ホンダN-BOXが軽販売V7達成! N-BOXの圧倒的な強さと意外な弱点とは

ホンダN-BOXがヤリスに2021年新車販売V5阻止されるも軽販売V7達成! N-BOXの圧倒的な強さと意外な弱点とは

 2021年1~12月の販売台数を振り返ると、前年比40.3%増となる21万2927台を販売したヤリスが暦年の新車販売台数は初の1位を獲得。

 一方、ホンダN-BOXは前年同月比3.6%減の18万8940台にとどまり、5年連続新車販売台数NO.1を阻止されたものの、軽販売では7年連続1位となった。

 1位のヤリスで、1ヵ月平均1万7744台、2位のN-BOXは1ヵ月平均1万5745台。ただしヤリスの台数には、コンパクトカーのヤリスに加えて、SUVのヤリスクロスとスポーツモデルのGRヤリスも含まれる。一般的に考えて、ヤリスとヤリスクロスは別のクルマだろう。

 そこで登録台数を別々に算出すると、両車とも同程度の売れ行きで、1ヵ月平均は8500~9000台弱だ。そうなるとユーザー目線で見た場合、ひとつのボディタイプで1万5955台を販売したN-BOXが国内販売の実質1位になる。

 こうしてみると、N-BOXの強さが抜きんでているのがわかる。なぜこれほどN-BOXが大ヒットしているのか、その強さと弱点について、モータージャーナリストの渡辺陽一郎氏が解説する。

文/渡辺陽一郎
写真/ベストカーweb編集部、ベストカー編集部、ホンダ

【画像ギャラリー】N-BOX一部改良と同時に登場した特別仕様車『N-BOX Custom STYLE+BLACK』を見る!!(14枚)画像ギャラリー

■根強い人気のN-BOXが一部改良

2021年12月に一部改良をうけたホンダ N-BOX(写真は特別仕様車『N-BOX Custom STYLE+BLACK』)

 ホンダN-BOXが2021年12月に一部改良を実施して、スイッチによって操作できる電子制御式パーキングブレーキを採用した。この変更により、車間距離を自動制御できるクルーズコントロールの機能も向上している。

 従来は速度が時速25km未満まで下がるとクルーズコントロールの作動を終了したが、今は渋滞時まで含めて全車速追従型になった。

 パーキングブレーキが電子制御式になると、追従走行中に停車した後、パーキングブレーキを自動的に作動させて停車を続けられるからだ。また2021年は、先代(初代)N-BOXの発売から10年後に当たるため、10周年記念の特別仕様車も設定した。

 それにしてもN-BOXの人気は根強い。初代N-BOXは2011年に発売された後、2013年に初めて軽自動車の販売1位になった。この後、2015年以降7年連続で軽自動車の販売1位を守っている。

 2017年には現行型にフルモデルチェンジされ、2017年から2020年までは、4連連続で小型/普通車まで含めた国内販売の総合1位も獲得した。2021年は、統計上ではヤリスが1位だが、前述の通り、ヤリスとヤリスクロスを別々に算出すれば、N-BOXが1位になるわけだ。

 そのために2021年1~12月に国内で販売されたホンダ車の内、N-BOXが33%を占めた。N-WGNなども加えると、国内で売られたホンダ車の53%が軽自動車になる。

■高人気の背景には偉大な『初代の力』

プラットフォームやエンジンを新規に開発して空間効率を最大限に追求した初代N-BOX

 それにしても、なぜN-BOXの販売は、ここまで好調なのか。高人気の背景には、2011年に発売された初代モデルの商品力があった。まずはそこを振り返りたい。

 初代N-BOXは、画期的な軽自動車だった。プラットフォームやエンジンは新開発され、空間効率を最大限度まで追求している。ホイールベース(前輪と後輪の間隔)は、前輪駆動の軽自動車では最長の2520mmとされ、広い室内を得る上で有利な設計となった。全高も1790mm(4WDは1815mm)と高い。

 エンジンは補機類まで含めて縦長に配置され、ボンネットの前後長を短く抑えた。この設計により、室内長を可能な限り長く伸ばしている。

 燃料タンクはフィットのように前席の下に搭載され、車内後部の床も低い。タップリした室内長との相乗効果で、前後席は軽自動車では最も広かった。

 燃料タンクが前席の下にあるから、後席は床へ落とし込むように小さく畳める。荷室の床も低いので、自転車を積む時も、前輪を大きく持ち上げる必要はない。荷室高にも余裕があり、荷物の収納力も優れている。

 この空間効率を徹底的に追求するクルマ造りにより、先代N-BOXを初めて見た人は必ず驚かされた。ここまで広い室内が、自分にとって必要か否かを別にして、単純に「N-BOXが欲しい!」と購買意欲が沸き上がった。そして実際に使うと、かつての軽自動車で感じた「これでいい」ではなく「これで十分」と実感した。

 そしてもうひとつ、ボディスタイルも初代N-BOXが人気を得た秘訣だ。水平基調の外観は、短いボンネット、長いルーフとホイールベースの寸法的な比率、ピラー(柱)とウインドーの角度などがちょうど良く、好感度も高かった。

 背の高いボディと厚みのあるフロントマスクによって、外観には存在感もあり、エアロパーツを装着した精悍なカスタムも用意した。初代N-BOXが街中を走り始めると、それを見た人も魅力を感じて、好調な売れ行きに結び付いた。

 そのためにN-BOXの新車販売台数は、発売の翌年となる2012年の1ヵ月平均は1万7596台だったが、2013年には1万9583台に増えている。

 一般的にクルマの売れ行きは、発売直後が最も多く次第に下がるが、N-BOXは時間の経過に伴って増えていった。時間を経るほどに、市場へ浸透したからだ。同様の販売推移が初代ワゴンRにも当てはまり、息の長い人気車の定番パターンになっている。

初代モデルの特徴を受け継いで登場した2代目N-BOX。初代ユーザーの誘導にも成功した

 現在売られている2代目N-BOXは、大成功した初代モデルの特徴をそのまま踏襲している。プラットフォームを刷新させながら、ホイールベースの数値は変えていない。

 ホンダ車の場合、フルモデルチェンジすると、先代型とは異なるクルマ造りに挑んで売れ行きを下げることも多いが、2代目の現行N-BOXは初代と同じ路線だ。

 その結果、初代モデルのユーザーを2代目へ誘導することに成功した。先代N-BOXが中古車市場で高い人気を得て、高値で売却できたことも、現行型への活発な乗り替えが進んだ理由だ。

 これらの相乗効果により、現行型がフルモデルチェンジを行った翌年の2018年には、N-BOXは1か月平均で2万156台を届け出した。2019年には2万1125台に増加して、軽自動車販売1位の地位を固めていく。

 以上のようにN-BOXが高い人気を保っている背景には、初代モデルの成功と、その需要を2代目へ受け継ぐ見事な連係プレーがあった。

次ページは : ■N-BOX好調の裏にあった誤算