新型レガシィアウトバック本日予約受注開始 価格は414.7万円から さっそく見積りを取ってきた!

新型レガシィアウトバック受注開始「遅れてきた本命」価格は410万円から

 待ちに待った新型レガシィアウトバックが日本市場に登場する。ひと足先に、アメリカ市場では2019年4月のニューヨークショーでデビューし、同年夏から販売されていたが、そのレガシィアウトバックが2年遅れのデビュー、約7年ぶりのフルモデルチェンジとなる。

 新型レガシィアウトバックは、2021年9月2日から予約受注がスタートし、正式発表は10月7日、発売は12月2日の予定。

 ラインナップはX-BREAK EXとLIMITED EXの2グレードで、価格はそれぞれ414万7000円、429万円となる(ディーラー調べ)。

 さて、日本仕様の新型レガシィアウトバックはどんなモデルなのか? グレード展開や装備の内容、詳細にわたって紹介していこう。

文/永田恵一
写真/佐藤正勝、スバル

【画像ギャラリー】新型レガシィアウトバック初出し画像50点掲載!! 写真をチェックして先行予約商談に備えよ!!!


■新型レガシィアウトバックの成り立ち、コンセプトは?

待ちに待った新型レガシィアウトバックが日本市場に登場する。ラインナップはX-BREAK EX(左)とLIMITED EX(右)の2グレード

 レガシィシリーズに2代目モデルから加わったレガシィアウトバック。1995年8月にレガシィグランドワゴン、1998年6月にランカスター、2003年10月からレガシィアウトバックに改称している。

 レガシィアウトバック(以下アウトバック)はレガシィツーリングワゴンをベースに最低地上高をSUV並みの200mm級に上げ、軽いオーバーフェンダーを加えるなどした、ステーションワゴンにSUVの要素を盛り込んだクロスオーバーのパイオニアである。

 アウトバックの成り立ち、コンセプトはアウトバックとしては6代目となる新型でも不変だ。また、アウトバックはアメリカを中心としたスバルの世界販売ではフォレスター、XVと並ぶ基幹車種となっている。

 ここからは各部分ごとに新型アウトバックを見ていきたい。

■キープコンセプトだが実際見るとクオリティの高さが光るエクステリア&インテリア

レガシィアウトバック X-BREAK EXのフロントビュー。グリルがブラック塗装、フロントフォグランプカバーがブラック塗装加飾付き
レガシィアウトバック X-BREAK EXのリアビュー。フロント&リアドアのサイドクラッティングやルーフレールの一部にエナジーグリーンのアクセントが入る
レガシィアウトバック LIMITED EXのフロントビュー。フロントグリルやフロントフォグランプカバー、ドアハンドルがメッキ加飾となる
レガシィアウトバック LIMITED EXのリアビュー。フロント&リアドアのサイドクラッティングやルーフレールのアクセントはシルバーとなる

 エクステリアはアメリカでの登場から2年以上目にしているのもあり、強く感じる部分はないが「アウトバックとしては正常進化した」という印象だ。ヘッドライトやグリル回り、ボディの作りを細かく見ていくと、質感が高いと感じる。

 ボディサイズは全長4870×全幅1875×全高1675mm(ルーフレール含む、X-BREAK EXは1670mm)と、先代よりも全長が50mm長く、全幅が35mmワイド、全高が15mm高くなった。ホイールベースは2745mmと先代から変わらない。

 日本仕様の新型アウトバックには、アウトドア志向の高いX-BREAK EXと、上級のLIMITED EXの2種類がラインナップ(グレード別の装備などの違いは後述)。

 外観上の違いだが、X-BREAK EXはグリルがブラック塗装、フロントフォグランプカバーがブラック塗装加飾付き、ドアハンドルがボディ同色、フロント&リアバンパーガードがブラック塗装など、各部分がブラック塗装となり、フロント&リアドアのサイドクラッティングやルーフレールの一部にエナジーグリーンのアクセントが入る。

 LIMITED EXはフロントグリルやフロントフォグランプカバー、ドアハンドルがメッキ加飾となり、フロント&リアドアのサイドクラッティングやルーフレールのアクセントはシルバーとなる。

 アルミホイールはX-BREAK EXがダークメタリック塗装、LIMITED EXがダークメタリック塗装+切削光輝タイプとなる。

ヘッドライト、フォグランプON、ウインカーを点けた状態
X-BREAK EX(上)とLIMITED EX(下)のフロントマスクの違い。グリルとフォグランプカバー、アンダーガードなど、ブラック塗装(X-BREAK EX)かメッキ加飾(LIMITED EX)の違いがある。

次ページは : ■インテリアは縦型の大型ディスプレイを装備し、質感も高い