【1時間に一度換気を!!】突然の大雪で身動きがとれなくなったときの対処法


昨シーズンの立ち往生を教訓とした取り組みも

 東日本高速道路と国交省は、昨シーズンの大規模立ち往生を踏まえ、2021年11月、大雪時の対策を発表しました。大雪による立ち往生が予想される場合には、台風の際の電車の計画運休のような、「計画的インターチェンジの閉鎖」のほか、高速道と国道を「躊躇なく通行止めとする」ともしており、除雪体制も強化するとのこと。

 また、大規模立ち往生が発生してしまったときのため、運転手を守る手順を確認する訓練も実施しており、小型無人機による滞留台数の把握や職員によるドライバーの様子の確認、支援物資の配布や体調不良者の避難手順等も確認してます。

 ただ、高速道と国道を同時に通行止めをしてしまうことは、物流に多大な影響が出ることが予想され、判断が難しいところ。昨シーズンの立ち往生で問題視された情報発信については、「迅速な情報提供をしていく」としており、そのうえで「ドライバーの皆さんに協力を求めたい」としています。

最終的には、自分の身は自分で守らねばならない。やむを得ない場合を除いて、大雪の際はクルマでの移動は控え、どうしても必要な際もタイヤチェーンやスコップなどを装備し、万全な体制で(PHOTO:AdobeStock_Nikolay N. Antonov)

 たった一台スタックしてしまうだけで、後続のクルマが通行できずに立ち往生してしまうことも考えられ、そうしてクルマが走らなくなった道路には、ますます雪が積もっていき、状況は悪化していきます。

 これを防ぐには、まずは、大雪が予想される際のクルマでの外出を控えること、どうしても出かける際には、冬タイヤだけではなく、タイヤチェーンもしっかり装備すること、また、除雪のためのスコップや長靴、牽引ロープを用意するなどの、ドライバーひとりひとりの心がけが重要。

 それでも、身動きがとれなくなったときのことを考え、雪の恐れがあるクルマでの移動の際は、事前に燃料を満タンにし、食料や飲み物、携帯トイレや毛布、モバイルバッテリーなどを準備しておくと安心。また、吹雪のなかで立ち往生してしまった場合は、いつでも脱出できるよう、ドア(風下側)が開くかどうか、定期的に確認しながら、救援を待ちましょう。

【画像ギャラリー】雪道に強い!! 4WD性能に長ける人気SUV(40枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ