伝統のRALLIARTがいよいよ復活へ! 東京オートサロンに三菱がSUVとEVの2台をワールドプレミア!!

伝統のRALLIARTがいよいよ復活へ! 東京オートサロンに三菱がSUVとEVの2台をワールドプレミア!!

 1月14日開催の「東京オートサロン2022」(千葉市の幕張メッセで開催)で、三菱は2台のコンセプトカーと5台のカスタムモデルを出展した。

 目玉は何といってもワールドプレミアとなったSUVの「VISION RALLIART CONCEPT」、そして軽EVの「K-EV concept X Style」の2台だ。詳しく紹介していこう。

文/ベストカーWeb編集部、写真/西尾タクト、三菱自動車、ベストカーWeb編集部

【画像ギャラリー】2022年堂々復活!! 東京オートサロンで公開された新生ラリーアートを見る!!(18枚)画像ギャラリー

■VISION RALLIARTはアウトランダーPHEVがよりスポーティに! より圧倒的存在感!!

●VISION RALLIART CONCEPT

三菱ラリーアート復活の先陣を切るVISION RALLIART CONCEPT

 すでに昨年の段階で三菱はラリーアートブランドの復活を宣言していたが、その尖兵を務めるのがこのコンセプトモデルだ。新型アウトランダーPHEVをベースに、ラリーアートの新しい可能性について表現したモデルだという。

 三菱がこれまでランエボやパジェロといったラリーアートでのレース活動で蓄積してきた知見が注ぎ込まれており、三菱ならではのエンジニアリング技術にクルマ作りへの情熱を結集してプレミアムな圧倒的存在感をテーマにしている。

 なかでも大きく張りだした前後のオーバーフェンダーや前後バンパーによる重厚感とボリューム感のある筋肉質なフォルムは魅力的。ボディカラーには光の当たり具合によってブルーのハイライトが浮かび上がってくる凝ったマットブラックを採用し、走りの面ではワイドトレッド化と22インチ大径ホイールを装着。

 さらに強大なモータートルクを受け止めるストッピングパワーとして、ブレンボ製大径ブレーキ対向6ポッドキャリパーを採用している。走る、曲がる、止まるといった挙動のレベルが高められており、正式にアナウンスこそされていないが、まさに今から市販化が待ち遠しい1台となっている。

■新世代軽EV&RALLIARTでさらに魅力的になったSUVも

●K-EV concept X Style

2022年度初頭発売予定の軽EVのコンセプトK-EV concept X Style

 2022年度初頭発売予定の軽EVのコンセプトモデルで、ベースとなったのはeKクロス。軽ならではの取り回しのよさと、滑らかで気持ちのいい加速と静かで上質な乗り心地が特長となるEVに、先進安全運転支援機能やコネクティッド機能を加えた三菱らしい新世代の軽EVとして送り出される。

 このコンセプトモデルならではの特徴として、アクティブなSUVテイストのエクステリアにはマットブルーと、EVのモーターコイルを連想させるカッパーの2色を組み合わせた2トーンカラーを採用。

 また、フロントバンパーやボディサイド、リアゲートには「X」のロゴをあしらい、軽ハイトワゴンモデルにEVの魅力を掛け合わせたことを象徴しているという。

 価格については未定だが、三菱側では補助金を入れて200万円ほどで購入できる価格設定にしたい意向のようだ。

●アウトランダーRALLIART Style/エクリプスクロスRALLIART Style

アウトランダーRALLIART Style(右)とエクリプスクロスRALLIART Style(左)

 三菱SUVの2台にRALLIART製パーツを装着したカスタムモデル。各々ボディカラーにはホワイトダイヤモンドを採用し、フロントとリア、サイドにはレッドのRALLIARTカラーを差し色として採用し、スポーティさを表現。

 さらにRALLIARTのロゴ入りサイドデカールとマッドフラップを装着。往年のRALLIARTテイストが感じられるモデルとなっており、ブラックのアルミホイールが足元を引き締めている。

次ページは : ■ひと味プラス! ワクワクがとまらないカスタムモデルたち