渋滞中に突然の尿意。あなたはどうしていますか?


 年末年始を控え、コロナ禍もいったん落ち着きをみせているいま、「この休みこそは」と、旅行や遠出の計画を練っている方も多いでしょう。新規感染者数は落ち着いているとはいえ、新型の変異株の影響もあり、他人との距離が近くなる電車移動は避け、マイカーで出かける方が多いようです。

 クルマで遠出するとなると、気になるのが渋滞。特に都心部にお住まいの方は、行きも帰りも渋滞にはまるのは避けられない、という状況も多いかと思います。

 渋滞を覚悟しなければならないときも、食料や飲み物、同乗者(特にお子さん)の退屈しのぎなどは、事前に対策することができますが、「トイレ」だけは、完璧に対策することが難しく、悩ましいところ。渋滞中にトイレに行きたくなったとき、どうしたらいいでしょうか。

文:吉川賢一
アイキャッチ写真:Adobe Stock_methaphum
写真:Adobe Stock、写真AC、NEXCO東日本

【画像ギャラリー】みんなが気を付ければ渋滞は防ぐことができる!! 渋滞吸収走行のポイント(9枚)画像ギャラリー

まずは「ごまかす」!!

 急にトイレに行きたい!! となっても、渋滞中の高速道路上では、残念ながらなす術はありません。その状況で出来る最善策は「尿意をごまかすこと」。その方法をいくつかご紹介します。

 ひとつめは、「会陰排尿筋抑制反射」を利用すること。お尻と尿道をキュッと締めて上の方に持ち上げ、5秒ほどキープします。こうすることで、膀胱の収縮が抑えられ、尿意を抑制することができるそう。泌尿器科の先生も推奨をしている方法です。

 尿意を抑制できる「ツボ」もあるそうです。おへそから指4本分下の下腹部にある「中極」というツボを刺激することで尿意を抑制することができるそう。ほかにも尿意を抑制するツボはいくつかあるようなので、試してみるといいでしょう。緊張するとトイレが近くなるように、膀胱が緊張で収縮すると余計にトイレに行きたくなるもの。ツボ押しでリラックスしましょう。

 また、トイレを我慢するポーズとして、前かがみになるのは逆効果。前かがみになることで膀胱が圧迫されるので、身体は起こして、膀胱をなるべく圧迫させない姿勢がいいそうです。

 そして、「気を紛らわせる」というのもひとつの手です。トイレに行きたい…トイレに行きたい…」考えれば考えるほど尿意は増すばかり。そんな時は音楽をかけて歌う、会話を楽しむ、他の考え事をするなど、安全運転に努めながら尿意から上手く気を逸らすことも効果があるようです。

我慢するポーズは逆効果。気を紛らわせるためにも、トイレのことは忘れるようにしよう(PHOTO:Adobe Stock_velirina)

利尿作用の高い飲み物は避けよう

 生き物である以上、トイレに行きたくなるのは、避けることができないことではありますが、事前に、トイレが近くなる=利尿作用の高い飲み物をさけておくことで、そのタイミングを遅らせることは可能です。

 利尿作用の高い飲み物として、真っ先に挙げられるのはアルコール。そして、緑茶やウーロン茶、コーヒーなどのカフェインが多い飲み物も、利尿作用が高いことが知られています。また、オレンジジュースなどの酸味の強いものも、膀胱を刺激してしまうため、トイレが近くなる原因となってしまうそう。

 ただ、「トイレに行きたくなるから…」と水分を避けるのは危険。身体の動きが制限される車内では、エコノミークラス症候群などの危険もあるからです。

 お薦めは「麦茶」。普段麦茶を飲まない方も、長距離の渋滞が予想される場合は、麦茶を用意しておくといいでしょう。

 また、身体が冷えることは、尿意の原因となります。特に足元の冷えは急な尿意を誘うことがあるようです。これからの季節は寒い季節でもありますので、できるだけ身体を冷やさないような対策も有効でしょう。

体によさそうなオレンジジュースですが、トイレが近くなる原因になることも(PHOTO:Adobe Stock_Дмитрий Киричай)

次ページは : 万が一の時のアイテムを用意しておくことも大事

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ