カローラクロスからエクストレイル CX-5まで魅力あるモデル選び放題! 300万円台で幸せになるSUVはコレ!!!

カローラクロスからエクストレイル CX-5まで魅力あるモデル選び放題! 300万円台で幸せになるSUVはコレ!!!

 まだまだ人気のSUV。スポーティでありながらユーティリティ性にも優れていて、乗ればなんだか幸せな毎日しか思い浮かばない。

 例えば予算300万円台で幸せなSUVライフを考えた場合、どんなクルマ選びができるのか!?

 まずはミドルサイズSUVがターゲットとなるだろうが、このご予算、意外と選択肢が広い。「コスパの鬼」、自動車評論家 渡辺陽一郎のチョイスを参考にじっくり検討して、より幸せになれるSUV選びをしてほしい。

※本稿は2021年12月のものです
文/渡辺陽一郎、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2022年1月10日号

【画像ギャラリー】激戦区、ゆえに和洋どちらもよりどりみどり!! これを選べば幸せな気分になる300万円台SUV!!(15枚)画像ギャラリー

■予算300万円台で選ぶ『幸せになるSUV』

 最近はSUVの売れゆきが好調だ。小型/普通乗用車の内、SUVの比率は25%前後に達する。15年ほど前は約10%だったから急増した。

 SUVの価格帯は幅広く、特に300万円前後が激戦区だ。300万円と聞けば、かなり高く思えるが、SUVにはハイブリッドも多い。

 ハイブリッドの価格はノーマルエンジンよりも35万〜60万円は高いので、装備の充実したグレードであれば、コンパクトSUVでも300万円近い。

 人気の高いカローラクロスやヴェゼル、キックス、C-HRなどのハイブリッドは、いずれも売れ筋グレードを300万円前後に設定している。

カローラクロス(FF)ハイブリッドZ:299万円 カローラならではの取り回しのよさに加え、SUVらしい力強いデザインが融合した

 またノーマルエンジン搭載車であれば、300万円前後の価格帯に、エクストレイル、フォレスター、エクリプスクロスなどミドルサイズのSUVが用意される。以上のように300万円前後の価格帯では、コンパクトSUVのハイブリッドと、ミドルサイズSUVのノーマルエンジン車がねらい目だ。

 車種の数は少ないが、ハリアー、CX-5、CX-8といった上級LサイズSUVの低価格グレードも手に入る。ベーシックな仕様だから、上級SUVとしては、内外装の質、装備、動力性能などが物足りない。

 従って選ぶ時には注意したいが、300万円前後のグレードがあるとその車種が身近な印象になる。そこで売れ筋にならなくても、ハリアーやCX-8は300万円前後のグレードを設定している。

■輸入車SUVも視野に!!

 そしてSUVは世界的に人気のカテゴリーになり、輸入車にもコンパクトなSUVが多い。

 2021年7〜9月における輸入車の販売統計を見ると、輸入SUVのなかで最も登録台数の多い車種は、コンパクトなフォルクスワーゲンTクロスだ。

VW T-Crossアクティブ(FF):286万7000円 質実剛健な作りで輸入SUVのなかでも断トツの人気を誇るT-Cross

 このほかプジョー2008、ジープレネゲードなど、さまざまなブランドが300万円前後の価格帯にコンパクトSUVを投入している。

 これらのなかで推奨度の高いSUVは、車種数が多いために競争も激しく、買い得車の多いコンパクトSUVのハイブリッドとミドルサイズSUVのノーマルエンジン車だ。

 推奨度の1位はヴェゼルe:HEV・Zだ。ハイブリッドのe:HEVは、モーター駆動を基本としながら、高速巡航時など効率の優れた場面ではホイールを直接駆動する。加速は滑らかで、コンパクトSUVとしては後席も広い。ファミリー層も含めて、幅広いユーザーに適する買い得なSUVに仕上げた。

 2位はカローラクロスハイブリッドZだ。内装の質や後席の居住性はヴェゼルに負けるが、後席を使った状態の荷室容量は、カローラクロスが大きい。日常的に使いやすく、外観を含めてSUVの王道を行くクルマだ。

 3位はフォレスターXブレイクになる。ハイブリッドのeボクサーは、燃費性能が今一歩だが、最低地上高には220mmの余裕を持たせて悪路のデコボコも乗り越えやすい。そのわりに床は低いから乗降性に不満はなく、居住性も快適だ。実用性を高めた。

 4位はCX-8。売れ筋から外れたマツダの上級車種のベーシックグレードだが、全長が4900mmのボディに2.5Lエンジンを搭載して、実用装備も充実させた。3列目シートまで標準装着することを考えるとお買い得度は強い。

 スマートブレーキサポートや運転支援機能をセットにしたセーフティクルーズパッケージ(8万2500円)、10.25インチセンターディスプレイ+地上デジタルTVチューナー(4万4000円)をオプション装着すると満足度も高まる。

 5位は輸入車のプジョー2008アリュールだ。室内空間に余裕があって乗り心地もよい。インパネなどのデザインは個性的で、輸入車の楽しさとSUVの実用性や快適性を上手に調和させた。

次ページは : ■もうすぐデビューのNEWエクストレイルも注目!!

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ