レジェンドで自動運転レベル3を実用化したホンダ!! 次のレベルアップはいつ頃?

自動運転レベル3を実用化したホンダがレベル4市販に到達するのはいつになるのか?

 ここのところ大きな注目を集めている自動運転。その機能の高さはレベルによってあらわされるが、ホンダはいち早くレジェンドでレベル3(特定条件下での自動運転)を実現し、市販している。

 そうなると気になるのが、より高機能な自動運転がいつ実現するかだ。そんな自動運転のロードマップを西村直人氏に占ってもらった。

文/西村直人、写真/ベストカー編集部

【画像ギャラリー】世界初のレベル3自動運転車市販 そしてその先へ……ホンダが進むレベル4自動運転への道(12枚)画像ギャラリー

■2021年は日本の自動運転元年といってもいい年だった

世界初の自動化レベル3技術を搭載した市販車として登場したホンダ レジェンド Honda SENSING Elite

 2021年は自動運転社会にとって記念すべき年になった。世界初の自動化レベル3技術(以下、レベル3)を搭載したホンダ「レジェンドHonda SENSING Elite」が日本で発売されたからだ。

 期待が高まる次なるステップ「レベル4」。ホンダはいつ市販化するのか? 有終の美を飾ったF1でのリソースを、今度は電動化や自動化、そして交通事故ゼロ社会の実現など将来の可能性に振り分けるとしたホンダ。じつに期待がふくらむ話だが、すでにレベル4技術を手中に収めているのだった!

 2021年9月、クルーズ(GM クルーズホールディングスLLC)、GM、ホンダの3社が共同開発している「自動運転モビリティサービス」では、レベル4のプロトタイプ「クルーズAV」をテストコース内で走らせ、高精度HDマップを走行しながら生成するMMS「Mobile Mapping System」を運用中。

 さらに2022年からは栃木県宇都宮市・芳賀町で、今度は世の中に存在しない一般道路での高精度HDマップを作り出すためMMSを行なうという。

 世界初のレベル3車両販売メーカーである威信をかけ、競合他社には負けられない自動運転領域だが、今度は追われる身。

 2022年前半にはメルセデス・ベンツがレベル3を搭載したEV「EQS」を欧州で導入し、本国ドイツでは2021年7月に道路交通法が改正され、レベル4の車両を走らせる環境が整備された。日本政府も待ったなしだ。

 こうして技術の上でリードするホンダだが、我々が購入できる現実的な価格でのレベル4車両の市販化は、少なくとも2030年よりも後になる。いや、2050年くらいか……。以下、その理由を具体的に。

■すでにレベル4技術を手にしているホンダ しかし……

クルーズ、GM、ホンダの3社が共同開発しているレベル4プロトタイプのクルーズAV。しかしレベル4搭載車が一般ユーザーに購入できる価格になるのはまだ当分先の話だろう

 話をわかりやすくするため、車種ごとの自動運転領域を定めたロードマップから簡単に紹介したい。かねてより内閣府では、自動運転普及のロードマップを自家用(乗用車)、物流サービス(商用車)、移動サービス(MaaS/小型バスをイメージ)に分類して普及を目指している。

 このうち自家用のレベル4は2025年目処、移動サービスでは2020年までに実用化すると公表。ちなみに、物流サービスはトラックの隊列走行が自動化レベル定義にそぐわないことからレベル表記は行なわれない(2021年6月末時点での国の指針)。

 「なんだ、2025年には乗用車のレベル4が市販化されるの?」と思われるだろう。たしかに技術の上で完成し、法整備も限定領域のなかでは着実に進められている。ホンダ発ではないかもしれないが内閣府が力強く掲げる以上、2025年の市販化には帳尻を合わせてくるはず。

 でも、誰もが購入できる車両価格になるのはずっと先。それが冒頭の2030年、2050年にあたるのだ。

 裏付けはレベル3のレジェンドにある。確かに販売されたが100台の法人リース販売に限定。筆者(法人)もそのうち1台をなんとかして手に入れたいとディーラーで商談に臨んだが、リース提案書(見積書みたいなもの)を見てビックリ!

 リース料は月々30万円を優に超え、3年間契約のみ。リースアップ後は返却しなければならない。1万円強/日でレンタカーを3年間、借り続けるようなもの。

 世界初のレベル3車両を喉から手が出るほど欲したが、まったく歯が立たず諦めました。レベル3でこれだから、より高度になるレベル4では、もっと高価になることが容易に予想できる。

 こんな感じで2025年に実用化されるであろうレベル4車両は気軽に購入できないだろうが、提供される自動走行環境はすばらしいハズ。さらに自家用の実用化と並行して、移動サービスのレベル4も実用化へ向けて突き進む。

 2016年7月に世界で初めてドライバーレスのレベル4営業運転を行なったスイスのバス事業者を現地で取材したが、もうその時点で見事な自動走行を披露していた。将来的にはドライバー不足の課題も解消するとして期待されているが、労務関係が複雑であることから、残念ながら現時点では解決していない。

次ページは : ■レベル3とレベル4の間の高い壁

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ