レガシィツーリングワゴンはなぜ天下を獲り、なぜ日本から去って行ったのか?

レガシィツーリングワゴンはなぜ天下を獲り、なぜ日本から去って行ったのか?

 初代レガシィツーリングワゴン&セダンが発売された1989年、その2年後となる1991年から4代目レガシィを販売していた2006年くらいまでの15年間、クルマ好きの話題の中心となっていたのは「レガシィ」だったと思う。そんなレガシィながら、5代目モデル(2009年)の登場後、急速にマーケットからフェイドアウトしてしまう。レガシィが売れた理由&売れなくなった理由をジックリ考察してみたい。

文/国沢光宏写真/茂呂幸正、小林邦寿

【画像ギャラリー】レガシィツーリングワゴンの30年を超える歴史を写真で一気見せ!!(29枚)画像ギャラリー

■伝説の初代レガシィ誕生前夜

 まずレガシィの登場前夜、スバルは息も絶え絶えの状態だった。日産が後輪駆動車のハンドリング世界一を目指し猛進中。トヨタもバブル景気に乗っかりクラウンやマークII3兄弟売れまくり。スバルといえば、旧態依然としたレオーネの1.8Lにターボを加えたりしたものの、わずか135ps。バブル景気に取り残され、存続の危機を迎えてしまう。

 明るい兆しがなかったワケじゃない。折しも映画『私をスキーに連れてって』でリフト待ち1時間以上というスキー人気到来。スパイクタイヤ禁止措置などが始まり、4WDステーションワゴンの存在感が急速に高まる。そんなタイミングで全日本スキーチームの公式使用車がレオーネツーリングワゴンの4WDだったものだから、ミニブーム到来です。

 スキー好きを中心にレオーネ人気高まる。その裏側で、歴代最高のレガシィと表された4代目を仕込んだ荒澤紘一さん、後にミスターレガシィとも言われた桂田勝さん、EJエンジンの開発を行った五味秀茂さん、当時若手だった辰己英治さんなど「劣勢のスバルを救うことになるメンバー」が、レオーネの劣勢を吹き飛ばすべく後継車の開発に取り組んでいた。

1989年にデビューした初代BF型レガシィツーリングワゴン。2020年に惜しまれつつ生産終了となったEJ20型エンジンを最初に搭載したのがこの初代レガシィになる

 プラットフォームはもちろん、エンジンも駆動系も走りの方向性まですべて変えようとしたのだから凄い! かくしてデビューした初代レガシィは、スキーファンを中心に好調なスタートを切った。面白いことに尻上がりに販売台数を伸ばし、4年7カ月の平均販売台数は4900台と大躍進! レオーネ後期の2倍以上の販売台数です。

■売れまくった2代目、3代目

1993年に登場した2代目BG型レガシィツーリングワゴン。このモデルからシーケンシャルツインターボの「2ステージターボ」を搭載しモデル末期には280psを達成している

 初代レガシィの評価、時間の経過とともに高くなっていった。そんなことから2代目レガシィのデビュー時は文字どおり、鳴り物入りとなる。販売台数絶好調! マイナーチェンジで280psエンジン+ビルシュタインのGT-Bを追加し、2段ロケットのように売れましたね! 2代目のモデル平均月販台数は、8800台! 70%以上が最上級グレードだった。

1998年に登場した3代目BH型レガシィツーリングワゴン。「Mr.レガシィ」ことSTI元社長の桂田勝氏が開発を担当し5ナンバーレガシィの熟成を極めたモデル

 3代目になると「スバルにだけおいしい思いをさせない!」とばかり、ほぼすべてのメーカーがステーションワゴンを出してくる。カルディナ、アベニール、レグナム、カペラワゴン、ホンダはアメリカからアコードワゴンを持ってきた。さすがのレガシィもシェアを奪われたが、人気ナンバーワンをキープ。生涯平均月販販売台数4400台。

次ページは : ■レガシィの最高傑作と評される4代目