感が高い。4WDならより安心感が高まる

 運転すると足まわりはノートよりもゆったりと伸縮してSUVらしい印象だ。e-POWERはノイズが小さく、加速は滑らか。内装はインパネの周辺を始めとして上質に仕上げた。ノートのプレミアム感覚と、SUVらしいリラックスできる乗り心地は親和性が高く、心地よく移動できる。

 ノートオーテッククロスオーバーFOUR(4WD)の価格は279万6200円だ。ベース車のノートX・FOURよりも約35万円高いが、この金額には、ベース車ではオプションになるアダプティブLEDヘッドライトや16インチアルミホイールも含まれる。

 そうなると35万円の価格差のうち、約16万円はこれらの装備で埋まるから、外装パーツの採用や足まわりの変更によるSUV化は19万円に換算される。これは割安だ。

 ライバル車のフィットもSUVのクロスターを用意する。試乗車はハイブリッドで、ノートと同じくモーター駆動が中心だから加速は滑らかだ。

 乗り心地は足まわりの設定、185/60R16のタイヤ、低めの指定空気圧によりフィットシリーズでは最も快適。ノートほどプレミアム感は高くないが、カジュアルで上質なコンパクトSUVだ。

 そしてコンパクトSUVの販売1位がヤリスクロスだ。ボディは専用にデザインされ、全幅は1765mmと少しワイドだが全長は4180mmに収まるから運転しやすい。全高は1590mmで、立体駐車場を使いにくい場合もあるが、視線が高めだから適度に見晴らしが利く。

 試乗車はハイブリッドだが、エンジンが3気筒だから登坂路でアクセルペダルを踏み込むとノイズが拡大しやすい。乗り心地も硬めだが、操舵感は機敏でスポーティに走れた。

 以上のようにノートオーテッククロスオーバーは上質なプレミアム感覚が特徴で、フィットクロスターにはファミリーカーの馴染みやすさがある。ヤリスクロスは専用ボディとの相乗効果でスポーティな走りと雰囲気を味わえる。

各車諸元表

次ページは : ■コンパクトSUVだから気になるユーティリティをチェック!!

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ