現代の「AE86」か!? カスタム好きに今なお愛されるダイハツ エッセ5つの魅力

現代の「AE86」か!? カスタム好きに愛されるダイハツ エッセ5つの魅力

 みなさんはダイハツの「エッセ」というクルマをご存知だろうか? 一代限りの『単発車』として生産を終了したが、多分一般道でもまだ見ることのできる一台ではないかと思う。

 このエッセの中古価格が今、値上がりしているという。実は、エッセはかつてのAE86のようにカスタム需要が高い車種だというのだ!

 エッセはただの足車ではない! これを読めばエッセが愛される理由がわかるハズ!?

※本稿は2021年11月のものです
文/片岡英明、写真/DAIHATSU ほか
初出:『ベストカー』2021年12月26日号

【画像ギャラリー】いじって楽しい魅力たっぷりの軽!! 中古車人気上昇中の『愛され単発車』ダイハツ エッセを見る!!(24枚)画像ギャラリー

■そもそもダイハツ エッセとは? そしてその魅力とは?

ダイハツ エッセ。2005年から2011年まで、約21万台が販売された。みたところ何の変哲もない「かわいい軽」といった風情だ

 ダイハツ エッセとは、2005年12月に発売された軽自動車。エッセとは、本質を意味する「エッセンス」から取られ、「簡単・便利が一目でわかるカジュアルなデザイン」を意識して開発された。

 当時のターゲット層は「流行よりも自分らしさをこだわる『自分流人』」。発売当時の価格は65万〜101万円。終売まで約21万台が販売された。

 プロフィールからだけではわからない、エッセの5つの魅力ポイントを探っていこう。

●魅力1:他のダイハツ車から部品流用できる!

 ダイハツ車は他車種の部品流用が大幅にできたりするのだが、エッセもその例に当てはまる。有名なのは初代コペンのクラッチ。圧着力の強いクラッチをエッセに使えたりするのだ!

●魅力2:何と言ってもMTがある!!

走りの5MT設定あり! ただしシフトストロークは長いけどネ

 MTに乗りたいけどお金がない、アルテッツァの中古ですら高いよ! と嘆いている人も世の中いるだろう。安いMT車はないのか、と……。だが、安心してください! エッセは販売当時から5MTが設定されており、現在中古でも5MTのタマがそこそこある。狙い目だ!!

●魅力3:アフターパーツのラインナップが豊富!!

 使える部品の幅広さは純正流用だけでなく社外パーツのバリエーションが多いことも魅力。吸排気、足回り、エアロ、サブコンなど何でも揃っている。

●魅力4:軽自動車オンリーのレースで勝てるだけのポテンシャルを持っている!

 軽自動車で競うレースは数多くあるが、なかでも有名なのは耐久レース色の強いK4-GP。数多くの軽が参加しているが、なかでもエッセは一定の人気がある。

●魅力5:カスタムをする前と後でクルマの変化が実感しやすい!!

 最近のクルマは出来がいいため、補強パーツを入れても変化が感じ難かったりする。エッセの場合、車体性能自体は決して高くないためパーツを入れる前と後でその変化を実感しやすい。特にロールケージを組む前と組んだ後の違いは驚愕ものだ。

■これだけ聞いたら欲しくなる!? エッセの相場っていくらくらい?

ボディが貧弱だが、補強パーツを組むと得られる実感も大

 最後に、「欲しい!」と思った人へ相場の話をしよう。

 冒頭でも書いたとおり、5MTのエッセで好条件個体は50万〜60万あたりと値上がりしている。

 特にカスタム個体だと80万近い値段をつける場合もある。ATはもう少し安め設定で、在庫もMTより豊富だ。

 そしてもうひとつ、エッセのウィークポイントの話も少々。

 エッセの弱点のなかでも特に覚えておくべきはボディ剛性の低さだ。街乗りしかしなかった個体でもボディに歪みが生じていたりすることもあるため、個体選びは慎重に行う必要がある。

 逆に考えれば補強のしがいがあるというもの!?

【画像ギャラリー】いじって楽しい魅力たっぷりの軽!! 中古車人気上昇中の『愛され単発車』ダイハツ エッセを見る!!(24枚)画像ギャラリー